新型コロナウイルス感染症特設サイトはこちら

岡山大学病院 病院長/放射線科 科長、岡山大学 大学院医歯薬学総合研究科 放射線医学教授

日本医学放射線学会 放射線診断専門医 日本核医学会 核医学専門医 日本IVR学会 IVR専門医 日本超音波医学会 超音波指導医・超音波専門医

金澤 右 かなざわ すすむ 先生

1981年より医師としてのキャリアをスタートさせた。放射線科医師として勤務する中で、TACE(肝動脈化学塞栓術)の経験を機にIVRに魅力を感じ、以来修練を重ね、IVRのスペシャリストとして活躍。現在は岡山大学病院の病院長として、中四国の診療・研究をリードする伝統を継続し、さらに診療、経営など様々な改革にも取り組む。

基本情報

診療科・主な得意領域

  • 放射線科
  • 放射線診断 IVR(インターベンショナル・ラジオロジー)

資格・学会・役職

日本医学放射線学会 放射線診断専門医
日本核医学会 核医学専門医
日本IVR学会 IVR専門医
日本超音波医学会 超音波指導医・超音波専門医
  • 医学博士 取得
  • 厚生労働省 臨床修練指導医
  • 日本医学放射線学会 理事/代議員
  • 日本IVR学会 理事/代議員
  • 日本ラジオロジー協会 副理事長
  • 日本核医学会 評議員
  • 日本肺癌学会 評議員
  • 日本脈管学会 評議員
  • 日本癌治療学会 代議員
  • Radiological Society of North America 会員
  • American Roentgen Ray Society 会員
  • Society of Interventional Radiology 会員
  • Cardiovascular and Interventional Radiology Society of Europe 会員
  • 岡山大学病院 病院長/放射線科 科長
  • 岡山大学 大学院医歯薬学総合研究科 放射線医学教授

所属病院

岡山大学病院

  • 内科 アレルギー科 血液内科 リウマチ・膠原病内科 外科 精神科 神経内科 脳神経外科 呼吸器外科 消化器外科 腎臓内科 心臓血管外科 小児科 小児外科 整形外科 形成外科 皮膚科 泌尿器科 産婦人科 眼科 耳鼻咽喉科 放射線科 歯科 矯正歯科 小児歯科 歯科口腔外科 麻酔科 乳腺外科 呼吸器内科 循環器内科 緩和ケア内科 腫瘍内科 感染症内科 消化器内科 糖尿病内科 内分泌内科 脳神経内科 肝胆膵外科 内分泌外科 精神神経科 総合診療科 病理診断科
  • 岡山県岡山市北区鹿田町2丁目5-1
  • 清輝橋線 清輝橋 徒歩10分 JR山陽本線(姫路~岡山) 岡山 バス利用可能(東口バスターミナル 岡電バス 大学病院入口、または大学病院構内下車) 車10分
  • 086-223-7151
公式ウェブサイト
岡山大学病院

医療記事

来歴等

略歴

1981年 岡山大学医学部卒業
1989年 米国テキサス大学MDアンダーソンがんセンター
1992年 岡山大学医学部附属病院放射線科 助手
2000年 岡山大学医学部附属病院中央放射線部 助教授
2001年 岡山大学大学院医歯学総合研究科 助教授
2004年 岡山大学大学院医歯学総合研究科 教授
     岡山大学大学院医歯薬学総合研究科教授、岡山大学病院副病院長
     岡山大学病院IVRセンター長など歴任
2017年 岡山大学理事、岡山大学病院病院長

論文

1) Susumu Kanazawa, Kenneth C. Wright, Leela P. Kasl, Chusllp Charnsangavej, Sidney Wallace:Preliminary experimental evaluation of temporary segmental hepatic venous occlusion: angiographic, pathologic, and scintigraphic findings. J Vasc Interv Radiol.4(6):759-766,1993.

2) Susumu Kanazawa, Akio Ando, Kotaro Yasui, Akio Tanaka, Yoshio Hiraki: Localization of small pulmonary nodules for thoracoscopic resection: use of a newly developed hookwire system. Cardiovasc Intervent Radiol.18(2):122-124,1995.

3) Susumu Kanazawa, Kotaro Yasui, Tetsuya Doke, Yoshimi Mitogawa, Yoshio Hiraki: Hepatic angiography in patients with hepatocellular carcinoma: changes in findings caused by balloon occlusion of tumor draining hepatic veins. Am J Roentgenol.165(6)1415-1419,1995.

4) Sususmu Kanazawa, Akio Ando, Kotaro Yasui, Masahiko Mitani, Yoshio Hiraki, Nobuyoshi Shimizu Daisaburo Hamanaka, Kanji Kojima: Localization of pulmonary nodules for thoracoscopic resection: Experience with a system using a short hookwire and suture. Am J Roentgenol.170(2):332-334,1998.

5) Takao Hiraki, Hideo Gobara, Tatsuhiko Iishi, Yoshifumi Sano, Toshihiro Iguchi, Hiroyasu Fujiwara, Nobuhisa Tajiri, Jun Sakurai, Hiroshi Date, Hidefumi Mimura, Susumu Kanazawa: Percutaneous radiofrequency ablation for clinical stage Ⅰ non-small cell lung cancer: Results in nonsurgical candidates. J Thorac Cardiovasc Surg.134(5):1306-1312,2007.

6) Hiraki T, Mimura H, Gobara H, Iguchi T, Fujiwara H, Sakurai J, Matsui Y, Inoue D, Toyooka S, Sano Y, Kanazawa S: CT Fluoroscopy-Guided Biopsy of 1,000 Pulmonary Lesions Performed With 20-Gauge Coaxial Cutting Needles: Diagnostic Yield and Risk Factors for Diagnostic Failure. Chest.136(6):1612-1617,2009.

7) Hiraki T, Kamegawa T, Matsuno T, Sakurai J, Kirita Y, Matsuura R, Yamaguchi T, Sasaki T, Mitsuhashi T, Komaki T, Masaoka Y, Matsui Y, Fujiwara H, Iguchi T, Gobara H, Kanazawa S:Robotically Driven CT-guided Needle Insertion: Preliminary Results in Phantom and Animal Experiments.Radiology.285(2):454-461,2017.

著書

1) 2015「凍結療法」64-65メディカルレビュー社,金澤 右,2015年.
2) 巨視的レベルよりみた肝微少循環動態と腫瘍血流の流出状態「一時的肝静脈閉塞下の肝血流動態について」12-13メディカルトリビューン社,金澤 右,平木隆夫,平木祥夫,2001年.
3) 血管造影からみた小腸・大腸の解剖. 「新・画像診断のための解剖図譜5・消化管・腹部」442-151メジカルビュー社,平木祥夫,金澤 右,1990年.
4) IVR看護ナビゲーション「IVR各論:肺 5.経皮的肺生検」71-72,医学書院,平木隆夫,金澤 右,2010年.
5) 放射線医学 放射線医学総論「1ラジオ波焼灼療法とは何か2ラジオ波焼灼療法の原理と方法3ラジオ波焼灼療法の臨床21ラジオ波焼灼療法(RFA)」130-131金芳堂,金澤 右,2012年.

本ページにおける情報は、医師本人の申告に基づいて掲載しております。内容については弊社においても可能な限り配慮しておりますが、最新の情報については公開情報等をご確認いただき、またご自身でお問い合わせいただきますようお願いします。

なお、弊社はいかなる場合にも、掲載された情報の誤り、不正確等にもとづく損害に対して責任を負わないものとします。