聖マリアンナ医科大学 消化器・一般外科 教授

日本外科学会 代議員・指導医・外科専門医 日本消化器外科学会 消化器外科指導医・消化器外科専門医・消化器がん外科治療認定医 日本内視鏡外科学会 評議員・技術認定取得者(消化器・一般外科領域) 日本食道学会 食道外科専門医・食道科認定医 日本胃癌学会 代議員 日本消化器内視鏡学会 消化器内視鏡指導医・消化器内視鏡専門医 日本消化器病学会 消化器病指導医・消化器病専門医 日本がん治療認定医機構 がん治療認定医 日本消化管学会 胃腸科指導医・胃腸科専門医・胃腸科認定医 日本臨床栄養代謝学会 認定医 日本腹部救急医学会 評議員・腹部救急認定医

民上 真也 みかみ しんや 先生

公開日
2024/01/25

基本情報

診療科・主な得意領域

  • 民上先生の胃がんの専門領域
    • 外科治療
    • 腹腔鏡下手術(腹腔鏡下幽門側胃切除術、腹腔鏡下噴門側胃切除術、 腹腔鏡下胃全摘、腹腔鏡下幽門保存胃切除など)
  • 民上先生の食道がんの専門領域
    • 外科治療 
    • 胸腔鏡・腹腔鏡下手術 (胸腔鏡下食道切除術、腹腔鏡下胃管作成術など)
  • 民上先生の胃粘膜下腫瘍の専門領域
    • 外科治療
    • 腹腔鏡下手術(腹腔鏡内視鏡合同手術:LECSなど)
  • 民上先生の食道裂孔ヘルニアの専門領域
    • 外科治療
    • 腹腔鏡下手術
  • 民上先生の横隔膜ヘルニアの専門領域
    • 外科治療
    • 腹腔鏡下手術
  • 消化器・一般外科、上部消化管疾患(胃がん・食道がん)
  • 【疾患名】食道粘膜下腫瘍【治療法】外科治療、胸腔鏡下手術

続きを読む

資格・学会・役職

日本外科学会 代議員・指導医・外科専門医
日本消化器外科学会 消化器外科指導医・消化器外科専門医・消化器がん外科治療認定医
日本内視鏡外科学会 評議員・技術認定取得者(消化器・一般外科領域)
日本食道学会 食道外科専門医・食道科認定医
日本胃癌学会 代議員
日本消化器内視鏡学会 消化器内視鏡指導医・消化器内視鏡専門医
日本消化器病学会 消化器病指導医・消化器病専門医
日本がん治療認定医機構 がん治療認定医
日本消化管学会 胃腸科指導医・胃腸科専門医・胃腸科認定医
日本臨床栄養代謝学会 認定医
日本腹部救急医学会 評議員・腹部救急認定医
  • 聖マリアンナ医科大学 消化器・一般外科 教授
  • 日本臨床栄養代謝学会 TNT研修会終了

所属病院

聖マリアンナ医科大学病院

  • 内科 血液内科 リウマチ・膠原病・アレルギー内科 外科 精神科 神経内科 脳神経外科 呼吸器外科 消化器外科 腎臓内科 心臓血管外科 小児科 小児外科 整形外科 形成外科 皮膚科 泌尿器科 産婦人科 眼科 耳鼻咽喉科 放射線科 麻酔科 乳腺外科 呼吸器内科 循環器内科 消化器内科
  • 神奈川県川崎市宮前区菅生2丁目16-1
  • 小田急線 向ヶ丘遊園 バスの利用も可能(小田急バス 聖マリアンナ医科大学行 終点下車、または、あざみ野駅行 聖マリアンナ医科大学下車、所要時間約20分) 車12分 東急田園都市線 宮前平 バスの利用も可能(市営バス 聖マリアンナ医科大学行 終点下車、所要時間約20分) 車13分
  • 044-977-8111
公式ウェブサイト
聖マリアンナ医科大学病院

来歴等

略歴

1992年 聖マリアンナ医科大学医学部医学科 卒業
1992年 聖マリアンナ医科大学病院 研修医(第1外科)
1998年 聖マリアンナ医科大学第2病理学大学院 博士課程修了、博士(医学)取得
1998年 日本医療伝道会 衣笠病院 外科 医長
2000年 聖マリアンナ医科大学 消化器外科 助教
2002年 聖テレジア会 聖ヨゼフ病院 外科 医長
2005年 聖マリアンナ医科大学横浜市西部病院 消化器・一般外科 医長
2008年 聖マリアンナ医科大学東横病院 消化器病センター 医長
2010年 聖マリアンナ医科大学 消化器・一般外科 講師
2015年 聖マリアンナ医科大学 消化器・一般外科 副部長
2016年 聖マリアンナ医科大学 消化器・一般外科 准教授
2020年 聖マリアンナ医科大学 消化器・一般外科 診療部長
2023年 聖マリアンナ医科大学 消化器・一般外科 教授

論文

  • 1. Analysis of thoracoscopic enucleation combined with esophagoscopy in the prone position for esophageal submucosal tumor.

    Mikami S, Hisatsune Y, Hiwatari M, Tsukamoto Y, Kimura S, Shimada J, Saji O, Otsubo T. Journal of Laparoendoscopic & Advanced Surgical Techniques 2024

  • 2. Thoracoscopic esophagectomy with subcarinal lymph node dissection in the prone position for esophageal cancer with a right top pulmonary vein.

    Mikami S, Enomoto T, Shimada J, Hiwatari M, Tsukamoto Y, Hisatsune Y, Kimura S,Arifuku H, Umezawa S, Otsubo T.J Surg Case Rep. 2023 Aug 14;2023(8):rjad462.doi:10.1093/jscr/rjad462.

  • 3. Presentation of unruptured right gastric aneurysm due to segmental arterial mediolysis resected laparoscopically: A case report.

    Kimura S, Mikami S,Takagi S, Shimada J, Enomoto T, Otsubo T. Int J Surg Case Rep.2023 Dec 22:114:109183.doi: 10.1016/j.ijscr.2023.109183.

  • 4. Perioperative TAS-118 plus oxaliplatin in patients with locally advanced gastric cancer: APOLLO-study.

    Takahari D, Katai H, Takashima A, Izawa N, Ishizuka N, Ohashi M, Mikami S, Wakatsuki T, Nakayama I, Chin K, Ida S, Kumagai K, Nunobe S, Iwase S, Shouji H, Wada T, Doi A, Yoshikawa T, Sano T, Bouku N, Yamaguchi K. Gastric Cancer 2023; 26:614-625.

  • 5. Total Drain Fluid AmyIase Values Over Time Correlate with Late Complications of Pancreatic Fistulas after Gastrectomy.

    Shimada J, Mikami S, Hiwatari M, Tsukamoto Y, Hisatsune Y, Enomoto T, Otsubo T. J St.Marianna Univ 2022; 13:69-75.

  • 6. Impact of Body Weight Loss on Survival in Patients with Advanced Gastric Cancer Receiving Second-Line Treatment.

    Mizukami T, Hamaji K, Onuki R, Yokomizo A, Nagashima Y, Takeda H, Umemoto K, Doi A, Arai H, Hirakawa M, Horie Y, Izawa N, Ogura T, Tsuda T, Sunagawa Y, Shibata M, Tanaka T, Mikami S, Eguchi Nakajima T. Nutrition and Cancer 2022; 74:539-545.

  • 7. A Study of the Changes in Laryngeal Elevation Distance and Dysphagia after Thoracic Esophageal Cancer Surgery.

    Hiwatari M, Mikami S, Otsubo T, Katsumata K.J. St.Marianna Univ 2020; 11:81-89. 

  • 8. A Case of Inflammatory Myofibroblastic Tumor Originationg in the Lesser Omentum Treated by Laparoscopic Resection.

    Hiwatari M, Mikami S, Mafune T, Usui S, Amano Y, Fukuoka A, Enomoto T, Otsubo T. J St.Marianna Univ 2020;11:165-171.

  • 9. Relation between Decrease in Geniohyoid Muscle Mass and Dysphagia after Surgery for Thoracic Esophageal Cancer.

    Katsumata K, Mikami S, Otsubo T, Mafune T. J St.Marianna Univ 2019;10:63-70.

  • 10. An lnvestigation of Factors Related to Food lntake Ability and Swallowing Difficulty After Surgery for Thoracic Esophageal Cancer.

    Mafune T, Mikami S, Otsubo T, Saji O, Matsushita T, Enomoto T, Maki F, Tochimoto S. Dysphagia 2019;34:592-599.

  • 11. Emergency Suegery for a Morgagni hernia causing respiratory failure.

    Tsukamoto Y, Enomoto T, Otsubo T, Katsumata T, Kamei N, Shimada J, Mikami S. IJCR 2019;4:-8

  • 12. Augmented rectangle technique for Billroth I anastomosis in totally laparoscopic distal gastrectomy for gastric cancer.

    Fukunaga T, Ishibashi Y, Oka S, Kanda S, Yube Y, Kohira Y, Matsuo Y, Mori O, Mikami S, Enomoto T, Otsubo T. Surgical endscopy 2018; 32:4011-4016.

  • 13. Triple-stapled quadrilateral anastomosis: a new technique for creation of an esophagogastric anastomosis.

    Ishibashi Y, Fukunaga T, Mikami S, Oka S, Kanda S, Yube Y, Kohira Y, Enomoto T, Otsubo T. Esophagus 2018; 15:88-94.

  • 14. Safety of Laparoscopy-assisted Distal Gastrectomy in Patients Aged 75 Years of More.

    Sasaki T, Tenjin K, Noda A, Shimada J, Nishio K, Mikami S, Miyajima N, Otsubo T.J St.Marianna Univ 2017; 8:9-14.

  • 15. Investigation of the Indications for Consevative Therapy to Treat Perforated Gastroduodenal Ulcers.

    Niwa K, Mikami S, Enomoto T, Otsubo T. J St.Marianna Univ 2016; 7:85-93.

  • 16. A Rear Case of Metastasis of Merkel Cell Carcinoma to the Jejunum.

    Yuta Ogura,Enomoto T, Mikami S, Hoshino H, Noda A, Saji O, Matsushita T, Ishigouoka S, Yamashita M, Naruki S, Fujino T, Fukunaga T, Otsubo T. JURNAL OF CASE REPORTS 2016;6:378-381.

  • 17. Surgical Management of Spontaneous Esophageal Rupture:An Evaluation

    Mikami S,Fukunaga T,Enomoto T,Matsushita T,Saji O,Ida K,Kikuchi Y,Yamauchi S,Hamabe T,Shimada J,Noda A,Sasaki N,Katayama M,Hanai A,Taira Y,Otsubo T. J St.Marianna Univ 2015:6:243-251

  • 18. Bochdalek Herunia in Adults:Report of Two Cases and Review of the Japanese Literature.

    Mikami S,Fukunaga T,Enomoto T,Katayama M,Hoshino H,Saji O,Sasaki D,Fukuoka A,Kita S,Matsushita T,Otsubo T.J St.Marianna Univ 2015;6:293-301.

  • 19. Cardiac Metastasis From Ascending Colon Cancer: A Case Report and Review of the Literature.

    Mikami S,Tsuchiya J,Horikoshi K,Makizumi R,Shimamura T,Hanai A,Tsukikawa S,Koizumi H,Fukunaga T,Kokuba Y,Miyajima N,Otsubo T.J St.Marianna Unive 2015;6:285-291.

  • 20. Changes in Serum Liptin and Body Composition in Gastric Cancer Postoperative Weight Loss.

    Tenjin K,Enomoto T,Negishi H,Sakurai J,Mikami S,Fukunaga T,Nakano H,Otsubo T.J St.Marianna Univ 2013;4:89-98.

  • 21. Compensatomy Mechanisms of Gherlin Production and Secretion after Gastrectomy.

    Hamabe T,Sakurai J,NegishiI H,Enomoto T,Mikami S,Fukunaga T,Ohtsubo T.J St.Marianna Univ 2012;3:53-61.

  • 22. Changes in Plasma Ghrelin and Leption Leverls In Relation To Body Weight after Gastrectomy.

    Negishi H,Sakurai J,Fukunaga T,Mikami S,Enomoto T,Otsubo T.J St.Mariannna Univ 2010;3:13-22.

  • 23. Immunohistochemical analysis of TrkA neurotrophin receptor expression in human non-neuronal carcinomas.

    Koizumi H,Morita M,Mikami S,Shibayama E,Uchikoshi T.Pathology International 1998;48;93-101.

  • 24. 切除不能胃癌に対してSP療法後に Conversion Surgery を施行し長期生存が得られた1例.

    高城 伸平, 民上真也, 天野優希, 亀井奈津子, 嶋田仁, 榎本武治, 伊澤直樹, 津田亮志, 砂川優, 有泉泰,大坪毅人. 癌と化学療法 2021;48:1989-1900.

  • 25. 経腹的アプローチによる縫合閉鎖を行った特発性食道破裂の4例.

    民上真也, 梅澤早織, 勝又健太, 土橋篤仁, 福岡麻子, 大坪毅人. 手術 2021;75:1339-1343.

  • 26. 胸部食道癌におけるLinear Staplerを用いた頸部食道胃管吻合術−TRIQ(triple-stapled quadrilateral anastomosis).

    民上真也, 榎本武治, 嶋田仁, 勝又健太, 亀井奈津子, 大坪毅人.手術 2020;74:357-361.

  • 27. 胃粘膜下腫瘍に対する腹腔鏡・内視鏡合同手術(LECS)の実際.

    榎本武治, 民上真也, 増田哲之, 勝又健太, 亀井奈津子, 嶋田仁, 大坪毅人, 清川博史, 佐藤義典, 松尾康正.川崎市医学会医学会誌 2020:37;14-15.

  • 28. COVID-19 感染症対策下におけるNST活動の現状 〜医師の立場から. 外科と代謝・栄養

    民上真也, 柴田みち, 梅澤早織, 久恒靖人, 鈴木規雄, 中村祐太, 伊藤彩香, 水谷翔, 大貫理沙,穐山雅代,栃本しのぶ. 2022:56;11-15.

  • 29. 胃癌術後肝転移再発に対してS-1+CDDPおよびS-1療法が奏功した1例.

    榎本武治, 民上真也, 喜多島美奈, 樋渡正樹, 小野龍宣, 佐々木奈津子, 佐治攻, 松下恒久, 小林 慎二郎, 小泉哲, 有泉泰, 中島貴子, 大坪 毅人. 癌と化学療法 2018;45:658-660.

  • 30. 残胃に発生した内分泌細胞癌の1例.

    民上真也,石井利昌,奈良橋喜芳,小森山広幸,高野俊史,大坪毅人.外科 2010;72:887-891.

  • 31. 尿膜管臍瘻に対する腹腔鏡下手術の検討 自験例および本邦報告例の検討-.

    民上真也,宮島伸宜,嶋田仁,佐々木貴裕,片桐秀元,須田直史,大坪毅人.聖マリアンナ医科大学雑誌. 2010;38;89-96.

  • 32. 膵頭部腫瘍との鑑別を要した壁外発育型十二指腸GISTの1例.

    民上真也,田中圭一,石井利昌,小林博通,青木一浩,木村正之,小森山広幸,高野俊史,大坪毅人.聖マリアンナ医科大学雑誌 2008;36:47-53.

  • 33. 機能的端々吻合術後に吻合部再発をきたした結腸癌の2例.

    民上真也,奈良橋喜芳,本庄広大,堀越邦康,石井利昌,住吉賢,芦川和広,小森山広幸,高野俊史,大坪毅人.聖マリアンナ医科大学雑誌 2008;36:55-60.

  • 34. 壁外性発育を示した径30cmの巨大胃GISTの1例.

    民上真也,田中圭一,石井利昌,牧角良二,花井彰,小森山広幸,高野俊史,大坪毅人.日外科系連会誌 2008;33:595-599.

  • 35. 直腸癌術後に生じた孤立性副腎転移の1切除例.

    民上真也,奈良橋喜芳,石井利昌,芦川和広,小森山広幸,大坪毅人.臨床外科 2008;63:1457-1461.

  • 36. 閉経後に発病した肺リンパ管筋腫症の1剖検例.

    民上真也,崎山武志,高木正之,薄井智彦,鎌田正広,大和田滋,栗原泰之,田所衛.病理と臨床 1998;16:1459-1465.

著書

  • 1. 胃切除後症状の対策 便秘異常−下痢と便秘 −症状の多くは食事・生活習慣の改善と服薬で良くなる−.榎本武治,民上真也.胃を切った人の情報誌 ALPHA CLUB 2019;1:9-9.

  • 2. 胃oncologic emergency−「胃癌穿孔」における治療戦略.民上真也,榎本武治,佐治攻,松下恒久,丹波和也,大坪毅人.手術 2016:;70:727-731.

  • 3. 胃全摘術後再建 サーキュラーステイプラーを用いた再建経口的アンビル挿入法.永井英司編,完全腹腔鏡下胃切除術 エキスパートに学ぶ体腔内再建法,民上真也,福永哲,榎本武治,松下恒久,佐々木奈津子,井田圭亮,山内卓,藏本俊輔,大坪毅人.医学書院,東京,2015:58-64.(ISBN 9784260021036)

  • 4. 外来診療・栄養指導に役立つ胃切除後障害診療ハンドブック,榎本武治,福永哲,民上真也. 南江堂,東京,2015:(ISBN 9784524258970)(1)榎本武治,福永哲,民上真也.下痢:39.(2)榎本武治,福永哲,民上真也.便秘:40.(3)榎本武治,福永哲,民上真也.幽門側胃切除術 Billroth-I 法再建:75-76.(4)榎本武治,福永哲,民上真也.幽門側胃切除術 Roux-en-Y法再建:77-78. 

  • 5. 【手術手技】 Augmented rectangle technique(ART)による腹腔鏡下Billroth-I法再建.福永哲,民上真也,榎本武治,山澤邦宏,神田聡,夕部由規謙.手術 2015;69:1717-1720.

  • 6. 【胃切除後再建術式の工夫とその評価】 こだわりの再建法 胃全摘後のaboral pouch付きRoux-en-Y法再建.福永哲,民上真也,榎本武治,佐々木貴浩,松下恒久,佐々木奈津子,福岡麻子,夕部由規謙,山内卓,森修三,田中圭一,宮島伸宜,大坪毅人.臨床外科 2015;70:688-694.

  • 7. 【わかりやすい消化器癌治療のコンセンサス】 食道癌の診断と治療 食道癌の最新の診断 進行癌の診断.民上真也,福永哲,榎本武治,松下恒久,佐々木奈津子,山内卓,森修三,大坪毅人.消化器外科 2015;38:540-545. 

  • 8. 【手術記録の書き方】 食道の手術 食道癌/鏡視下手術 胸腔鏡・腹腔鏡併用の食道癌手術.民上真也,福永哲.消化器外科 2014;37:566-571. 

  • 9. 必見!完全体腔内再建の極意 胃全摘術後再建 Roux-en Y再建 サーキュラー・ステイプラーを用いた再建(経口的アンビル挿入法).民上真也,福永哲,榎本武治,松下恒久,久恒靖人,天神和美,野田顕義,佐治攻,大坪毅人.臨床外科 2013;68:1214-1219.

  • 10. 消化器外科手術アトラス 進行胃癌に対するD2腹腔鏡下胃全摘術.福永哲,民上真也,櫻井丈,榎本武治,諏訪 之,小野田恵一郎,京井玲奈,天神和美,夕部由規謙,宮島伸宜,大坪毅人. 消化器外科 2013;36:131-141.

  • 11. 【吻合・縫合手技のコツと注意点】 胃切除後再建 胃十二指腸吻合と胃空腸吻合.福永哲,民上真也,榎本武治,松下恒久,佐治攻,野田顕義,天神和美,田中圭一,國場幸均,朝倉武士,宮島伸宜,大坪毅人.消化器外科 2013;36:1443-1451.

  • 12. 【達人が教える内視鏡手術のKnack & Pitfall】 胃癌内視鏡外科手術のKnack & Pitfall LDG・LADGを中心に.福永哲,民上真也,榎本武治,松下恒久,小野田恵一郎,大坪毅人.手術 2013;67:1165-1172.

  • 13. 【エネルギーデバイスのすべて-理論から実践まで-】 Vessel sealing systemを用いた上部消化管手術 進行胃癌に対する外側アプローチ法リンパ節郭清.福永哲,民上真也,榎本武治,松下恒久,佐々木奈津子,大坪毅人.手術 2015;69:237-245.

  • 14. 【食道癌・胃癌切除後の再建法を見直す-達人の選択】 達人が勧める再建法 胃癌 完全腹腔鏡下幽門側胃切除術.福永哲,民上真也,櫻井丈,榎本武治,諏訪之,小野田恵一郎,京井玲奈,夕部由規謙,松下恒久,宮島伸宜,大坪毅人.臨床外科 2012;67:1395-

  • 15. 内視鏡外科医のための微細局所解剖アトラス胃癌根治術における膵上縁リンパ節廓清(No.8,9,11p).福永哲,民上真也,櫻井丈,榎本武治,宮島伸宜,大坪毅人.手術 2012;66:697-702.

  • 16. 【名手が勧めるエネルギーデバイスの使い方とコツ】 バイポーラシザースを中心とした胃癌手術のコツ.福永哲,民上真也,櫻井丈,榎本武治,大島隆一,宮崎賢澄,根岸宏行,浜辺太郎,宮島伸宜,大坪毅人. 消化器外科 2012;35:415-426.

  • 17. 【内視鏡手術におけるトラブルシューティング】 腹腔鏡下幽門側胃切除術 再建における手技のコツとトラブルシューティング.民上真也,福永哲,大島隆一,榎本武治,櫻井丈,大坪毅人.手術 2012;66:1069-1075.

  • 18. 【胃切除後再建術-ここが最重要ポイント-】 幽門側胃切除後Billroth-I法再建 hemi-double stapling technique(hemi-DST).民上真也,福永哲,榎本武治,櫻井丈,宮島伸宜,大坪毅人.手術 2012;66:7-11.

  • 19. 上部消化管,胃・十二指腸の腫瘍以外の疾患.長田博昭編,コメディカルのための外科学 (各論),民上真也, 大坪毅人,月川賢,田中一郎,中野浩,金子英彰,木村正之,田中圭一,朝倉武士,石井利昌,榎本武治,片山真史,小泉哲,櫻井丈,重田博,陣内祐二,須田直史,戸部直孝,花井彰,濱谷昌弘,牧角良二,渡邉泰治.医学出版社,東京,2008:167-172.(ISBN 9784870551121)

  • 20. 病棟当直医必携 処置に伴う合併症と対策 内視鏡的生検後出血 結腸.消化器外科(特別号),宮島伸宜,民上真也,佐々木貴裕,嶋田仁,大坪毅人.へるす出版,東京,2010:922-924.

  • 21. 経肛門的直腸腫瘍摘出術.渡邊昌彦編,直腸・肛門外科手術 標準手術とステップアップ手術 (DS NOW 5),宮島伸宜,須田直史,民上真也,片桐秀元,大坪毅人.メジカルビュー社,東京,2009:112-121.(ISBN 9784758311502)

本ページにおける情報は、医師本人の申告に基づいて掲載しております。内容については弊社においても可能な限り配慮しておりますが、最新の情報については公開情報等をご確認いただき、またご自身でお問い合わせいただきますようお願いします。

なお、弊社はいかなる場合にも、掲載された情報の誤り、不正確等にもとづく損害に対して責任を負わないものとします。

他の医師を見る

同じ所属病院の医師