Img searchbox
皮膚

悪性黒色腫

目次

悪性黒色腫とは

悪性黒色腫はメラノーマとも呼ばれる悪性度の高い皮膚がんです。皮膚細胞の中の基底層にある「色素細胞」ががん化したもので、黒みをおびた色素斑が出現することから、一般的には「ほくろのがん」「ほくろのような皮膚がん」などと理解されています。 発症して初期の段階であれば手術で取り除き、完治が期待できます。ある程度病気が進行すると、リンパ節など様々な臓器に転移します。手術で取り切れないものに対しては抗がん剤などによる治療が行われます。発症して初期の色素斑はほくろと見た目が似ており区別がつきにくいので、医療機関で検査をうけて早期に診断を受けることが重要です。

悪性腫瘍とは?詳しくはこちら

原因

悪性黒色腫は、メラニン色素形成にかかわるメラノサイト(色素細胞)が悪性化することで起こります。皮膚がんの原因にはよく紫外線が挙げられますが、悪性黒色腫は日光曝露と関係するタイプ(主に顔周辺にできる)と、日光とは無関係に生じるタイプ(手足などにできる)に分かれます。

症状

症状としては、黒色の色素斑が生じます。程度によって色や形が異なりますが、初期では皮膚表面に濃淡が不整な黒い斑が出現し、徐々に拡大していきます。通常、痛みやかゆみなどの症状はありません。痛みなどを感じるのはかなり進行した段階であることが多いです。 発症する頻度や発症しやすい部位は人種によって異なり、白色人種に比べると日本人(黄色人種)では発症頻度は低くなっています。日本人の場合、足の裏に発生することが最も多く、末端黒子型とよばれます。それに続いて体幹、顔面、爪に生じます。体表の皮膚に比べて頻度は低いですが、粘膜や眼球に発生することもあります。

 

検査

初期病変の診断では、経験のある医師の診察に加えて、ダーモスコピー検査が診断に有効です。ダーモスコピー検査とは、「ほくろ」などに超音波検査用のジェルを塗布してから、ダーモスコープという特殊な拡大鏡を皮膚面にあて、皮膚に分布するメラニン色素や毛細血管の状態を調べる検査です。皮膚を観察して、必要に応じてデジタルカメラで記録するだけなので、痛みは全くありません。中規模以上の病院の皮膚科や、一部の皮膚科クリニックで対応可能で、通常予約なしで検査が受けられます。 リンパ節や他の内臓への転移がないか調べるために、超音波(エコー)検査、CT、MRI、PETなどの画像検査が行われます。 必要に応じて、腫瘍の一部の組織を切り取って顕微鏡の検査(病理組織検査)を行うこともあります。

 

治療

がんの厚み、リンパ節やほかの臓器に転移があるかどうかによって治療方針を決めます。 リンパ節転移のない初期病変の場合は、手術による腫瘍の摘出が第一です。腫瘍の周囲1cm程度以上の正常皮膚を含めて切除します。切除後の傷の大きさに応じて手術部の近くの皮膚を移植(皮弁)したり、離れた部位から皮膚を移植(植皮)します。 がんが多少深く、厚みがある場合は、がんの切除手術に加えて、転移の可能性が高い数個のリンパ節を摘出する手術(センチネルリンパ節生検)を行います。 メラノーマは一旦進行すると急速に転移してしまう特徴がありますが、早期発見・早期診断がされれば手術のみでの治療が可能です。再発のリスクは高くありませんが、手術後は、5年間を目安に通院による経過観察が必要です。 リンパ節に転移があることが画像検査またはセンチネルリンパ節生検でわかった場合、がんに加えてリンパ節全体を取り除く手術を行います。その後、必要に応じて抗がん剤による化学療法、放射線治療が行われます。それに加えて近年、有効性の高いがん免疫療法が保険診療で使用できるようになりました。 ほかの臓器へ転移していることが判明した場合、手術、放射線治療、薬物治療を組み合わせた治療(集学的治療と呼ばれます)を行います。

 

悪性黒色腫に関する記事一覧

この病気の記事に協力していただいている先生

病気検索に戻る