新型コロナウイルス感染症特設サイトはこちら
疾患啓発(スポンサード)

乾癬とは 発症頻度や種類について

乾癬とは 発症頻度や種類について
内田 敬久 先生

並木小磯診療所

内田 敬久 先生

目次
項目をクリックすると該当箇所へジャンプします。

乾癬(かんせん)とは、主に皮膚にカサカサとした皮疹が現れる病気であり、複数の種類が存在します。今回は、横須賀共済病院皮膚科部長、神奈川乾癖患者会相談医などを歴任し、現在では並木小磯診療所で皮膚科を担当する内田敬久先生に、乾癬の概要についてお話をうかがいました。

頭に?を浮かべている人

乾癬とは、慢性的に皮膚の表面がカサカサとし(鱗屑:りんせつ)、通常の皮膚と境界が明瞭な赤い皮疹(紅斑:こうはん)が現れる病気です。皮疹は痒みを伴います。また、関節痛や爪の変形が現れることもあります。

日本皮膚科学会によると、2018年時点での日本の発症頻度は、約1,000人に1人、0.1%ほどといわれています。男女比は2:1と男性に多くなっています。男性に多い理由は、女性よりも男性に多いメタボリックシンドローム喫煙が、乾癬の発症に関係しているからとも考えられます。発症しやすい年齢は、30代から40代です。しかし、女性の場合は10代の方にも比較的多くみられます。

乾癬の患者さんは、鱗屑が落ちることや、赤く盛り上がった皮疹によって、人目を気にしてしまいます。公衆浴場に行けない、電車のシートに鱗屑が落ちることが気になる、感染症と間違われて会社や学校から疎外される、というケースもあります。そのため、乾癬の重症度を測るスコアには、患者さんのQOL(生活の質)を評価するDLQIスコアがあり、そのスコアが高いほど重症と判断されます。それほど、乾癬は患者さんのQOLにも深く関わり、精神的にも苦痛が大きい病気です。

尋常性乾癬は、乾癬のなかでもっとも患者数が多い型であり、乾癬患者さんの約90%を占めています。通常の皮膚との境目が明瞭で、赤く盛り上がった皮疹が発生します。皮疹の表面はカサカサとしています。

 

尋常性乾癬の症例写真 
尋常性乾癬、提供:内田先生

乾癬性関節炎とは、皮疹と共に関節炎を伴う乾癬です。皮疹が先行して現れた後、関節炎が現れるケースが多いといわれています。まれに、関節炎が先行するケースもあります。関節炎は手足の指の関節に生じることが多く、肘や膝の関節、肩関節、脊椎などにも現れます。発症初期は、発赤、腫脹、疼痛、圧痛ですが、進行すると関節の変形が現れます。また、爪に病変を伴うケースもあります。乾癬性関節炎の患者数は、乾癬患者全体の約10%を占めます。

 

乾癬性関節炎(関節症性乾癬)
乾癬性関節炎、提供:内田先生

 

尋常性乾癬の爪病変
尋常性乾癬の爪病変、提供:内田先生

滴状乾癬とは、数mmの小さなカサカサとした皮疹が発生する乾癬です。若年者に多いといわれています。溶連菌感染症(溶連菌の感染により発症する疾患)との関連が強く、風邪をひくと症状が悪化し、改善すると乾癬も落ち着く患者さんも少なくありません。

 

滴状乾癬
滴状乾癬、提供:内田先生

乾癬性紅皮症とは、乾癬に皮疹が皮膚全体の80%以上を占める場合をいいます。尋常性乾癬の適切な治療を行わなかった場合などに発症するため、乾癬が進行したものと考えられています。命にかかわる可能性があり、入院による治療が必要です。近年は乾癬治療の進歩により、乾癬性紅皮症まで進行する患者さんは減ってきています。

 

乾癬性紅皮症
乾癬性紅皮症、提供:内田先生

汎発性膿疱性乾癬とは、発熱や関節痛を伴う乾癬です。拡大した紅斑の上に小嚢胞(のうほう)が多発します。汎発性膿疱性乾癬は、尋常性乾癬が進行して発症する場合と、突然発症する場合があります。乾癬性紅皮症と同じく生命を脅かす可能性があるため、通常は入院による治療が必要です。

 

汎発性膿疱性乾癬
汎発性膿疱性乾癬、提供:内田先生

薬剤の影響により発症・増悪する乾癬を、薬剤性乾癬といいます。

記事2『乾癬の原因は免疫の異常』では、これらの乾癬を発症する原因について、詳しく解説します。
 

受診について相談する
「メディカルノート受診相談サービス」とは、メディカルノートにご協力いただいている医師への受診をサポートするサービスです。
まずはメディカルノートよりお客様にご連絡します。現時点での診断・治療状況についてヒアリングし、ご希望の医師/病院の受診が可能かご回答いたします。
  • 受診予約の代行は含まれません。
  • 希望される医師の受診及び記事どおりの治療を保証するものではありません。

    「尋常性乾癬」を登録すると、新着の情報をお知らせします

    処理が完了できませんでした。時間を空けて再度お試しください

    本ページにおける情報は、医師本人の申告に基づいて掲載しております。内容については弊社においても可能な限り配慮しておりますが、最新の情報については公開情報等をご確認いただき、またご自身でお問い合わせいただきますようお願いします。

    なお、弊社はいかなる場合にも、掲載された情報の誤り、不正確等にもとづく損害に対して責任を負わないものとします。

    「受診について相談する」とは?

    まずはメディカルノートよりお客様にご連絡します。
    現時点での診断・治療状況についてヒアリングし、ご希望の医師/病院の受診が可能かご回答いたします。

    • お客様がご相談される疾患について、クリニック/診療所など他の医療機関をすでに受診されていることを前提とします。
    • 受診の際には原則、紹介状をご用意ください。