Medical Noteとは

門野 岳史

門野 岳史先生

聖マリアンナ医科大学皮膚科学 准教授

  • 皮膚科

専門分野

皮膚がん メラノーマ 皮膚免疫

紹介

メラノーマなど皮膚がんを専門とし、診断から治療までをシームレスに行っている。
豊富な臨床経験があり、個々の患者さんに応じて適切な治療を提供している。また、皮膚免疫に関する研究業績が多数あり、近年話題になっているがんの免疫療法にも造詣が深い。

略歴

1992年 東京大学医学部医学科卒業
1993年 三井記念病院皮膚科
1995年 虎の門病院皮膚科
1997年 東京大学医学部付属病院皮膚科 助手
2000年 デューク免疫学 留学
2005年 東京大学医学部付属病院皮膚科 講師
2011年 東京大学医学部付属病院皮膚科 准教授
2015年 聖マリアンナ医科大学皮膚科 准教授

所属学会・資格・役職など

医学博士
日本がん治療認定医機構 暫定教育医 がん治療認定医
日本皮膚外科学会・評議員 監事
日本皮膚悪性腫瘍学会・評議員
日本研究皮膚科学会・評議員
日本褥瘡学会・理事
日本創傷・オストミー失禁・管理学会・評議員
日本皮膚科学会代議員

受賞・著書・論文など

【著書】
門野岳史: 脂漏性角化症 今日の臨床サポート 永井良三ほか(編) エルゼビアジャパン, 東京, http://clinicalsup.jp, 2013
門野岳史: 皮膚癌 今日の治療指針2014年版 福井次矢 高木誠 小室一成(総編集) 医学書院, 東京, pp1128-1129, 2014.
門野岳史: 扁平母斑にレーザーは有用か? EBM皮膚疾患の治療up-to-date 宮地良樹(編) 中外医学社, 東京, pp255-258, 2015.
門野岳史: 科学的根拠に基づく皮膚悪性腫瘍診療ガイドライン第2版 日本皮膚科学会/日本皮膚悪性腫瘍学会(編) 金原出版, 東京, 2

もっと見る

【著書】
門野岳史: 脂漏性角化症 今日の臨床サポート 永井良三ほか(編) エルゼビアジャパン, 東京, http://clinicalsup.jp, 2013
門野岳史: 皮膚癌 今日の治療指針2014年版 福井次矢 高木誠 小室一成(総編集) 医学書院, 東京, pp1128-1129, 2014.
門野岳史: 扁平母斑にレーザーは有用か? EBM皮膚疾患の治療up-to-date 宮地良樹(編) 中外医学社, 東京, pp255-258, 2015.
門野岳史: 科学的根拠に基づく皮膚悪性腫瘍診療ガイドライン第2版 日本皮膚科学会/日本皮膚悪性腫瘍学会(編) 金原出版, 東京, 2015.

【論文】(和文も可)
門野岳史, 佐藤伸一: EGFRファミリー: C-MET 悪性黒色腫の分子生物学 分子生物学: 各論 III悪性黒色腫. 日本臨牀増刊号 皮膚悪性腫瘍 71(suppl 4): 130-133, 2013.
門野岳史: TMN分類 有棘細胞癌の予後因子 IV有棘細胞癌(日光角化症・Bowen病). 日本臨牀増刊号 皮膚悪性腫瘍 71(suppl 4): 461-465, 2013.
門野岳史: 有棘細胞癌の治療戦略: 概論(ガイドラインのアルゴリズム) 有棘細胞癌の治療 IV有棘細胞癌(日光角化症・Bowen病). 日本臨牀増刊号 皮膚悪性腫瘍 71(suppl 4): 492-498, 2013.
門野岳史: 有棘細胞癌. Skin Cancer 29(3): 245-248, 2014.
門野岳史: 悪性黒色腫に対する治療の実践的テクニック. Visual Dermatology 14(4): 454-457, 2015.
門野岳史: Gq変異とmelanoma. 医学のあゆみ 256(5): 438-442, 2016.
門野岳史: 有棘細胞癌と基底細胞癌—病態と診断治療の最新情報—. 癌と化学療法 43(4): 425-428, 2016.
門野岳史: 新しい悪性黒色腫治療薬(分子標的薬・免疫チェックポイント阻害薬). 皮膚科の臨床 58(6): 769-777, 2016.

執筆した記事

すべて見る

所属病院

聖マリアンナ医科大学病院

神奈川県川崎市宮前区菅生2-16-1
小田急電鉄小田原線 向ヶ丘遊園 バス20分 聖マリアンナ医大下車

  • 大病院
  • 所属専門家
診療時間
8:30〜11:00--
8:30〜10:30------