いねんえきかしゅよう

胃粘膜下腫瘍

胃・十二指腸

目次

項目をクリックすると該当箇所へジャンプします。

概要

病変が胃粘膜の下(胃の壁の中)に存在し、正常な粘膜に覆われており、胃の内腔になだらかに突出しているものを総称して、胃粘膜下腫瘍と呼びます。腫瘍は正常粘膜に覆われていますが、一部表面に顔をだしていることもあります。

粘膜下腫瘍の種類には、治療のいらない良性の病変から、治療を要する悪性病変までさまざまなものがあります。最も多いものは、GIST(gastrointestinal stromal tumor:消化管間質腫瘍)です。その他、平滑筋腫や、脂肪腫、嚢胞(のうほう)、迷入膵、神経鞘腫(しんけいしょうしゅ)などがあります。

治療を要するような胃粘膜下腫瘍は、主としてGISTです。GISTは比較的まれな病気で、良性のものから転移を起こすような悪性のものまで悪性度はさまざまです。

原因

粘膜下腫瘍はさまざまな種類がありますが、最も多いGISTの原因についてご説明します。GISTの腫瘍細胞は、消化管の運動に関与しているカハール介在細胞という細胞に由来しています。c-kit遺伝子の突然変異が起こることでKIT蛋白と呼ばれる物質の異常をきたし、細胞が異常増殖を起こします。

症状

胃粘膜下腫瘍は、ほとんどの場合は無症状です。そのため、検診での上部消化管X線検査(胃バリウム検査)や内視鏡検査(胃カメラ)で偶然に見つかることが多いです。まれに、大きなものの場合には、腹痛や背部痛を認めることもあります。また粘膜下腫瘍の一部が胃の表面に顔を出し出血することで、下血が起こることもあります。

検査・診断

内視鏡検査

鼻や口から内視鏡(胃カメラ)を挿入して、胃のなかを直接観察します。胃粘膜腫瘍は表面が正常な粘膜で覆われた、立ち上がりのなだらかな隆起として観察されます。隆起の頂部にへこみや潰瘍が形成されることもあります。

大きさが20mmを超えるもの、経過のなかで大きくなったもの、潰瘍をつくったり形がいびつであったりするものに対しては、悪性病変である可能性を考えて、CT検査や超音波内視鏡検査など他の検査を追加して精査を進めていくことになります。

超音波内視鏡検査(Endoscopic ultrasound :EUS)

内視鏡検査などで胃粘膜下腫瘍と診断され、病変が大きかったり、悪性の病変が疑われたりした場合に精密検査として超音波内視鏡検査を行います。胃の内腔から腫瘍にエコーをあてることで、腫瘍が胃の壁の中のどこに存在しているか(どこから出てきた腫瘍であるか)、病変は正確にどのくらいの大きさか、腫瘍が悪性かどうか、などの評価を行うことができます。

さらにEUS-FNA(EUSガイド下穿刺吸引細胞診)という、超音波内視鏡を用いて針で病変を刺し組織を採取する検査を行うこともあります。採取した組織は顕微鏡で検査し、病理の診断をつけます。

腹部CT検査

腹部CT検査は、病変の広がり、内部の性状などを知るために用いられます。

治療

胃粘膜下腫瘍にはさまざまな種類の病変が含まれます。脂肪腫や嚢胞、迷入膵などは基本的には治療を要さず経過観察が可能です。1~2年に1回、内視鏡検査やCT検査などを行って様子をみていきます。しかしGISTの場合には転移を起こす悪性度の高いものもあるために原則的には治療が必要となります。

GISTの治療では、基本的に病変が胃に留まっているものについては外科的に切除することが原則となります。手術は、腹腔鏡によって行われる場合もあります。転移など他の部位に病変が及んでいる場合には、薬物治療(抗がん剤治療)を考慮します。こうした化学療法を行いつつ、外科的な治療や、その他の治療を組み合わせながら治療を行っていきます。

胃粘膜下腫瘍は胃の壁のなかの病変であるために切除前に確実に診断をつけることが困難です。そのため、悪性を疑わせるような所見として、大きさが2㎝を超えるとき、急激に大きくなるときなどには、切除を視野にいれて精査を進めます。また、大きさが5㎝を超えるものについては、GISTを含め何らかの悪性病変である可能性があると考えられるため、切除の適応となります。