新型コロナウイルス感染症特設サイトはこちら
インタビュー

乾癬の治療―5種類の治療法、それぞれの特徴・注意点とは?

乾癬の治療―5種類の治療法、それぞれの特徴・注意点とは?
佐藤 佐由里 先生

山王病院 皮膚科部長

佐藤 佐由里 先生

皮膚疾患のひとつである「乾癬」にはいったいどのような治療法があるのでしょうか? 山王病院皮膚科部長であり、乾癬治療を専門とされている佐藤佐由里先生にお話をお聞きしました。

乾癬の治療には以下のようなものがあります。

  1. 外用療法
  2. 光線治療
  3. 内服療法
  4. 生物学的製剤
  5. 顆粒球吸着除去療法

治療は、基本的に軽症例の場合、ステロイドや活性型ビタミンD3の外用治療が中心です。それだけで完治するのが難しい場合は、光線治療(ナローバンドUVB療法、PUVA療法)が行われます。
さらに尋常性乾癬の重症例や膿疱性乾癬・関節症性乾癬などの重篤な乾癬はシクロスポリン、レチノイドの内服、生物学的製剤も使用します。特に関節症性乾癬や膿疱性乾癬、紅皮症性乾癬の場合は、外用治療に加え、発症初期から全身療法を取り入れます。

ステロイド外用剤と活性型ビタミンD3外用剤を使います。ステロイド外用剤は皮疹の炎症を抑える効果がありますが、長期使用では、皮膚が薄くなるなどの副作用が出るので、安全性の高い活性型ビタミンD3外用剤と組み合わせて使用します。

病変部に、治療効果のある波長の紫外線を当てて治療します。光線療法には、ナローバンドUVB、内服及び外用PUVA療法があります。
ナローバンドUVBの波長は311±2nmで、週に1~数回病変部に直接照射します。PUVA療法は、315~380nmの波長のUVAを光源とし、光に対する感受性を高める「ソラレン」という薬剤を塗った(または内服した)上で照射します。

光線治療の注意点としては、以下の3つがあります。

  • 過度に当たると日焼けをしたような症状になる
  • 皮膚がんになる恐れがある(長期の治療は皮膚がんのリスクを高めます)
  • 可能な限り光線が目に入らないようにする(治療中はサングラスを使用)

特に光線の総照射量は、上限を超えると皮膚がんのリスクがあがるといわれていますので、患者さんがどれくらいの総照射量を浴びたのか毎回加算しておき、その都度確認していきます。

シクロスポリン、レチノイド内服があります。
シクロスポリンは免疫を抑制する効果を利用して、皮膚の炎症や関節の炎症などを抑えます。副作用は、腎臓に負担がかかり血圧が上がってくること、風邪をひくと治りにくいことなど、全般的に体の抵抗力が少し弱まることです。

レチノイドは、乾癬で厚くなった皮膚を正常の皮膚の厚みに戻す効果があります。ただ、肝機能が悪くなることがあったり、唇などもともと皮膚の薄い部分が薄くなりすぎて、食べ物がしみたりするなどの副作用が出ることがあります。また、注意すべき副作用は、催奇形性(奇形のこどもが生まれる可能性を高めてしまう)があるため、妊娠を考える男女の患者さんは一定の期間避妊しなくてはなりません。

これは近年目覚ましく注目を集める治療法です。
生物学的製剤の登場で、重症の尋常性乾癬・関節症性乾癬・乾癬性紅皮症膿疱性乾癬の治療効果は著しく上がりました。特に、これまで、関節の変形や破壊に進んでしまった関節症性乾癬は、早期に生物学的製剤を投与することで、変形・破壊に至ることなく疾患のコントロールが可能になりました。重症の尋常性乾癬も、外用薬がほとんど必要なくなるレベルにコントロールできるような高い効果を示します。

そもそも乾癬という疾患は、様々な細胞から出される「サイトカイン」と呼ばれる物質の流れで形成されます。その流れをピンポイントで抑制するのが「抗体」です。生物学的製剤では、その「抗体」と呼ばれる薬剤を作成し、注射や点滴で投与します。

現在は抗TNF-α抗体、抗IL17抗体、抗IL12,23抗体というもので作られた製剤が使用されます。また、製剤により、治療の対象となる病型は若干違いがあります。どの薬剤を使用するのかは、患者さんと主治医で、病型だけでなく、通院頻度や年齢、重症度などから相談のうえ、決めていきます。

副作用は結核菌や肝炎ウイルスの再活性化、間質性肺炎や深在性真菌症と呼ばれる肺感染症などがあり、投与前に血液検査や胸部XP、胸部CTなど厳密な検査が必要です。また、投与開始は一定の基準で認められた医療機関でしか扱えません。また、薬が非常に高価なので、薬によっては高額医療費制度を利用し、自己負担額を軽減する手続きが必要です。

主に「難病指定」に認定されている「膿疱性乾癬」に使われる治療です。乾癬に関わる「顆粒球」と呼ばれる白血球細胞を選択的に血液中から除去して、症状を軽減させます。

受診について相談する
「メディカルノート受診相談サービス」とは、メディカルノートにご協力いただいている医師への受診をサポートするサービスです。
まずはメディカルノートよりお客様にご連絡します。現時点での診断・治療状況についてヒアリングし、ご希望の医師/病院の受診が可能かご回答いたします。
  • 受診予約の代行は含まれません。
  • 希望される医師の受診及び記事どおりの治療を保証するものではありません。

関連の医療相談が17件あります

※医療相談は、月額432円(消費税込)で提供しておりますが、アプリからは初回のみ無料でご利用頂けます。初回利用後も、自動で課金される事はありません。

「乾癬」を登録すると、新着の情報をお知らせします

処理が完了できませんでした。時間を空けて再度お試しください

「受診について相談する」とは?

まずはメディカルノートよりお客様にご連絡します。
現時点での診断・治療状況についてヒアリングし、ご希望の医師/病院の受診が可能かご回答いたします。

  • お客様がご相談される疾患について、クリニック/診療所など他の医療機関をすでに受診されていることを前提とします。
  • 受診の際には原則、紹介状をご用意ください。