S414x320 fc6cccb9 b657 4161 827f 9707a61389b2

インタビュー

公開日 : 2017 年 07 月 12 日
更新日 : 2017 年 07 月 12 日

GIST(消化管間質腫瘍:Gastrointestinal Stromal Tumor)とは、胃や大腸の粘膜の下に発生する粘膜下腫瘍のなかで最も発生頻度が高い疾患です。蛋白(たんぱく)の異常な増殖により発生するGISTは、症状が現れづらい点が大きな特徴です。

GISTは胃がんや大腸がんなど、よく知られているがんと、どのような点が異なるのでしょうか。また、早期発見を可能とする診断方法はあるのでしょうか。

今回は、東邦大学医療センター大森病院の消化器センター外科 教授でいらっしゃる島田 英昭先生にGISTの原因や症状、診断までお話しいただきました。

GISTとは? カハール介在細胞の増殖により発生

GIST(消化管間質腫瘍:Gastrointestinal Stromal Tumor)とは、粘膜の下の深い場所にできる粘膜下腫瘍の一種で、食道・胃・小腸・大腸などの消化管の壁にできる腫瘍を指します。

消化管間質腫瘍 イラスト

GISTは、この粘膜下腫瘍のなかで最も多くみられる疾患であり、カハール介在細胞と呼ばれる筋肉層にある特殊な細胞が異常に増殖し、腫瘍となることで発生します。

このカハール介在細胞は胃の上部に特に多く存在することがわかっており、GISTの60〜70%は胃で発生するといわれています。そのなかでも、胃の上部に位置する穹窿(きゅうりゅう)部から体上部に発生することが多いでしょう。

胃 イラスト

胃に次いで、GISTの20〜30%が小腸、5%が大腸で発生するといわれていますが、食道における発生はほぼ認められていません。

GISTの発育形式

GISTは発育形式により、消化管壁内発育型、管内発育型、管外発育型に分けられます。なかでも、管内発育型と管外発育型は特に症状が現れづらいといわれていますが、この発育形式によりGISTの悪性度が変わることはなく、基本的にどの発育型であっても基本的な治療方針が変わることはありません。

GISTの患者数

GISTの発生頻度は明らかになっておらず推計に過ぎませんが、日本における再発あるいは切除不能のGISTの症例は、年間1,000〜1,500ほどであるといわれています。

GISTと胃がんや大腸がんとの違いは発生部位

胃がんや大腸がんなど一般的ながんとGISTの大きな違いは、発生場所にあります。胃がんや大腸がんが消化管の粘膜から発生するのに対し、GISTは粘膜の下にある筋肉層に発生するという違いがあります。このため、治療方法はもちろんですが、再発や転移の特徴も異なっています。

消化管間質腫瘍のページへ

連載記事

関連記事