北里大学北里研究所病院 院長補佐・眼科部長

日本眼科学会 眼科専門医・眼科指導医 日本抗加齢医学会 評議員・抗加齢専門医

川北 哲也 かわきた てつや 先生

公開日
2022/06/08

基本情報

診療科・主な得意領域

  • 眼科
  • 【疾患】難治性眼表面疾患【治療法】羊膜移植、角膜移植
  • 【疾患】再発翼状片、偽翼状片【治療法】羊膜移植
  • 【疾患】重症ドライアイ【治療法】涙点プラグ、点眼、内服など
  • 【疾患】前部眼瞼縁炎(睫毛ダニ)【治療法】眼瞼清浄、軟膏
  • 【疾患】角膜輪部機能不全【治療法】眼表面再建術、上皮シート移植(再生医療)

資格・学会・役職

日本眼科学会 眼科専門医・眼科指導医
日本抗加齢医学会 評議員・抗加齢専門医
  • 北里大学北里研究所病院 院長補佐・眼科部長
  • 慶應義塾大学医学部眼科 客員講師
  • 東京歯科大学市川総合病院眼科 非常勤講師
  • 医学博士
  • 北里大学医学部眼科学 准教授
  • 東京都 難病指定医
  • 身体障害者福祉法 第15条指定医師

所属病院

北里大学北里研究所病院

  • 内科 アレルギー科 リウマチ科 外科 精神科 呼吸器外科 消化器外科 腎臓内科 整形外科 形成外科 美容外科 皮膚科 泌尿器科 婦人科 眼科 耳鼻咽喉科 リハビリテーション科 放射線科 麻酔科 乳腺外科 呼吸器内科 循環器内科 消化器内科 内分泌内科 代謝内科 膠原病内科 脳神経内科 血管外科 病理診断科
  • 東京都港区白金5丁目9-1
  • 東京メトロ日比谷線 広尾 1・2番出口 徒歩10分 東京メトロ南北線 白金高輪 3番出口 徒歩13分 東京メトロ日比谷線 広尾 1・2番出口 徒歩10分 東京メトロ南北線 白金高輪 3番出口 徒歩13分
  • 03-3444-6161
公式ウェブサイト
北里大学北里研究所病院

医療記事

来歴等

略歴

1988年 三重県立津高等学校 卒業
1995年 金沢大学医学部医学科 卒業
1995年 第89回医師国家試験 合格
2000年 名古屋大学大学院医学系研究科博士課程 修了
2000年 東京歯科大学市川総合病院 眼科 角膜フェロー
2002年 国外留学(米国Ocular Surface Center, Miami, FL)
2006年 東京歯科大学市川総合病院 眼科 講師
2007年 慶應義塾大学医学部眼科学教室 専任講師
2016年 北里大学北里研究所病院 眼科部長
2019年 北里大学医学部眼科学 講師
2022年 北里大学医学部眼科学 准教授

論文

  • 1. Espana EM, He H, Kawakita T, Di Pascuale MA, Raju VK, Liu CY,Tseng SC. Human keratocytes cultured on amniotic membrane stroma preserve morphology and express keratocan. Invest Ophthalmol Vis Sci. 44(12):5136-41, 2003.

  • 2. Espana EM, Kawakita T, Romano A, Di Pascuale M, Smiddy R, Liu CY, Tseng SC. Stromal niche controls the plasticity of limbal and corneal epithelial differentiation in a rabbit model of recombined tissue. Invest Ophthalmol Vis Sci. 44(12):5130-5, 2003.

  • 3. Espana EM, Romano AC, Kawakita T, Di Pascuale M, Smiddy R, Tseng SC. Novel enzymatic isolation of an entire viable human limbal epithelial sheet. Invest Ophthalmol Vis Sci. 44(10):4275-81, 2003.

  • 4. Di Pascuale MA, Espana EM, Kawakita T, Tseng SC. Clinical characteristics of conjunctivochalasis with or without aqueous tear deficiency. Br J Ophthalmol, 88(3):388-92, 2004.

  • 5. Espana EM, Di Pascuale MA, He H, Kawakita T, Raju VK, Liu CY, Tseng SC. Characterization of corneal pannus removed from patients with total limbal stem cell deficiency. Invest Ophthalmol Vis Sci. 45(9):2961-6, 2004.

  • 6. Espana EM, Kawakita T, Liu CY, Tseng SC. CD-34 expression by cultured human keratocytes is downregulated during myofibroblast differentiation induced by TGF-beta1. Invest Ophthalmol Vis Sci. 45(9):2985-91, 2004.

  • 7. Kawakita T, Espana EM, He H, Yeh LK, Liu CY, Tseng SC. Calcium-induced abnormal epidermal-like differentiation in cultures of mouse corneal-limbal epithelial cells. Invest Ophthalmol Vis Sci. 45(10):3507-12, 2004.

  • 8. Kawakita T, Takano Y, Asano-Kato N, Tanaka M, Dogru M, Goto E, Tsubota K, Takahashi S, Fukagawa K, Fujishima H. Quantitative evaluation of eyelid elasticity using the cutometer SEM575 and its clinical application in assessing the efficacy of tacrolimus ointment treatment in eyelid atopic dermatitis. Cornea, 23(5):468-71, 2004.

  • 9. Tseng SC, Espana EM, Kawakita T, Di Pascuale MA, Li W, He H, Liu TS, Cho TH, Gao YY, Yeh LK, Liu CY. How does amniotic membrane work? Ocul Surf, 2(3):177-87, 2004.

  • 10. Espana EM, Kawakita T, Di Pascuale MA, Li W, Yeh LK, Parel JM, Liu CY, Tseng SC. The heterogeneous murine corneal stromal cell populations in vitro. Invest Ophthalmol Vis Sci, 46(12):4528-35, 2005.

  • 11. Kawakita T, Espana EM, He H, Hornia A, Yeh LK, Ouyang J, Liu CY, Tseng SC. Keratocan expression of murine keratocytes is maintained on amniotic membrane by down-regulating transforming growth factor-beta signaling. J Biol Chem, 280(29):27085-92, 2005.

  • 12. Kawakita T, Espana EM, He H, Li W, Liu CY, Tseng SC. Intrastromal invasion by limbal epithelial cells is mediated by epithelial-mesenchymal transition activated by air exposure. Am J Pathol, 167(2):381-93, 2005.

  • 13. Kawakita T, Espana EM, He H, Smiddy R, Parel JM, Liu CY, Tseng SC. Preservation and expansion of the primate keratocyte phenotype by downregulating TGF-beta signaling in a low-calcium, serum-free medium. Invest Ophthalmol Vis Sci, 47(5):1918-27, 2006.

  • 14. Kawashima M, Kawakita T, Den S, Shimmura S, Tsubota K, Shimazaki J. Comparison of deep lamellar keratoplasty and penetrating keratoplasty for lattice and macular corneal dystrophies. Am J Ophthalmol, 142(2):304-9, 2006.

  • 15. Li W, He H, Kawakita T, Espana EM, Tseng SC. Amniotic membrane induces apoptosis of interferon-gamma activated macrophages in vitro. Exp Eye Res, 82(2):282-92, 2006.

  • 16. Li W, He H, Kuo CL, Gao Y, Kawakita T, Tseng SC. Basement membrane dissolution and reassembly by limbal corneal epithelial cells expanded on amniotic membrane. Invest Ophthalmol Vis Sci, 47(6):2381-9, 2006.

  • 17. Kawakita T, Shimmura S, Hornia A, Higa K, Tseng SC. Stratified epithelial sheets engineered from a single adult murine corneal/limbal progenitor cell. J Cell Mol Med, 12(4):1303-16, 2008.

  • 18. Kawakita T, Kawashima M, Murat D, Tsubota K, Shimazaki J. Measurement of fornix depth and area: a novel method of determining the severity of fornix shortening. Eye (Lond), 23(5):1115-9, 2009.

  • 19. Kawakita T, Shimmura S, Higa K, Espana EM, He H, Shimazaki J, Tsubota K, Tsang SC. Greater growth potential of p63-positive epithelial cell clusters maintained in human limbal epithelial sheets. Invest Ophthalmol Vis Sci, 50(10):4611-7, 2009.

  • 20. Kawakita T, Higa K, Shimmura S, Tomita M, Tsubota K, Shimazaki J. Fate of corneal epithelial cells separated from limbus in vivo. Invest Ophthalmol Vis Sci, 52(11):8132-7, 2011.

  • 21. Kawashima M, Kawakita T, Inaba T, Okada N, Ito M, Shimmura S, Watanabe M, Shinmura K, Tsubota K.. Dietary lactoferrin alleviates age-related lacrimal gland dysfunction in mice. PLoS One, 7(3):e33148, 2012.

  • 22. Kobayashi S, Kawakita T, Kawashima M, Okada N, Mishima K, Saito I, Ito M, Shimmura S, Tsubota K. Characterization of cultivated murine lacrimal gland epithelial cells. Mol Vis, 18:1271-7, 2012.

  • 23. Uchino Y, Kawakita T, Miyazawa M, Ishii T, Onouchi H, Yasuda K, Ogawa Y, Shimmura S, Ishii N, Tsubota K. Oxidative stress induced inflammation initiates functional decline of tear production. PLoS One, 7(10):e45805, 2012.

  • 24. Kawakita T, Espana EM, Higa K, Kato N, Li W, Tseng SC. Activation of Smad-mediated TGF-beta signaling triggers epithelial-mesenchymal transitions in murine cloned corneal progenitor cells. J Cell Physiol, 228(1):225-34, 2013.

  • 25. Kawakita T, Kawabata F, Tsuji T, Kawashima M, Shimmura S, Tsubota K. Effects of dietary supplementation with fish oil on dry eye syndrome subjects: randomized controlled trial. Biomed Res, 34(5):215-20, 2013.

  • 26. Kawakita T, Shimmura S, Tsubota K. Effect of Oral Pilocarpine in Treating Severe Dry Eye in Patients With Sjogren Syndrome. Asia Pac J Ophthalmol (Phila), 4(2):101-5, 2015.

  • 27. Ikeura K, Kawakita T, Tsunoda K, Nakagawa T, Tsubota K. Characterization of Long-Term Cultured Murine Submandibular Gland Epithelial Cells. PLoS One, 11(1):e0147407, 2016.

  • 28. Liu Y, Hirayama M, Kawakita T, Tsubota K. A Ligation of the Lacrimal Excretory Duct in Mouse Induces Lacrimal Gland Inflammation with Proliferative Cells. Stem Cells Int, 4923426, 2017.

  • 29. Okada N, Kawakita T, Ito M, Tsubota K. Aquaporins 8 and 9 as Possible Markers for Adult Murine Lacrimal Gland Cells. Biomed Res Int, Sep 9;2021:6888494.

著書

  • 1. 川北哲也:目の傷害(外科的症状), デンタルダイヤモンド増刊号, 歯科総合出版社, 東京, 2001, 18-20頁.

  • 2.川北哲也, 後藤英樹 : 術前検討事項—手術器具,:血清点眼, 角膜移植ガイダンス, 南江堂, 東京, 2002, 21-24頁.81-83頁.

  • 3. 川北哲也, Scheffer C.G.Tseng:海外情報1 “Ocular Surface Center”, 再生医療, メディカルレビュー社, 東京, 2003, 120-122頁.

  • 4. 川北哲也, Scheffer C.G.Tseng:海外情報 「米国における角膜再生医療の現状」, 再生医療, メディカルレビュー社, 東京, 2005, 123-126頁.

  • 5. 川北哲也:毛嚢虫眼瞼炎、写真セミナー, あたらしい眼科, メディカル葵出版, 東京, 2005, 1635-1636頁.

  • 6. 川北哲也, 坪田一男 : 7.眼の老化, アンチエイジング医学−その理論と実践−, 診断と治療社, 東京, 2006, 100-104頁.

  • 7. 川北哲也, 坪田一男 : 第3章第1節 視力, アクティブシニア社会の食品開発指針, サイエンスフォーラム, 千葉, 2006, 113-116頁.

  • 8. 川北哲也:アトピー性眼瞼炎の治療, Q&Aでわかるアレルギー疾患2, 丹水社, 2007, (124): 135-137頁.

  • 9. 川北哲也, 高静花:Topics AAO 2006, Frontiers in Dry Eye, メディカルレビュー社, 東京, 2007 4(2); 36-37頁.

  • 10. 川北哲也, 榛村重人:角膜上皮幹細胞と輪部ニッチ, 再生医療学会誌 メディカルレビュー社, 東京, 2007, 33-36頁.

  • 11. 川北哲也:私が思うこと 人生の節目となる出会い, あたらしい眼科, メディカル葵出版, 東京, 2007 24(8); 1063-1064頁.

  • 12. 川北哲也, 坪田一男 : 感覚器のアンチエイジング. 眼(視力、視覚), 病気予防百科 100歳まで元気人生, 日本医療企画, 東京, 2007, 172-173頁.

  • 13. 川北哲也, 坪田一男:眼の年齢, アンチエイジングドッグの理論と実践, 診断と治療社, 東京, 2007, 49-65頁.

  • 14. 川北哲也, 坪田一男 : 第2部 細胞組織利用製品 第3節 角膜, バイオ医薬品の開発と品質安全性確保, エルアイシー出版, 東京, 2007, 501-509頁.

  • 15. 川北哲也 : 飛蚊症、光視症,:充血:しゅう明:眼球突出:眼球陥凹:夜盲:昼盲, TEXT眼科, 改訂2版, 南山堂, 東京, 2007, 89-99頁.

  • 16. 川北哲也 : アトピー性角結膜炎に伴う眼瞼縁炎とは?, Q&Aでわかるアレルギー疾患3(2), 丹水社, 東京, 2008, 135-137頁.

  • 17. 川北哲也, 坪田一男:抗加齢と再生医療の接点-ステムセルエイジングと活性酸素, 炎症と免疫, 先端医学社, 東京, 2008, 16(1);35-40. 

  • 18. 川北哲也:主要疾患における患者指導の必須3項目, 眼科ケア, メディカ出版,大阪, 2008, 10(2),107頁. 

  • 19. 川北哲也:サプリメントサイエンスセミナー:糖吸収抑制ファイバー, あたらしい眼科, メディカル葵出版, 東京, 2008, 1683-1684頁.

  • 20. 榛村重人, 小沢洋子, 川北哲也, 坪田一男:特別記事iPS 細胞への期待 眼科領域から再生医療-, 日本再生医療学会雑誌, メディカルレビュー社, 東京, 2008, 98-99頁.

  • 21. 川北哲也:ステムセルエイジングから見たアンチエイジング医学, アンチエイジング医学の基礎と臨床, 改訂2版, メジカルビュー社, 東京, 2008, 47-48頁.

  • 22. 川北哲也:14.老眼を進ませない方法はありますか?, 患者さんから浴びせられる眼科疾患100の質問—達人はどう答え,どう対応するか—, メディカルレビュー社, 東京, 2008, 54-55頁.

  • 23. 川北哲也, 坪田一男:第3章 細胞の利用2.前駆細胞、幹細胞 9)角膜 培養角膜上皮シートの臨床応用, 遺伝子医学MOOK13号再生誘導治療, メディカルドゥ, 大阪, 2009, 221−224頁.

  • 24. 川北哲也:研修医の到達目標,:教科書、参考書の選び方, 眼科研修医ノート, 診断と治療社, 東京, 2009, 18-22頁.

  • 25. 川北哲也:国内学会の概要, 新眼科レジデント戦略ガイド, 診断と治療社, 東京, 2009, 55-63頁.

  • 26. 川北哲也:4角膜移植 1)DALK, 眼科最新手術 臨時増刊号, 金原出版, 東京, 2011, 1427-1431頁.

  • 27. 川北哲也.:涙腺 臨床における機能的涙腺再生, 再生医療叢書, 朝倉書店, 東京, 2013, 18-24頁.

  • 28. 川北哲也:Demodex 眼瞼疾患総論, 眼感染症診療マニュアル, 医学書院, 東京, 2014, 74-76頁.

  • 29. 川北哲也:上皮混濁各論 眼類天疱瘡 角膜混濁のすべて, 専門医のための眼科診療クオリファイ, 中山書店, 東京, 2014, 53-56頁.

  • 30. 川北哲也. 大倉萬佐子:視機能低下の予防, モダンフィジシャン, 新興医学出版社, 東京, 2018, 365-367頁.

受賞

  • 1. 2004年 Tear Film & Ocular Surface Society(TFOS) travel grants授与

  • 2. 2005年 ARVO コーワトラベルグラント授与

  • 3. 2007年 日本角膜学会学術奨励賞受賞

  • 4. 2011年 日本眼科学会学術奨励賞受賞

  • 5. 2012年 第17回ロート製薬 ROHTO AWARD(ロードアワード)受賞

本ページにおける情報は、医師本人の申告に基づいて掲載しております。内容については弊社においても可能な限り配慮しておりますが、最新の情報については公開情報等をご確認いただき、またご自身でお問い合わせいただきますようお願いします。

なお、弊社はいかなる場合にも、掲載された情報の誤り、不正確等にもとづく損害に対して責任を負わないものとします。