がんポータルサイトはこちら
編集部記事

爪にできる悪性黒色腫の特徴とは? ~黒い筋や進行すると爪の割れ・変形がでる場合も~

爪にできる悪性黒色腫の特徴とは? ~黒い筋や進行すると爪の割れ・変形がでる場合も~
門野 岳史 先生

聖マリアンナ医科大学 皮膚科 教授

門野 岳史 先生

目次
項目をクリックすると該当箇所へジャンプします。

悪性黒色腫は“メラノーマ”とも呼ばれ、皮膚の色素を作る細胞が悪性化することによって生じる皮膚がんです。“ほくろがん”と呼ばれ、もともとは白色人種に多いがんとして知られていましたが、近年日本人でも増加傾向にあるといわれています。

悪性黒色腫は足の裏や手のひらなどの皮膚のほか、爪や目、口の粘膜などに生じることもあります。

このページでは、悪性黒色腫が爪に生じた際の特徴やそのほかの発生部位、医療機関を受診する目安などについてご説明します。

悪性黒色腫は爪に生じることもあります。爪に生じた場合、爪の縦の線に沿って黒褐色の筋が現れ、色が濃くなったり、筋の幅が広くなったりします。

さらに進行すると、爪の割れや変形が現れたり、黒色の色素が爪の外まで広くしみ出したりすることもあります。

悪性黒色腫では、体のさまざまな部位にほくろやしみのような病変が生じます。“黒色腫”という名前から黒い病変がイメージされることもありますが、色は多様で、周辺の皮膚と変わらない場合もあれば、淡い紅色や褐色、茶色など黒色ではない病変もあります。

また、悪性黒色腫の種類によって発生しやすい部位(好発部位)が異なります。日本人の場合、足や手などの末端部分に生じやすい末端黒子型の黒色腫が多い傾向にあります。

悪性黒色腫は色や形、好発部位によって以下の4種類に分類されます。

末端黒子型黒色腫

日本人の悪性黒色腫の40〜50%を占めるタイプです。

初期段階では褐色や黒褐色の平坦な病変ですが、拡大とともに色が均一でなくなり、しこりや潰瘍(かいよう)が生じることもあります。好発部位は手のひら、足の裏、爪などです。

表在拡大型黒色腫

白色人種に多く、日本人でも徐々に増加がみられるタイプです。

初期段階は少し隆起したしみのような病変で、進行とともに周囲の皮膚との境界が不鮮明となり、まだら色の病変へ変化していきます。背中などの体幹を中心に発生します。

悪性黒子型黒色腫

高齢の患者さんに多いタイプです。

平坦な病変でいびつな形をしており、色調もまだらであることが一般的です。日光に曝露(ばくろ)することによって生じると考えられており、顔など日に当たりやすい部位に生じます。

結節型黒色腫

ほかのタイプよりも進行が早く、転移することも多いタイプです。

初期から黒色やまだら色の隆起した病変がみられます。体のどこにでも発生する可能性があります。

悪性黒色腫は目の眼球部分にある“ぶどう膜”や口・鼻・肛門(こうもん)・陰部・消化管などの粘膜部分に発生することもあります。目に生じるものを“眼球悪性黒色腫”、粘膜に生じるものを“粘膜部黒色腫”といいます。

悪性黒色腫のほとんどは体の外側、つまり自分や他人から見える位置に生じます。早期の場合、悪性黒色腫と普通のほくろを自分で見分けることは難しいため、ほくろの大きさや色が変化してきたときなど、気になる病変があれば自己判断せずに医療機関を受診することを検討しましょう。

また、爪に生じる黒い筋は必ずしも悪性黒色腫とは限りません。しかし、筋の幅が徐々に広くなっている場合や爪周辺の皮膚にも黒い色素が染み出している場合などは悪性黒色腫を疑う必要があるため、医療機関の受診を検討しましょう。

なお、受診する診療科は皮膚科が一般的です。

悪性黒色腫は、遺伝的背景と環境因子が組み合わさって発症すると考えられています。環境因子として考えられるのは、紫外線を浴びることや皮膚への刺激です。

悪性黒色腫を予防するためには、まず日焼け止めクリームを塗るなどの紫外線対策を行い、過度な日焼けを避けましょう。

また、悪性黒色腫は足の裏や爪など物理的な刺激を受けやすい部位に生じやすいことから、皮膚への刺激に関与して発症することが多いと考えられています。そのため、極力肌を刺激しないように心がけましょう。

一見、普通のほくろと同じように見える悪性黒色腫ですが、がんの一種であることから早期発見・早期治療が重要です。気になる症状があれば皮膚科の受診を検討しましょう。

また、1年に1回は全身のほくろやしみをチェックし、変化がないかどうか確認するようにしましょう。

受診について相談する
「メディカルノート受診相談サービス」とは、メディカルノートにご協力いただいている医師への受診をサポートするサービスです。
まずはメディカルノートよりお客様にご連絡します。現時点での診断・治療状況についてヒアリングし、ご希望の医師/病院の受診が可能かご回答いたします。
  • 受診予約の代行は含まれません。
  • 希望される医師の受診及び記事どおりの治療を保証するものではありません。

関連記事

  • もっと見る

    関連の医療相談が16件あります

    ※医療相談は、月額432円(消費税込)で提供しております。有料会員登録で月に何度でも相談可能です。

    「悪性黒色腫」を登録すると、新着の情報をお知らせします

    処理が完了できませんでした。時間を空けて再度お試しください

    「受診について相談する」とは?

    まずはメディカルノートよりお客様にご連絡します。
    現時点での診断・治療状況についてヒアリングし、ご希望の医師/病院の受診が可能かご回答いたします。

    • お客様がご相談される疾患について、クリニック/診療所など他の医療機関をすでに受診されていることを前提とします。
    • 受診の際には原則、紹介状をご用意ください。