川崎医科大学 検査診断学(内視鏡・超音波) 教授、川崎医科大学総合医療センター 中央検査科 部長

日本内科学会 認定内科医・総合内科専門医 日本消化器病学会 消化器病専門医・消化器病指導医 日本消化器内視鏡学会 消化器内視鏡専門医・消化器内視鏡指導医 日本消化管学会 胃腸科専門医・胃腸科指導医 日本消化器がん検診学会 認定医 日本食道学会 食道科認定医 日本超音波医学会 超音波専門医・超音波指導医 日本ヘリコバクター学会 H. pylori(ピロリ菌)感染症認定医

眞部 紀明 まなべ のりあき 先生

公開日
2022/06/22

基本情報

診療科・主な得意領域

  • 消化器内科
  • 【疾患名】機能性上部消化管疾患【治療法】内科的治療
  • 【疾患名】アレルギー性消化管疾患(好酸球性食道炎など)【治療法】内科的治療
  • 【疾患名】酸関連疾患(逆流性食道炎など)【治療法】内科的治療
  • 【疾患名】機能性下部消化管疾患【治療法】内科的治療
  • 【疾患名】小腸疾患【治療法】内科的治療

資格・学会・役職

日本内科学会 認定内科医・総合内科専門医
日本消化器病学会 消化器病専門医・消化器病指導医
日本消化器内視鏡学会 消化器内視鏡専門医・消化器内視鏡指導医
日本消化管学会 胃腸科専門医・胃腸科指導医
日本消化器がん検診学会 認定医
日本食道学会 食道科認定医
日本超音波医学会 超音波専門医・超音波指導医
日本ヘリコバクター学会 H. pylori(ピロリ菌)感染症認定医
  • 川崎医科大学 検査診断学(内視鏡・超音波) 教授
  • 川崎医科大学総合医療センター 中央検査科 部長

所属病院

川崎医科大学総合医療センター

  • 内科 外科 心療内科 脳神経外科 小児科 整形外科 形成外科 皮膚科 泌尿器科 産婦人科 眼科 耳鼻咽喉科 リハビリテーション科 放射線科 歯科 歯科口腔外科 麻酔科 病理診断科
  • 岡山県岡山市北区中山下2丁目6-1
  • 清輝橋線 田町 徒歩2分 清輝橋線 田町 徒歩2分 清輝橋線 田町 徒歩2分
  • 086-225-2111
公式ウェブサイト
川崎医科大学総合医療センター

医療記事

来歴等

略歴

1993年 広島大学 医学部 医学科 卒業
2003年 広島大学大学院 修了 医学博士取得
2003年 広島大学病院 光学医療診療部 医員
2006年 川崎医科大学 検査診断学(内視鏡・超音波) 講師
2009年 米国Mayo Clinic, Clinical Enteric Neuroscience Translational and Epidemiological Research(CENTER) 留学
2016年 川崎医科大学 検査診断学(内視鏡・超音波) 准教授
2018年 川崎医科大学 検査診断学(内視鏡・超音波) 教授

論文

  • 1. Clinical presentation and therapeutic outcome of patients with jackhammer esophagus-a multicenter cohort study in Japan. Esophagus 2022 Mar 6. doi: 10.1007/s10388-022-00916-7.

    Hosaka H, Kawami N, Manabe N, et al.

  • 2. Beige mucosa observable under narrow-band imaging indicates the active sites of eosinophilic esophagitis. J Gastroenterol Hepatol 2022; 37: 891-7.

    Ayaki M, Manabe N, Tomida A, et al.

  • 3. Evidence-based clinical practice guidelines for gastroesophageal reflux disease 2021. J Gastroenterol 2022; 57: 267-85.

    Iwakiri K, Fujiwara Y, Manabe N, et al.

  • 4. A retrospective study of the differences in the induction of regulatory T cells between adult patients with eosinophilic esophagitis and gastroesophageal reflux disease. Dig Dis Sci 2022 Jan 15. doi: 10.1007/s10620-021-07355-x.

    Ayaki M, Manabe N, Nakamura J, et al.

  • 5. Differences in upper esophageal sphincter function and clinical characteristics among the three subtypes of Japanese patients with esophageal achalasia. Esophagus 2022; 19: 316-23.

    Katsumata R, Manabe N, Ayaki M, et al.

  • 6. Epidemiological Review of Gastroesophageal Junction Adenocarcinoma in Asian Countries. Digestion 2022; 103: 29-36.

    Manabe N, Matsueda K, Haruma K.

  • 7. Measurement of low-grade inflammation of the esophageal mucosa with electrical conductivity shows promise in assessing PPI responsiveness in patients with GERD. Am J Physiol Gastrointest Liver Physiol 2021; 321: G29-G40.

    Manabe N, Yamamoto T, Matsusaki M, et al.

  • 8. Clinical significance of esophagogastroduodenoscopy in patients with esophageal motility disorders. Dig Endosc 2021; 33: 753-60.

    Matsubara M, Manabe N, Ayaki M, et al.

  • 9. Differences in salivary secretory function between patients with erosive esophagitis and those with nonerosive reflux disease. J Gastroenterol Hepatol 2018; 33: 807-13.

    Manabe N, Haruma K, Kusunoki H, et al.

  • 10. Diagnosis and treatment of dyspeptic patients in Japan. J Gastroenterol Hepatol 2011; 26 Suppl 3: 27-31.

    Manabe N, Haruma K.

著書

  • 1. 眞部紀明, 春間 賢.第3章 各論②疾患編—検査法と診断4.消化管疾患. 内科総合誌 Medical Practice 臨床検査の考え方と進め方 (村田満. 編). 文光堂. 東京. 2021, 236-40.

  • 2. 眞部紀明, 春間 賢, 畠 二郎. 消化管の超音波検査. 改訂版第9版 内科学書(南方正臣. 編). 中山書店. 東京. 2019, 33-7.

  • 3. 眞部紀明. かかりつけ医のための便秘・便失禁診療Q&A (Q08 慢性便秘症の病態はどの様なものか?)(中島 淳 編),日本医事新報社. 東京. 2019, 22-4.

  • 4. 眞部紀明. 食道・胃・十二指腸の診療アップデート (食道high resolution manometry)(木下芳一 編), 中山書店. 東京. 2017, 114?8.

  • 5. 眞部紀明. 消化器疾患最新の治療2017~2018 (食道炎,食道潰瘍およびGERD,NERD)(小池和彦/山本博徳/瀬戸泰之 編). 南江堂. 東京. 2017, 109?13.

  • 6. 眞部紀明 消化管の機能性疾患 診療マニュアル (機能性胸やけ)(三輪洋人 編). 診断と治療社. 東京,2015, 37-45.

  • 7. 眞部紀明,春間 賢. 好酸球性消化管疾患診療ガイド(木下芳一 編) (II 好酸球性食道炎 3. 鑑別疾患 Bアカラシア),南江堂. 東京. 2014, 34?7.

  • 8. 眞部紀明,畠 二郎,春間 賢. 機能性食道疾患—GERDと機能性食道障害—(木下芳一 編) (疫学),最新医学社. 東京. 2013, 23-9.

  • 9. 眞部紀明,楠 裕明,春間 賢. GERD+NERD診療Q&A (草野元康 編) (NERDの特徴はどんなものですか?functional heartburnとの違いがわかりません.). 日本医事新報社. 東京. 2011, 7-11.

  • 10. 眞部紀明,楠 裕明,春間 賢. FD診療Q&A(本郷道夫 編) (FDは長期的にどのような経過をたどるのでしょうか.). 日本医事新報社. 東京. 2011, 151?6.

受賞

  • 1. 2014年 Japan Gut Club研究奨励助成金 (奨励賞)

  • 2. 2014年19th AstraZeneca GERD Award, second prize

  • 3. 2010年15th AstraZeneca GERD Award, second prize

  • 4. 2008年 13th AstraZeneca GERD Award, First prize

  • 5. 2007年The Best Image in Ultrasound 2007, 腹部・表在部門 最優秀賞

  • 6. 2006年11th AstraZeneca GERD Award, First prize

  • 7. 2006年 10th world congress of international society for Disease of the Esophagus, Prize for best abstract

  • 8. 2002年7th AstraZeneca GERD Award, second prize

  • 9. 2000年5th AstraZeneca GERD Award, second prize

本ページにおける情報は、医師本人の申告に基づいて掲載しております。内容については弊社においても可能な限り配慮しておりますが、最新の情報については公開情報等をご確認いただき、またご自身でお問い合わせいただきますようお願いします。

なお、弊社はいかなる場合にも、掲載された情報の誤り、不正確等にもとづく損害に対して責任を負わないものとします。