古茶 大樹 先生のプロフィール

古茶 大樹 先生

こちゃ ひろき

古茶 大樹 先生

聖マリアンナ医科大学神経精神科学 教授

専門分野

精神病理学、老年精神医学、司法精神医学、精神医学史

紹介

1960年生まれ。1986年慶応義塾大学医学部を卒業後、同大学精神神経科専任講師を経て、2016年1月より聖マリアンナ医科大学神経精神科教授に就任。かつての精神医療の中心概念であった伝統的精神医学の考えを軸に臨床を行う。患者さんに寄り添って一人一人のヒストリーを聞くことで患者さんの人生を丸ごと理解し援助することで、本質的に回復していけるよう患者さんの意思を尊重した診療を続けている、日本に数少ないタイプの精神科医。

略歴

1986年 慶応義塾大学医学部卒業
2001年 国立病院機構東京医療センター精神科医長
2007年 慶應義塾大学医学部精神神経科専任講師
2016年 聖マリアンナ医科大学神経精神科教授

所属学会・資格・役職など

医学博士
精神保健指定医
日本精神神経学会専門医・指導医
日本総合病院精神医学会指導医

受賞・著書・論文など

【著書】
濱田秀伯、古茶大樹編著:メランコリー 人生後半期の妄想性障害.弘文堂
鹿島晴雄、古城慶子、古茶大樹、針間博彦、前田貴記編著:妄想の臨床、新興医学出版

【論文】
古茶大樹:遅発緊張病について-自験例に基づく症状、経過、下位群、治療の臨床精神病理学的検討-. 精神神経学雑誌 1998;100 : 24-50.
古茶大樹、古野毅彦:退行期メランコリーについて.精神神経学雑誌2009;111 : 373-387.
古茶大樹、針間博彦:病の「種」と「類型」、「階層原則」-精神障害の分類の原則について.臨床精神病理2010;31:7-17.
古茶大樹、針間博彦、三村將:現代精神医学のジレンマ.精神医学2012;54 : 325-332.

古茶 大樹先生 の所属する医療機関

聖マリアンナ医科大学病院

TEL: 044-977-8111

聖マリアンナ医科大学病院

神奈川県川崎市宮前区菅生2丁目16-1

小田急電鉄小田原線「向ケ丘遊園駅」 バスの利用も可能(小田急バス 聖マリアンナ医科大学行 終点下車、または、あざみ野駅行 聖マリアンナ医科大学下車、所要時間15~20分) 車12分

東京急行電鉄田園都市線「宮前平駅」 バスの利用も可能(市営バス 聖マリアンナ医科大学行 終点下車、所要時間15~20分) 車14分

- -

受付時間: 8:30~11:00 原則紹介制、一部診療科予約制 7:30~受付順の番号札を取れる、診療は9:00開始 科により異なる 第1・3土曜、開学記念日(10月第2土曜)休診 臨時休診あり

診療科目: 内科 アレルギー科 血液内科 リウマチ科 外科 精神科 神経内科 脳神経外科 呼吸器外科 消化器外科 腎臓内科 心臓血管外科 小児科 小児外科 整形外科 形成外科 皮膚科 泌尿器科 産婦人科 眼科 耳鼻咽喉科 放射線科 麻酔科 乳腺外科

古茶 大樹 先生 の記事