かんせん

乾癬

皮膚

目次

項目をクリックすると該当箇所へジャンプします。

概要

乾癬とは、後天性の角化症(かくかしょう)のなかでも、角化した皮膚に炎症が生じる病気です。角化症では、皮膚に炎症が生じて角質が厚く硬くなり、皮膚からのふけが増えて、かゆみや痛み、ときには発熱が生じます。

日本人の発症率は人口の0.1%程度といわれていますが、近年増加傾向にあるといわれています。女性より男性に多く発症し、銀白色の分厚い角化した皮疹が現れるのが特徴です。

乾癬は病態によって大きく5つに分類され、90%を占めるのが尋常性乾癬であり、他には滴状乾癬、膿疱性感染、乾癬性紅皮症、乾癬性関節炎があります。

それぞれの病型は移行することもあれば合併することもあり、突然重症化することもあるので注意が必要です。

原因

乾癬は、皮膚が生まれ変わるまでのターンオーバーの時間が著しく短縮し、次々と新しい皮膚の細胞が産生されて一番表層にある角質が積み重なった状態となり発症します。

このようなターンオーバーの短縮がどのようなメカニズムで生じるのかは、正確には解明されていません。しかし、以下のようないくつかの要因が重なることで発症すると考えられています。

遺伝的要因

乾癬は家族内発症もみられることから、発症しやすいいくつかの遺伝子異常が考えられています。

環境的要因

外傷や紫外線、感染症、薬剤などの刺激によって誘発されると考えられています。

自己免疫的要因

免疫細胞の中の樹状細胞(じゅじょうさいぼう)やT細胞に異常が生じ、増殖した角質に慢性的な炎症を引き起こすことがわかっています。

症状

乾癬は5つに分類されますが、それぞれの症状は以下の通りです。

尋常性乾癬

乾癬の90%を占め、肘や膝、髪の毛の生え際などの物理的な刺激を受けやすい部位に多く発症します。

発症初期は赤く小さな皮疹が生じ、大きくなると表面に角質細胞が積み重なった鱗屑(りんせつ)が付着した形態になります。鱗屑は銀白色のゴワゴワした角化組織で、少しの摩擦などの刺激でぽろぽろと剥がれ落ち、かゆみを伴うこともあります。

また、爪にできることもあり、爪が変形したり穴が開いたりすることもあります。

滴状乾癬

小児に多く見られ、溶連菌感染などによって生じるタイプの乾癬です。胴体や背中、手足の付け根にできやすく、1cm未満の小さな角化した紅斑が現れます。

膿疱性乾癬

尋常性乾癬を発症した後に続発することが多いですが、乾癬の既往がなくても突然発症することがあります。

症状は重篤であり、(うみ)を含んだ水疱が出現し、破れてびらんを形成します。低たんぱく血症を誘発することもあり、急激に全身状態が悪化する危険があります。また、膿疱が全身にできると、高熱や全身倦怠感が生じます。

乾癬性紅皮症

皮疹が全身に生じ、全身の皮膚が真っ赤になって剥がれ落ちる紅皮症を発症するものです。多くは、尋常性乾癬や膿疱性乾癬に続発し、低たんぱく血症や脱水、低カルシウム血症をきたします。

乾癬性関節炎

乾癬の患者さんの10%程度にみられ、関節症状をきたすものです。全身の関節に炎症が生じ、こわばりや変形など関節リウマチ様の症状が現れます。

なかには皮疹が見られず、関節症状のみが現れることもあるので、慎重な診断が必要です。痛みは睡眠を妨げるほど強いこともまれではなく、発熱などの全身症状がみられることもあります。

検査・診断

乾癬は非常に特徴的な皮疹を形成するため、診断は多くの場合、臨床的な症状や視診を元におこなわれます。

診察上で特徴的な所見は、皮疹の鱗屑をはがすと点状出血が生じるアウスピッツ現象と、皮疹のない部位に刺激を加えると皮疹が誘発されるケブネル現象です。

これらは乾癬の診断に大いに役立ちますが、他の皮膚疾患との鑑別(見わけること)が必要な場合には、皮疹の一部を切り取って病理検査を行うことがあります。

また、滴状乾癬では溶連菌感染の有無を検査したり、膿疱性乾癬や乾癬性紅皮症では全身状態を評価するために血液検査を行ったりすることがあります。

乾癬性関節炎では、特徴的な皮疹がない場合もあるため、リウマチの検査を行い陰性であるか確認することもあります。

治療

一般的には、活性型ビタミンD3やステロイドの塗り薬が使用されます。重症な場合には、ビタミンA誘導体や免疫抑制剤の内服治療が行われることがあります。

ステロイドは塗り薬では広く使用されますが、内服薬は膿疱性乾癬を誘発することがあるので推奨されていません。

近年では重症例に対して積極的に生物学的製剤が用いられるようになり、新たな飲み薬も販売され、塗り薬の効果が少ない重症な尋常性乾癬と乾癬性関節炎に適応があります。また、塗り薬や飲み薬による治療の他に、光線療法が行われることもあります。

そのほかにも、強いかゆみに対しては抗ヒスタミン薬、痛みには消炎鎮痛剤などが用いられます。

「乾癬」に関連する他の記事
もっと見る