聖マリアンナ医科大学臨床腫瘍学講座 主任教授、聖マリアンナ医科大学病院 腫瘍センター センター長、聖マリアンナ医科大学病院 腫瘍内科 部長、聖マリアンナ医科大学病院 ゲノム医療推進センターがんゲノム診療部 部長

日本内科学会 認定内科医 日本臨床腫瘍学会 がん薬物療法専門医・指導医・協議員 日本がん治療認定医機構 がん治療認定医 日本癌学会 会員 日本病理学会 分子病理専門医 日本緩和医療学会 会員 日本がんサポーティブケア学会 会員 日本遠隔医療学会 腫瘍内科遠隔医療分科会 会長 日本大腸肛門病学会 会員 American Society of Clinical Oncology(ASCO) 会員 European Society for Medical Oncology(ESMO) Pan-Asian Guidelines Adaptation (PAGA) 2022, metastatic colorectal cancer member 日本癌治療学会 代議員 日本がん臨床試験推進機構(JACCRO) 常任理事

砂川 優 すなかわ ゆう 先生

公開日
2024/01/30

基本情報

診療科・主な得意領域

  • 腫瘍内科
  • 砂川先生の大腸がんの専門領域
    • 薬物療法
    • ゲノム医療
  • 砂川先生の胃がんの専門領域
    • 薬物療法
    • ゲノム医療
  • 【疾患名】進行固形がん【治療法】遺伝子パネル検査に基づいた薬物療法、ゲノム医療

続きを読む

資格・学会・役職

日本内科学会 認定内科医
日本臨床腫瘍学会 がん薬物療法専門医・指導医・協議員
日本がん治療認定医機構 がん治療認定医
日本癌学会 会員
日本病理学会 分子病理専門医
日本緩和医療学会 会員
日本がんサポーティブケア学会 会員
日本遠隔医療学会 腫瘍内科遠隔医療分科会 会長
日本大腸肛門病学会 会員
American Society of Clinical Oncology(ASCO) 会員
European Society for Medical Oncology(ESMO) Pan-Asian Guidelines Adaptation (PAGA) 2022, metastatic colorectal cancer member
日本癌治療学会 代議員
日本がん臨床試験推進機構(JACCRO) 常任理事
  • 聖マリアンナ医科大学臨床腫瘍学講座 主任教授
  • 聖マリアンナ医科大学病院 腫瘍センター センター長
  • 聖マリアンナ医科大学病院 腫瘍内科 部長
  • 聖マリアンナ医科大学病院 ゲノム医療推進センターがんゲノム診療部 部長

所属病院

聖マリアンナ医科大学病院

  • 内科 血液内科 リウマチ・膠原病・アレルギー内科 外科 精神科 神経内科 脳神経外科 呼吸器外科 消化器外科 腎臓内科 心臓血管外科 小児科 小児外科 整形外科 形成外科 皮膚科 泌尿器科 産婦人科 眼科 耳鼻咽喉科 放射線科 麻酔科 乳腺外科 呼吸器内科 循環器内科 消化器内科
  • 神奈川県川崎市宮前区菅生2丁目16-1
  • 小田急線 向ヶ丘遊園 バスの利用も可能(小田急バス 聖マリアンナ医科大学行 終点下車、または、あざみ野駅行 聖マリアンナ医科大学下車、所要時間約20分) 車12分 東急田園都市線 宮前平 バスの利用も可能(市営バス 聖マリアンナ医科大学行 終点下車、所要時間約20分) 車13分
  • 044-977-8111
公式ウェブサイト
聖マリアンナ医科大学病院

来歴等

略歴

2003年 埼玉協同病院 研修医
2006年 埼玉医科大学病院 臨床腫瘍科 助手
2007年 埼玉医科大学国際医療センター 腫瘍内科 助教
2012年 昭和大学横浜市北部病院 内科 助教
2013年 University of Southern California/Norris Comprehensive Cancer Center postdoctoral research fellow
2015年 昭和大学横浜市北部病院 内科(腫瘍内科) 助教
2016年 昭和大学横浜市北部病院 内科(腫瘍内科) 講師
2017年 聖マリアンナ医科大学臨床腫瘍学講座 准教授
2018年 聖マリアンナ医科大学病院 腫瘍内科 副部長、腫瘍センター 副センター長 兼
2019年 聖マリアンナ医科大学病院 ゲノム医療推進センター 副センター長 兼
2020年 聖マリアンナ医科大学病院 腫瘍センター センター長 兼
2021年 聖マリアンナ医科大学臨床腫瘍学講座 主任教授
2021年 聖マリアンナ医科大学病院 腫瘍内科 部長 兼
2023年 聖マリアンナ医科大学病院 ゲノム医療推進センターがんゲノム診療部 部長 兼

論文

  • 1. Exploratory Biomarker Analysis Using Plasma Angiogenesis-Related Factors and Cell-Free DNA in the TRUSTY Study: A Randomized, Phase II/III Study of Trifluridine/Tipiracil Plus Bevacizumab as Second-Line Treatment for Metastatic Colorectal Cancer. Target Oncol 2024 Jan 9. doi: 10.1007/s11523-023-01027-8. Online ahead of print.

    Sunakawa Y, Kuboki Y, Watanabe J, Terazawa T, Kawakami H, Yokota M, Nakamura M, Kotaka M, Sugimoto N, Ojima H, Oki E, Kajiwara T, Yamamoto Y, Tsuji Y, Denda T, Tamura T, Ishihara S, Taniguchi H, Nakajima TE, Morita S, Shirao K, Takenaka N, Ozawa D, Yoshino T.

  • 2. Tucatinib and Trastuzumab for Previously Treated Human Epidermal Growth Factor Receptor 2-Positive Metastatic Biliary Tract Cancer (SGNTUC-019): A Phase II Basket Study. J Clin Oncol 2023 Dec 20;41(36):5569-5578.

    Nakamura Y, Mizuno N, Sunakawa Y, Canon JL, Galsky MD, Hamilton E, Hayashi H, Jerusalem G, Kim ST, Lee KW, Kankeu Fonkoua LA, Monk BJ, Nguyen D, Oh DY, Okines A, O'Malley DM, Pohlmann P, Reck M, Shin SJ, Sudo K, Takahashi S, Van Marcke C, Yu EY, Groisberg R, Ramos J, Tan S, Stinchcombe TE, Bekaii-Saab T.

  • 3. The BEETS (JACCRO CC-18) trial: an observational and translational study of BRAF-mutated metastatic colorectal cancer. Future Oncol 2023 Jun;19(17):1165-1174.

    Inagaki C, Matoba R, Yuki S, Shiozawa M, Tsuji A, Inoue E, Muro K, Ichikawa W, Fujii M, Sunakawa Y.

  • 4. Pan-Asian adapted ESMO Clinical Practice Guidelines for the diagnosis, treatment and follow-up of patients with metastatic colorectal cancer. ESMO Open 2023 Jun;8(3):101558.

    Yoshino T, Cervantes A, Bando H, Martinelli E, Oki E, Xu RH, Mulansari NA, Govind Babu K, Lee MA, Tan CK, Cornelio G, Chong DQ, Chen LT, Tanasanvimon S, Prasongsook N, Yeh KH, Chua C, Sacdalan MD, Sow Jenson WJ, Kim ST, Chacko RT, Syaiful RA, Zhang SZ, Curigliano G, Mishima S, Nakamura Y, Ebi H, Sunakawa Y, Takahashi M, Baba E, Peters S, Ishioka C, Pentheroudakis G.

  • 5. Soluble programmed cell death ligand 1 predicts prognosis for gastric cancer patients treated with nivolumab: Blood-based biomarker analysis for the DELIVER trial. Eur J Cancer 2023 May;184:10-20.

    Kawakami H, Sunakawa Y, Inoue E, Matoba R, Noda K, Sato T, Suminaka C, Yamaki M, Sakamoto Y, Kawabata R, Ishiguro A, Akamaru Y, Kito Y, Yabusaki H, Matsuyama J, Takahashi M, Makiyama A, Hayashi H, Chamoto K, Honjo T, Nakagawa K, Ichikawa W, Fujii M.

  • 6. Clinical significance of circulating-tumour DNA analysis by metastatic sites in pancreatic cancer. Br J Cancer 2023 Apr;128(8):1603-1608.

    Umemoto K, Sunakawa Y, Ueno M, Furukawa M, Mizuno N, Sudo K, Kawamoto Y, Kajiwara T, Ohtsubo K, Okano N, Matsuhashi N, Itoh S, Matsumoto T, Shimizu S, Otsuru T, Hasegawa H, Okuyama H, Ohama H, Moriwaki T, Ohta T, Odegaard JI, Nakamura Y, Bando H, Yoshino T, Ikeda M, Morizane C.

  • 7. Sotorasib in KRAS p.G12C-Mutated Advanced Pancreatic Cancer. N Engl J Med 2023 Jan 5;388(1):33-43.

    Strickler JH, Satake H, George TJ, Yaeger R, Hollebecque A, Garrido-Laguna I, Schuler M, Burns TF, Coveler AL, Falchook GS, Vincent M, Sunakawa Y, Dahan L, Bajor D, Rha SY, Lemech C, Juric D, Rehn M, Ngarmchamnanrith G, Jafarinasabian P, Tran Q, Hong DS.

  • 8. Dynamic changes in RAS gene status in circulating tumour DNA: a phase II trial of first-line FOLFOXIRI plus bevacizumab for RAS-mutant metastatic colorectal cancer (JACCRO CC-11). ESMO Open 2022 Jun;7(3):100512.

    Sunakawa Y, Satake H, Usher J, Jaimes Y, Miyamoto Y, Nakamura M, Kataoka M, Shiozawa M, Takagane A, Terazawa T, Watanabe T, Ishiguro K, Tanaka C, Takeuchi M, Fujii M, Danenberg K, Danenberg PV, Lenz HJ, Sekikawa T, Ichikawa W.

  • 9. The Molecular Landscape of Pancreatobiliary Cancers for Novel Targeted Therapies From Real-World Genomic Profiling. J Natl Cancer Inst 2022 Sep 9;114(9):1279-1286.

    Umemoto K, Yamamoto H, Oikawa R, Takeda H, Doi A, Horie Y, Arai H, Ogura T, Mizukami T, Izawa N, Moore JA, Sokol ES, Sunakawa Y.

  • 10. Effects of Metastatic Sites on Circulating Tumor DNA in Patients With Metastatic Colorectal Cancer. JCO Precis Oncol 2022 Apr;6:e2100535.

    Bando H, Nakamura Y, Taniguchi H, Shiozawa M, Yasui H, Esaki T, Kagawa Y, Denda T, Satoh T, Yamazaki K, Sunakawa Y, Kato T, Goto M, Yuki S, Nishina T, Oki E, Shinozaki E, Matsuhashi N, Takahashi N, Tsuji A, Ohtsubo K, Wakabayashi M, Ikeno T, Hata M, Odegaard JI, Yoshino T.

  • 11. The potential targeted drugs for fusion genes including NRG1 in pancreatic cancer. Crit Rev Oncol Hematol 2021 Oct;166:103465.

    Umemoto K, Sunakawa Y.

著書

  • 1. 砂川優. 【臨床実装が進む次世代がんバイオマーカー 新規の検出技術、AIが加速するリキッドバイオプシーとその先の診断モダリティ】(第3章)リキッドバイオプシーの開発と有用性 消化器がんにおけるリキッドバイオプシーの臨床的有用性. 実験医学2022;40巻10号 Page1582-1588

  • 2. 新井裕之, 砂川優. 【知っておきたいがんゲノム医療】最新のがんゲノム医療 患者の遺伝子情報に基づく抗癌薬の副作用予測(解説). 消化器外科2022;45巻7号 Page739-744

  • 3. 新井裕之, 砂川優. 【消化管がん(食道、胃、大腸)診療の進歩と展望】消化管がん診療の進歩と展望 大腸がん(切除不能転移性). 腫瘍内科2022;29巻6号 Page673-680

  • 4. 武田弘幸, 砂川優. 【がんゲノム医療の進歩と問題点】各臓器がん領域におけるゲノム医療の現状と課題 切除不能・再発大腸がん. 腫瘍内科2022;29巻1号 Page17-24

  • 5. 砂川優. 【リキッドバイオプシーによるゲノム医療】切除不能進行再発大腸がんにおけるリキッドバイオプシーを用いたゲノム医療の現状と未来. Precision Medicine2021;4巻12号 Page1110-1113

  • 6. 砂川優.【消化管がん】大腸がん治療state-of-the-art(切除不能転移性). 腫瘍内科2021;27巻6号 Page625-633

  • 7. 伊澤直樹, 砂川優. 【消化器癌;診断と治療のすべて】消化器癌に対する治療法(総論) 化学療法. 消化器外科2021;44巻6号 Page608-614

  • 8. 土井綾子, 砂川優. 切除不能進行再発胃・食道胃接合部がんの一次治療における免疫チェックポイント阻害薬の有効性. がん分子標的治療2021;18巻2号 Page228-231

  • 9. 砂川優. Microbiome. がん分子標的治療2021;18巻2号 Page211-218

  • 10. 砂川優. 【変遷するがん治療アルゴリズム-腫瘍内科からみる標準治療の変遷と診療ガイドライン】大腸がん. 腫瘍内科2020;26巻3号 Page239-248

  • 11. 武田弘幸, 湊川紘子, 塩川尚恵, 砂川 優. 【がん診療の副作用マネジメント】分子標的治療薬の副作用対策. Precision Medicine2020;3巻4号 Page312-315

  • 12. 砂川優. ICIsの適応にならない患者が、その治療を望む時 インフォームドコンセントをどう行うか?. 臨床腫瘍プラクティス, ヴァンメディカル出版2020;16:13-20.

受賞

  • 2014 ASCO Annual Meeting Merit Award

  • 2015 日本癌治療学会学術集会 優秀演題賞

  • 2022 日本癌治療学会学術集会 優秀演題賞

その他

  • 大腸がん診療における遺伝子関連検査等のガイダンス(2019年4月第4.1版 大腸がん診療における遺伝子関連検査等のガイダンス 作成ワーキンググループ 委員)

本ページにおける情報は、医師本人の申告に基づいて掲載しております。内容については弊社においても可能な限り配慮しておりますが、最新の情報については公開情報等をご確認いただき、またご自身でお問い合わせいただきますようお願いします。

なお、弊社はいかなる場合にも、掲載された情報の誤り、不正確等にもとづく損害に対して責任を負わないものとします。

他の医師を見る

同じ所属病院の医師