聖マリアンナ医科大学 脳神経外科学 主任教授

日本脳神経外科学会 脳神経外科専門医・脳神経外科指導医・代議員 日本脳卒中学会 脳卒中専門医・脳卒中指導医・評議員 日本脳卒中の外科学会 技術指導医・代議員 日本神経内視鏡学会 技術認定医 日本脊髄外科学会 脊髄外科指導医・理事・代議員・訓練施設 代表指導医 日本脊髄外科学会・日本脊椎脊髄病学会 脊椎脊髄外科専門医 日本頭蓋底外科学会 評議員

村田 英俊 むらた ひでとし 先生

公開日
2023/07/25

基本情報

診療科・主な得意領域

  • 村田先生の脳動脈瘤の専門領域
    • 開頭脳動脈瘤クリッピング術 
  • 村田先生の脊髄腫瘍の専門領域
    • 脊髄腫瘍摘出術
  • 村田先生のもやもや病の専門領域
    • 脳血管バイパス術
  • 村田先生の脳腫瘍の専門領域
    • 頭蓋底腫瘍摘出術
  • 【専門領域】脳血管外科、脊髄外科
  • 【疾患名】脳・脊髄動静脈奇形【治療法】脳動静脈奇形摘出術、動静脈瘻離断術
  • 【疾患名】頭蓋底腫瘍・脳深部腫瘍(髄膜腫、神経鞘腫、松果体腫瘍など)【治療法】開頭脳腫瘍摘出術

続きを読む

資格・学会・役職

日本脳神経外科学会 脳神経外科専門医・脳神経外科指導医・代議員
日本脳卒中学会 脳卒中専門医・脳卒中指導医・評議員
日本脳卒中の外科学会 技術指導医・代議員
日本神経内視鏡学会 技術認定医
日本脊髄外科学会 脊髄外科指導医・理事・代議員・訓練施設 代表指導医
日本脊髄外科学会・日本脊椎脊髄病学会 脊椎脊髄外科専門医
日本頭蓋底外科学会 評議員
  • 聖マリアンナ医科大学 脳神経外科学 主任教授

所属病院

聖マリアンナ医科大学病院

  • 内科 血液内科 リウマチ・膠原病・アレルギー内科 外科 精神科 神経内科 脳神経外科 呼吸器外科 消化器外科 腎臓内科 心臓血管外科 小児科 小児外科 整形外科 形成外科 皮膚科 泌尿器科 産婦人科 眼科 耳鼻咽喉科 放射線科 麻酔科 乳腺外科 呼吸器内科 循環器内科 消化器内科
  • 神奈川県川崎市宮前区菅生2丁目16-1
  • 小田急線 向ヶ丘遊園 バスの利用も可能(小田急バス 聖マリアンナ医科大学行 終点下車、または、あざみ野駅行 聖マリアンナ医科大学下車、所要時間約20分) 車12分 東急田園都市線 宮前平 バスの利用も可能(市営バス 聖マリアンナ医科大学行 終点下車、所要時間約20分) 車13分
  • 044-977-8111
公式ウェブサイト
聖マリアンナ医科大学病院

来歴等

略歴

1995年 金沢大学医学部 卒業
1995年 横浜市立大学医学部附属病院 臨床研修医
1997年 横浜市立大学大学院 医学研究科 脳神経外科学
2000年 米国 ダートマス・ヒッチコックメディカルセンター(脳血管外科) 研修
2001年 医学博士 取得 (横浜市立大学)
2001年 平塚共済病院 脳神経外科
2003年 成和会西新井病院 脳神経外科
2004年 獨協医科大学 脳神経外科 助手
2006年 横浜市立大学 脳神経外科学 助手
2007年 横浜市立大学大学院 医学研究科 脳神経外科学 助教
2014年 横浜市立大学大学院 医学研究科 脳神経外科学 講師
2018年 横浜市立大学大学院 医学研究科 脳神経外科学 准教授
2022年 聖マリアンナ医科大学 脳神経外科学 主任教授
2022年 横浜市立大学大学院 医学研究科 脳神経外科学 客員教授

論文

  • 1. Clinical and radiological characteristics and long-term surgical outcomes of spinal pilocytic astrocytoma in 18 patients and literature review

    J MUTO, H MURATA, S SHIGEKAWA, T MITSUHARA, D UMEBAYASHI, M JOKO, T INOUE, T INOUE, T ENDO, Y HIROSE and Investigators of intramedullary spinal cord tumors in the Neurospinal Society of Japan Neurospine 2023, in press

  • 2. Left Distal Transradial Approach for the Treatment of a Sacral Extradural Arteriovenous Fistula: Technical Note and Literature Review.

    Ito H, Uchida M, Kaji T, Fukano T, Hagiwara Y, Takasuna H, Murata H. World Neurosurg. 2023 Mar 7:S1878-8750(23)00291-7. doi: 10.1016/j.wneu.2023.02.141.

  • 3. Role of SOCS and VHL Proteins in Neuronal Differentiation and Development.

    Kanno H, Matsumoto S, Yoshizumi T, Nakahara K, Kubo A, Murata H, Shuin T, U HS.Int J Mol Sci. 2023 Feb 15;24(4):3880. doi: 10.3390/ijms24043880.

  • 4. SOCS7-Derived BC-Box Motif Peptide Mediated Cholinergic Differentiation of Human Adipose-Derived Mesenchymal Stem Cells.

    Kanno H, Matsumoto S, Yoshizumi T, Nakahara K, Shinonaga M, Kubo A, Fujii S, Ishizuka Y, Tanaka M, Ichihashi M, Murata H.Int J Mol Sci. 2023 Feb 1;24(3):2786. doi: 10.3390/ijms24032786.

  • 5. HSP90 inhibition overcomes resistance to molecular targeted therapy in BRAFV600Emutant high-grade glioma

    J Sasame, N Ikegaya, M Kawazu, M Natsumeda, T Hayashi, M Isoda, K Satomi, A Tomiyama, A Oshima, H Honma, Y Miyake, K Takabayashi, T Nakamura, T Ueno, Y Matsushita, H Iwashita, Y Kanemaru, H Murata, A Ryo, K Terashima, S Yamanaka, Y Fujii, H Mano, T Komori, K Ichimura, D Cahill, H Wakimoto, T Yamamoto, and K Tateishi Clin Cancer Res. Jun 1;28(11):2425-2439, 2022 doi:10.1158/1078-0432.CCR-21-3622.

  • 6. Superficial siderosis and nonobstructive hydrocephalus due to subependymoma in the ventricle: An illustrative case report

    Yuta Otomo, Naoki Ikegaya, Akito Oshima, Shutaro Matsumoto, Naoko Udaka, Chia-Cheng Chang, Kensuke Tateishi, 〇Hidetoshi Murata*, Tetsuya Yamamoto Surg Neurol Int 2021;12:631. DOI: 10.25259/SNI_868_2021

  • 7. Verbal and memory deficits caused by aphasic status epilepticus after resection of a left temporal lobe glioma

    Misaki Kamogawa, Naoki Ikegaya, Yohei Miyake, Takahiro Hayashi, Hidetoshi Murata, Kensuke Tateishi, Tetsuya Yamamoto Surgical Neurology International 2021 Dec 14;12:614. doi: 10.25259/SNI_1120_2021.

  • 8. Practical arachnoid anatomy for the technical consideration of Galen complex dissection: cadaveric and clinical evaluation.

    Miyake S, Suenaga J, Nakamura T, Akimoto T, Suzuki R, Ohtake M, Takase H, Tateishi K, Shimizu N, Murata H, Funakoshi K, Sawamura Y, Yamamoto T.World Neurosurg. 2021 Apr 19;S1878-8750(21)00581-7.

  • 9. IDH-mutant astrocytoma with chromosome 19q13 deletion manifesting as an oligodendroglioma-like morphology

    Miyake Y, Fujii K, Nakamaura T, Ikegaya N, Matsushita Y, Gobayashi Y, Iwashita H, Udaka N, Kumagai J, Murata H, Takemoto Y, Yamanaka S, Ichimura K, Tateishi K, Yamamoto T Journal of Neuropathology and Experimental Neurology 2021 Feb 22;80(3):247-253.

  • 10. Efficacy of Supraclavicular Scalenotomy followed by external neurolysis without Rib Resection for Post-traumatic Neurogenic Thoracic Outlet Syndrome

    Yoshizumi T, Murata H, Kanno H, Shinonaga M Spine (Phila Pa 1976). 2021 Jun 1;46(11):E632-E638.

  • 11. Acute management of gamma knife radiosurgery for asymptomatic obstructive hydrocephalus associated with posterior fossa metastases.

    Matsunaga S, Shuto T, Kobayashi N, Murata H, Yamamoto T.

  • 12. Hyperactive RelA/p65-hexokinase 2 signaling axis drives primary central nervous system lymphoma

    Tateishi K, Miyake Y, Kawazu M, Sasaki N, Nakamura T, Sasame J, Yoshii Y, Ueno T, Miyake A, Watanabe J, Matsushita Y, Shiba N, Udaka N, Ohki K, Fink A, Tummala S, Natsumeda M, Ikegaya N, Nishi M, Ohtake M, Miyazaki R, Suenaga J, Murata H, Aoki I, Miller J, Fujii Y, Ryo A, Yamanaka S, Mano H, Cahill D, Wakimoto H, Chi A, Batchelor T, Nagane M, Ichimura K, Yamamoto T Cancer Res. 2020 Dec 1;80(23):5330-5343.

  • 13. Neurosurgical versus endovascular treatment of spinal dural arteriovenous fistulas: a multicenter study of 199 patients

    Takai K, Endo T, Yasuhara T, Seki T, Watanabe K, Tanaka Y, Kurokawa R, Kanaya H, Honda H, Itabashi T, Ishikawa O, Murata H, Tanaka T, Nishimura Y, Eguchi K, Takami T, Watanabe Y, Nishida T, Hiramatsu M, Ohtonari T, Yamaguchi S, Mitsuhara T, Matsui S, Uchikado H, Hattori G, Horie N, Yamahata H, Taniguchi M J Neurosurg Spine. 2020 Nov 13:1-8. doi: 10.3171/2020.6.SPINE20309.

  • 14. BRAF V600E mutation mediates FDG-methionine uptake mismatch in polymorphous low-grade neuroepithelial tumor of the young.

    Tateishi K, Ikegaya N, Udaka N, Sasame J, Hayashi T, Miyake Y, Okabe T, Minamimoto R, Murata H, Utsunomiya D, Yamanaka S, Yamamoto T Acta Neuropathologica Communications, 2020 Aug 18;8(1):139. doi: 10.1186/s40478-020-01023-3.

  • 15. A two-year-old patient with a diffuse intrinsic pontine glioma and radiation-induced Moyamoya syndrome

    Iizuka A, Shiba N, Shimosato Y, Yoshitomi M, Nakamura T, Miyatake S, Takano Y, Sasaki K, Takeuchi M, Murata H, Yamamoto T, Matsumoto N, Ito S Pediatric Blood & Cancer, 2020 Oct;67(10):e28618. doi: 10.1002/pbc.28618.

  • 16. BC-Box Motif in SOCS6 Induces Differentiation of Epidermal Stem cells into GABAnergic Neurons

    Yoshizumi T, Kubo A, Murata H, Shinonaga M, Kanno H Int. J. Mol. Sci. 2020 Jul 13;21(14):4947. doi: 10.3390/ijms21144947.

  • 17. The Incision Edge “Lifting Method” in Cerebral Bypass Surgery: A novel optional technique for narrow or thin recipient arteries

    Miyazaki R*, Murata H*(equal contribution), Sato M, Ueno R, Ikegaya N, Matsumoto S, Abe H, Nagao K, Shimizu N, Tateishi K, Suenaga J, Yamamoto T World Neurosurg. 2020 Sep;141:196-202 doi: 10.1016/j.wneu.2020.06.077.

  • 18. Anterior Cervical Decompression and C5 Palsy: A Systematic Review and Meta-analysis of Three Reconstructive

    Surgeries Takase H, Tayama K, Nakamura Y, Robert W. Regenhardt, Justin Mathew, Murata H, Yamamoto T Spine (Phila Pa 1976). 2020 Nov 15;45(22):1587-1597.

  • 19. Role of VHL-JAK-STAT signaling pathway in central nervous system hemangioblastoma associated with von Hippel-Lindau disease.

    Kanno H, Yoshizumi T, Shinonaga M, Kubo A, Murata H, Yao M.J Neurooncol. 2020 May;148(1):29-38. doi: 10.1007/s11060-020-03506-8.

  • 20. Thiel's embalming method with additional intra-cerebral ventricular formalin injection (TEIF) for cadaver training of head and brain surgery.

    Miyake S, Suenaga J, Miyazaki R, Sasame J, Akimoto T, Tanaka T, Ohtake M, Takase H, Tateishi K, Shimizu N, Murata H, Funakoshi K, Yamamoto T. Anat Sci Int. 2020 Sep;95(4):564-570. doi: 10.1007/s12565-020-00545-z.

  • 21. Microsurgical versus endovascular treatment of spinal epidural arteriovenous fistulas with intradural venous drainage: a multicenter study of 81 patients

    Takai K, Endo T, Yasuhara T, Seki T, Watanabe K, Tanaka Y, Kurokawa R, Kanaya H, Honda H, Itabashi T, Ishikawa O, Murata H, Tanaka T, Nishimura Y, Eguchi K, Takami T, Watanabe Y, Nishida T, Hiramatsu M, Ohtonari T, Yamaguchi S, Mitsuhara T, Matsui S, Uchikado H, Hattori G, Horie N, Yamahata H, Taniguchi M J Neurosurg Spine. 2020 Apr 24:1-11

  • 22. 脊髄硬膜動静脈瘻に対する効率的な画像診断の工夫

    宮崎良平 村田英俊 佐藤 充 田中貴大 清水信行 末永 潤 中村大志 阿部浩征 長尾景充 立石健祐 山本哲哉 脳卒中の外科 48: 42-48, 2020

  • 23. 後大脳動脈末梢に発生した感染性動脈瘤に対し、視覚誘発電位(VEP)モニタリング下にコイル塞栓術を行った一例

    新垣勇大 清水信行 村田英俊 五林優子 阿部浩征 長尾景充 佐藤充 末永潤 山本哲哉 脳卒中の外科 48: 134-138, 2020

  • 24. Human recombinant erythropoietin improves motor function in rats with spinal cord compression-induced cervical myelopathy.

    Tanaka T, Murata H* (equal contribution), Miyazaki R, Yoshizumi T, Sato M, Ohtake M, Tateishi K, Kim P, Yamamoto T. PLoS One. 2019 Dec 10;14(12):e0214351. doi: 10.1371/journal.pone.0214351.

  • 25. 巨大脊髄髄内腫瘍の手術:いかに摘出し、いかに機能を温存するか?

    村田英俊 佐藤 充 宮崎良平 田中貴大 阿部浩征 山本哲哉 Spinal Surgery 『脊髄外科』33巻1号 2019 年 33 巻 2 号 p. 198-201

  • 26. Autologous Transfusion of Blood Aspirated During Suction Decompression in Clipping of Large or Giant Cerebral Aneurysm

    Matsuzawa R, Murata H (equal contribution)*, Sato M, Miyazaki R, Tanaka T, Shimizu N, Tateishi K, Suenaga J, Yamamoto T Neurol Med Chir (Tokyo). 2019 Sep 15;59(9):351-356.

著書

  • 1. 脊髄および末梢神経鞘腫瘍のすべて 神経鞘腫瘍の手術:脊髄腫瘍(神経鞘腫) ダンベル腫瘍の手術 村田英俊 脊椎脊髄 36 (5):325-330,2023 三輪書店

  • 2. 脳神経外科医にとっての脊髄外科—「脳」と「脊髄」の往来の魅力を伝えよう—村田英俊 脊髄外科 36 (3), 237-238, 2022 

  • 3. 神経鞘腫と神経線維腫症 村田英俊 CLINICAL NEUROSCIENCE vol.40 no.10 1260-1263, 2022 中外医学社

  • 4. 脊髄髄内腫瘍の手術—基本と工夫— 村田英俊 脊髄外科 Spinal Surgery 36 (2) 132-140, 2022

  • 5. 村田英俊. STA-MCAバイパス術の工夫 切開縁吊り上げ法:血管開口部を立体的に開大させるために. 脳神経外科. Neurological surgery, 2022;50(4):842-844. 医学書院  

  • 6. 頭蓋底陥入症 村田英俊 今日の整形外科治療指針 第8版 pp618-621 2021/10月発刊 医学書院ISBN 978-4-260-04260-4

  • 7. 脊椎脊髄外科ビデオライブラリー‐経験すべき手術37 MEDICAL VIEW社 2022/9/29 除圧固定術:ACCF mesh cage 村田英俊馬尾神経鞘腫:応用編 村田英俊 脊髄上衣腫 村田英俊 脊髄血管芽腫 村田英俊

  • 8. 脳神経外科学(金芳堂)2021年3月25日 第13版 第1冊 椎間板症とヘルニア(頚椎、腰椎、変性、突出、痛み)pp2376-2396

  • 9. 術中神経マッピング・モニタリング 実践ケーススタディ 編集 田中 聡 脊髄髄内腫瘍摘出術 佐藤充 村田英俊 pp132-137 株式会社 エサップ 東京、2021/5/31 発行・印刷

  • 10. Nomade「何をサブスペシャリティにしたらいいですか?」—脊髄脊椎外科の動向を鑑みる 脊椎脊髄ジャーナル 33巻9号 (2020年9月)pp.823-824 三輪書店 村田英俊

  • 11. 「傍脊柱筋の機能解剖学、姿勢制御と手術アプローチ」 頚椎後方の局所解剖とアプローチ:筋層構築的椎弓形成術 脊椎脊髄ジャーナル 32(4): 325-332, 2019 三輪書店 村田英俊

  • 12. 新NS NOW No.16 脊髄腫瘍の2期的手術(わたしの手術記載)p180-181, メジカルビュー社 2018 村田英俊

  • 13. 術後脳梗塞(しびれ・麻痺・痙攣) (特集 この1冊で安心! 泌尿器科当直医マニュアル : 入院編) 清水 信行, 村田 英俊, 山本 哲哉 臨床泌尿器科 = Japanese journal of clinical urology 72(5) 321-326 2018年4月 https://doi.org/10.11477/mf.1413206276

  • 14. <基本をマスター 脳神経外科手術のスタンダード> 頭蓋頚椎移行部病変の手術 ─後方除圧術,後方固定術,経口手術 横浜市立大学 村田英俊 脳神経外科速報 2017年08月号 p792-803 メディカ出版 発行年:2017年08月10日

  • 15. 悪性脊椎脊髄腫瘍に対する治療 分子標的治療 特にベバシズマブによる治療 〇村田英俊 、立石健祐 、山本哲哉 脊椎脊髄ジャーナル 巻:30 号:7 ページ:707‐712 発行年:2017年07月25日

  • 16. 術後重大合併症—これだけは知っておきたい緊急処置法 脳梗塞・くも膜下出血 清水信行 、〇村田英俊 臨床外科 巻:72 号:6 ページ:678‐683 発行年:2017年06月20日

  • 17. 頚椎手術(前方・後方アプローチ)の基本と応用 村田英俊、佐藤充 、田中貴大 宮崎良平 林貴啓 脳神経外科ジャーナル 巻:26 号:Supplement ページ:76 発行年:2017年04月20日

  • 18. 立石健祐 村田英俊 中村大志 川原信隆 脇本浩明 IDH1変異神経膠腫に対する新たな治療戦略 Annual Review 2017, P154-162 3.脳腫瘍 2 IDH1変異神経膠腫に対する新たな治療戦略

  • 19. 村田英俊 頭蓋頸椎移行部病変に対する治療の進歩 日本医事新報 No.4757(2016年 6月 27日発行) p67

  • 20. 村田英俊 未破裂脳動脈瘤の自然歴と治療適応 日本医事新報 No.4753(2016年5月30日発行) p72

  • 21. 頭蓋底腫瘍に対する外科的手術 川原信隆, 横山高玲, 末永潤, 中村大志, 荒木孝太, 宮崎良平, 高木良介, 小座野いずみ, 村田英俊 脳神経外科ジャーナル 25Supplement 78 2016/04/20

  • 22. 村田英俊「頭蓋底陥入症」clinical Neuroscience (中外医学社) 東京vol.33 No.4 p435-439 2015 小児脳神経先天異常up to date—原因遺伝子から治療まで 頭蓋頸椎移行部の骨形成異常 頭蓋底陥入症

  • 23. 感染性疾患 細菌感染症 脳脊髄膿瘍 脊髄硬膜外膿瘍 鈴木ゆめ, 村田英俊 日本臨床 748-751 2013/12/20 【神経症候群(第2版)-その他の神経疾患を含めて-】 感染性疾患 細菌感染症 脳脊髄膿瘍 脊髄硬膜外膿瘍

  • 24. 村田英俊 頸椎椎弓形成術 脳神経外科医のための 脊椎脊髄 サージカルテクニック 2012年8月3日 第1版第1刷 発行 メジカルビュー社、東京

  • 25. 村田英俊 川原信隆 MRIでつい見落としやすい脊髄脊椎病変 脳神経検査のグノーティ・セアウトン p156-162 2010/11/5第1版第1刷 発行 シナジー 東京

  • 26. 村田英俊 頸椎の変性疾患 脳神経外科医のための 脊椎脊髄疾患 診断と治療ガイド P2-34 2010/1/10第1版第1刷 発行 メジカルビュー社、東京

  • 27. 村田英俊 バクロフェン髄腔内投与療法 トラブル事例集 監修 根本明宣 p12-15, 2009 3月発行 第一三共株式会社

  • 28. 村田英俊 金 彪 頸椎手術のための外科解剖 -筋層をいかにして保存するか- 顕微鏡下手術のための脳神経外科解剖XX -臨床に役立つ活きた脳神経外科手術解剖- 2008 pp13-20 サイメッド・パブリケーションズ、東京

  • 29. 坂田勝巳、村田英俊、田邉 豊、菅野 洋、山本勇夫、泉 敏治 脳腫瘍手術における新世代3DCTAを用いた術前シミュレーション 黒岩敏治(編);脳腫瘍の外科~合併症のない脳腫瘍の外科を目指して~メディカ出版、大阪、321-325, 2007

  • 30. 村田英俊 川本俊樹 金 彪 他 術式別管理 頸椎・頸髄手術 Brain Nursing 2005 夏季増刊 第3章 173-183 メディカ出版

  • 31. 菅野 洋,村田英俊,後藤昌之,田中良英、山本勇夫,山田人志、出澤真理、澤田 元、田嶋信義、村上恭平、島津誠一郎:神経幹細胞の分化メカニズムと転写因子−特にVHLの機能について−、ポストシークエンス時代における脳腫瘍の研究と治療. 田渕和 夫、白石哲也編集、pp.241-248, 九州大学出版会, 福岡、2002

  • 32. 菅野 洋,村田英俊,後藤昌之,山本勇夫,執印太郎,Hoi-Sang U : 神経幹細胞のVHL遺伝子による分化制御と細胞死. 神経免疫研究 13: 85-89, 2000

特許

  • 横浜市立大学式腰椎スペーサー PENTAX, Hoya co Ltd/医療機器承認番号:22200BZX00811000/監修:横浜市立大学附属病院 脳神経外科 村田 英俊

受賞

  • 1. 2008年1月4日 横浜市立大学医学部脳神経外科 同門会(桑梓会) 年次功労賞(学術部門)

  • 2. 2019年1月12日 第30回 神奈川脳神経外科手術手技研究会 最優秀講演賞

  • 3. 2019年3月21日 第48回日本脳卒中の外科学会 優秀演題賞

本ページにおける情報は、医師本人の申告に基づいて掲載しております。内容については弊社においても可能な限り配慮しておりますが、最新の情報については公開情報等をご確認いただき、またご自身でお問い合わせいただきますようお願いします。

なお、弊社はいかなる場合にも、掲載された情報の誤り、不正確等にもとづく損害に対して責任を負わないものとします。

他の医師を見る

同じ所属病院の医師