新型コロナウイルス感染症特設サイトはこちら
インタビュー

乾癬の種類―5種類の乾癬は、それぞれどのようなもの?

乾癬の種類―5種類の乾癬は、それぞれどのようなもの?
佐藤 佐由里 先生

山王病院 皮膚科部長

佐藤 佐由里 先生

乾癬は皮膚病の中でも原因不明とされる疾患のひとつであり、未だになぜ起こるのかが解明されていません。乾癬にはいったいどのような種類があるのでしょうか? 山王病院皮膚科部長であり、乾癬治療を専門に行っていらっしゃる佐藤佐由里先生にお話をお聞きしました。

乾癬の種類は、「尋常性乾癬」「膿疱性乾癬」「関節症性乾癬」「滴状乾癬」「乾癬性紅皮症」の5つに分類されますが、頻度的には「尋常性乾癬」である患者さんがほとんどです。

最も頻度の高い乾癬です。

全身どこにでも生じる可能性がありますが、特に機械的な刺激を受けやすい頭・肘・腰・膝などにできやすく、銀白色の落屑(皮膚の粉のようなもの)が付着した境界明瞭な紅斑が特徴です。患部にはときにかゆみを生じることがあります。尋常性乾癬は気候の変化・ストレス・肥満扁桃炎などの感染症で悪化することがあります。

重症度に応じて外用治療・光線治療・内服治療・生物学的製剤で治療します。詳しくは次の記事「乾癬の治療―5種類の治療法、それぞれの特徴・注意点とは?」をご参照ください。

膿疱性乾癬には、2つのタイプがあります。
ひとつ目は、前述の尋常性乾癬がもととなり、妊娠や感染症、ステロイド内服治療などが誘因となって全身に膿疱が発生するタイプ。
そしてふたつ目は、急な発熱とともに、急性に通常の皮膚から膿疱(黄色っぽい膿汁が中に詰まっている水疱)や落屑(皮膚の粉のようなもの)を伴う紅斑が多発するという、電撃的な発症をするタイプです。
膿疱性乾癬は乾癬の中で最も重症のため、入院で厳重な治療を要します。なお、頻度としては非常に稀で、難病指定にもなっています。

急激な発熱・全身倦怠感・全身に生じる膿疱と紅斑が現れ、特に重症な場合は、低タンパク血症を招くことがあります。

極めて重篤な状態にあるため、入院して、輸液などの全身管理をしながら、生物学的製剤、顆粒球吸着法(GCAP)など全身療法を中心に治療します。

その名のとおり、関節炎を伴う乾癬です。尋常性乾癬膿疱性乾癬・乾癬性紅皮症など他の病状に伴って見られる場合もあります。

指のDIP関節(いわゆる第一関節)と呼ばれる部分が炎症を起こし、痛みが生じます(ここは関節リウマチの好発部位とは異なります)。その他、腰痛(仙腸骨関節炎)・背部痛(脊椎炎)・足首の痛み(アキレス腱付着部炎)が生じることもあります。
いずれも放置すると、関節の破壊や変形が出て、治療をしても変形が残ってしまうことがあります。しかし、近年では早期に生物学的製剤などの投与を行うことで、変形しないうちに完全に炎症を抑える治療ができるようになってきました。

関節炎の治療は、以前はシクロスポリンやエトレチナートの内服、軽症では非ステロイド系内服薬といった薬物での治療が主体でしたが、近年、生物学的製剤(生物から産み出されるタンパク質を利用して作られた新薬)が登場してからは、治療の効果が格段に良くなり、関節炎の進行を止められるようになりました。
また、現在はリウマチで使用する薬「メソトレキサート」も効果があることがわかり、欧米に続いて日本国内でも関節症性乾癬の治療に応用できるよう準備されているところです。

細菌感染やウイルス感染に伴い、突然体のいたる箇所に滴状の乾癬の皮疹が多発するタイプの病気です。そのため、この型の乾癬の皮疹を見るときには、まず扁桃腺などに細菌が感染していないか・細菌やウイルスが体に潜んでいないか調べる検査を行います。
滴状乾癬は他の乾癬と異なり、感染症がおさまると皮疹も消失することがありますが、尋常性乾癬へ移行するケースもあります。

尋常性乾癬に準じる外用治療を主体に行いますが、抗生物質の内服など、感染症に準ずる治療も並行して行うこともあります。

まれな乾癬の重症型です。乾癬の紅斑が地図上に融合して、健常な皮膚を残さずにほぼすべての皮膚が紅斑で真っ赤に覆われた状態です。
紅皮症の状態で初めて皮膚科を受診すると、医師も目で見ただけでは薬疹アトピー性皮膚炎など、他の皮膚疾患が悪化したものと区別がつかないので、皮膚生検を行ってから乾癬が原因だと診断されるケースもあります。

重症型の乾癬として、外用治療だけでなく全身治療も行われます。

受診について相談する
「メディカルノート受診相談サービス」とは、メディカルノートにご協力いただいている医師への受診をサポートするサービスです。
まずはメディカルノートよりお客様にご連絡します。現時点での診断・治療状況についてヒアリングし、ご希望の医師/病院の受診が可能かご回答いたします。
  • 受診予約の代行は含まれません。
  • 希望される医師の受診及び記事どおりの治療を保証するものではありません。

関連の医療相談が17件あります

※医療相談は、月額432円(消費税込)で提供しておりますが、アプリからは初回のみ無料でご利用頂けます。初回利用後も、自動で課金される事はありません。

「乾癬」を登録すると、新着の情報をお知らせします

処理が完了できませんでした。時間を空けて再度お試しください

「受診について相談する」とは?

まずはメディカルノートよりお客様にご連絡します。
現時点での診断・治療状況についてヒアリングし、ご希望の医師/病院の受診が可能かご回答いたします。

  • お客様がご相談される疾患について、クリニック/診療所など他の医療機関をすでに受診されていることを前提とします。
  • 受診の際には原則、紹介状をご用意ください。