あくせいりんぱしゅ

悪性リンパ腫

血液

目次

項目をクリックすると該当箇所へジャンプします。

概要

悪性リンパ腫とは、リンパ球(血液中の白血球のうちウイルスなど異物を個別に認識する免疫細胞)という細胞ががん化し、リンパ節をはじめとする体のいろいろな場所で増殖する病気です。

悪性リンパ腫は、大きくホジキン(Hodgkin)リンパ腫と非ホジキンリンパ腫に分類されます。この分類は治療方針の決定に非常に重要です。また、それぞれは、さらにいくつかの種類に分類されます。

特に非ホジキンリンパ腫は、どのリンパ球から発生するかなどによって多数に分類されます。同じ非ホジキンリンパ腫であっても、治療法や治療への反応はそれぞれ異なります。

原因

悪性リンパ腫の一部はウイルス感染が原因で発症しますが、多くの悪性リンパ腫では特別な原因を特定することはできません。ただし、他の多くの悪性腫瘍(がん、肉腫、白血病など)と同じように、遺伝子に異常が加わることで起こると考えられます。

遺伝子の異常は、細胞分裂の際に遺伝子が誤って複製されることで起こります。この「誤り方」の種類や量は、親からもらった体質やタバコ、化学物質、放射線などへの曝露などの環境によって変わると考えられています。

症状

悪性リンパ腫では、全身にさまざまな症状が現れますが、もっとも多いものは首の側方、脇の下、大腿の付け根、その他の体の表面のしこりです。

一方、体の深部にしこりをつくることもよくあります。その場合には、どこにしこりをつくるかによって症状が現れます。たとえば、脳にしこりをつくる場合には、からだの一部に麻痺(まひ)やしびれがでたり認知能力が低下したりするなどの神経症状が現れます。気管や太い気管支の近くにしこりをつくる場合には、咳がでることがあります。

しこりをつくる場所やしこりの大きさなどによっては、痛みがでることもあります。また、発熱・寝汗・体重減少がよくみられます。

検査・診断

血液検査

悪性リンパ腫の診断では、血液検査によってリンパ球や白血球の増加、さらに異常な形をしたリンパ腫の細胞を確認します。悪性リンパ腫では必ずしも血液中のリンパ球や白血球に異常がみられるわけではありませんが、悪性リンパ腫の腫瘍細胞からは、乳酸脱水素酵素(LDH)など通常の血液検査で測定される酵素が大量にでてくることがあり、これらの値が上昇することがあります。

また、可溶性インターロイキン2受容体(sIL-2R)という物質が血液中で増えることがあります。sIL-2Rの値が非常に高い病気の多くが悪性リンパ腫であるため、sIL-2Rは一種の腫瘍マーカーとして使われます。

画像検査

しこりが、体のどこにあるか調べることも重要です。体の表面にしこりがみつかった場合でも、体の奥の方に別のしこり(悪性リンパ腫の病変)がみつかることがあります。こうしたしこりの有無、広がり、大きさ、性質などを調べるために、PET検査や全身CT撮影などの画像検査を行います。

生検

しかし、血液検査や画像検査だけでは悪性リンパ腫の診断はできません。しこりを「生検」する(検査のためにとる)必要があります。しこりがある程度(一般に2cmがひとつの目安)以上の大きさであったり、急に大きくなったりする場合には、悪性リンパ腫を疑い生検を行います。

生検は、しこりが体の表面にあれば行いやすいですが、深部にしかない場合には、全身麻酔下の手術が必要です。

治療

悪性リンパ腫の治療では、抗がん剤を用いた化学療法を行います。また、しこりが一部分に限局している場合には、放射線照射療法を組み合わせて治療を行うこともあります。化学療法は通常繰り返し行われますが、初回だけ入院で行い、2回目以降は外来で行われることが一般化しています。

抗がん剤によって造血機能にダメージが加わることで、病原菌などに対する免疫の機能が低下(免疫抑制)すると感染症にかかる危険性が高くなるため、その予防のために薬が処方されることもあります。

ホジキンリンパ腫に対する化学療法では、ABVD療法という4種類の抗がん剤を組み合わせた治療が一般化しています。非ホジキンリンパ腫に対しては、CHOP療法という4種類の抗がん剤を組み合わせた治療を行います。

また、非ホジキンリンパ腫のひとつであるB細胞リンパ腫に対しては、一般的に一部の抗CD20抗体薬を組み合わせたR-CHOP療法を行います。さらに、一部のB細胞リンパ腫に対しては、分子標的薬と抗がん剤を組み合わせた治療を行うこともあります。

また、近年では悪性リンパ腫に対する分子標的薬や抗体薬など新しい治療薬が開発されています。

「悪性リンパ腫」に関連する他の記事
もっと見る