Img searchbox

悪性黒色腫

悪性黒色腫
に関する情報を集めました

悪性黒色腫とは

悪性黒色腫はメラノーマとも呼ばれる悪性度の高い皮膚がんです。皮膚細胞の中の基底層にある「色素細胞」ががん化したもので、黒みをおびた色素斑が出現することから、一般的には「ほくろのがん」「ほくろのような皮膚がん」などと理解されています。
発症して初期の段階であれば手術で取り除き、完治が期待できます。ある程度病気が進行すると、リンパ節など様々な臓器に転移します。手術で取り切れないものに対しては抗がん剤などによる治療が行われます。発症して初期の色素斑はほくろと見た目が似ており区別がつきにくいので、医療機関で検査をうけて早期に診断を受けることが重要です。

症状・治療法など

悪性黒色腫に関する記事一覧

この病気の記事に協力していただいている先生

病気検索に戻る