新型コロナウイルス感染症特設サイトはこちら

岡山大学 大学院医歯薬学総合研究科 消化器・肝臓内科学 准教授

日本内科学会 認定内科医・総合内科専門医 日本消化器病学会 消化器病専門医・消化器病指導医 日本肝臓学会 肝臓専門医・肝臓指導医 日本消化器内視鏡学会 消化器内視鏡専門医 日本透析医学会 透析専門医 日本移植学会 移植認定医

高木 章乃夫 たかき あきのぶ 先生

1990年より消化器内科医師としてキャリアをはじめる。2012年には岡山大学消化器内科准教授に就任。急性・慢性肝炎、肝硬変、肝癌、肝移植へのブリッジ、肝移植後、とつながる肝疾患患者の全領域をカバーする臨床と研究に取り組んでいる。

基本情報

診療科・主な得意領域

  • 消化器内科
  • 肝臓関連
  • 急性・慢性肝炎
  • 消化器内科全般

資格・学会・役職

日本内科学会 認定内科医・総合内科専門医
日本消化器病学会 消化器病専門医・消化器病指導医
日本肝臓学会 肝臓専門医・肝臓指導医
日本消化器内視鏡学会 消化器内視鏡専門医
日本透析医学会 透析専門医
日本移植学会 移植認定医
  • 岡山大学 大学院医歯薬学総合研究科 消化器・肝臓内科学 准教授
  • 医学博士 取得
  • 日本内科学会 中国支部評議員
  • 日本消化器病学会 評議員
  • 日本肝臓学会 西部会評議員

所属病院

岡山大学病院

  • 内科 アレルギー科 血液内科 リウマチ・膠原病内科 外科 精神科 神経内科 脳神経外科 呼吸器外科 消化器外科 腎臓内科 心臓血管外科 小児科 小児外科 整形外科 形成外科 皮膚科 泌尿器科 産婦人科 眼科 耳鼻咽喉科 放射線科 歯科 矯正歯科 小児歯科 歯科口腔外科 麻酔科 乳腺外科 呼吸器内科 循環器内科 緩和ケア内科 腫瘍内科 感染症内科 消化器内科 糖尿病内科 内分泌内科 脳神経内科 肝胆膵外科 内分泌外科 精神神経科 総合診療科 病理診断科
  • 岡山県岡山市北区鹿田町2丁目5-1
  • 清輝橋線「清輝橋駅」 徒歩10分 JR山陽本線(姫路~岡山)「岡山駅」 バス利用可能(東口バスターミナル 岡電バス 大学病院入口、または大学病院構内下車) 車10分
  • 086-223-7151
岡山大学病院

医療記事

来歴等

略歴

1990年 岡山大学医学部卒業
1994年 岡山大学大学院卒業 医学博士取得
1995年 97年 ドイツ・ハノーファー医科大学 消化器内科留学
2002年 岡山大学第一内科 助手
2010年 岡山大学消化器内科 講師
2012年 岡山大学大学院医歯薬学総合研究科 消化器・肝臓内科学 准教授

論文

1.Utsumi M, Takaki A, Umeda Y, Koike K, Napier SC, Watanabe N, Shinoura S,
Yoshida R, Nobuoka D, Yasunaka T, Oto T, Araki M, Yamamoto K, Fujiwara T, Yagi T.
Early Chimerism After Liver Transplantation Reflects the Clinical Course of Recurrent Hepatitis C.
Ann Transplant. 2017; 22: 156-165.
2. Shimomura Y, Takaki A, Wada N, Yasunaka T, Ikeda F, Maruyama T, Tamaki N,
Uchida D, Onishi H, Kuwaki K, Nakamura S, Nouso K, Miyake Y, Koike K, Tomofuji T, Morita M, Yamamoto K, Okada H.
The Serum Oxidative/Anti-oxidative Stress Balance Becomes Dysregulated in Patients with Non-alcoholic Steatohepatitis Associated with Hepatocellular Carcinoma.
Intern Med. 2017; 56(3): 243-251.
3. Wada N, Takaki A, Ikeda F, Yasunaka T, Onji M, Nouso K, Nakatsuka A, Wada J,
Koike K, Miyahara K, Shiraha H, Yamamoto K, Okada H.
Serum-inducible protein (IP)-10 is a disease progression-related marker for non-alcoholic fatty liver disease.
Hepatol Int. 2017; 11(1): 115-124.
4. Kono Y, Kawano S, Takaki A, Shimomura Y, Onji M, Ishikawa H, Takahashi S,
Horii J, Kobayashi S, Kawai D, Yamamoto K, Okada H.
Oxidative stress controlling agents are effective for small intestinal injuries induced by non-steroidal anti-inflammatory drugs.
J Gastroenterol Hepatol. 2017; 32(1): 136-145.
5. Uchida D, Takaki A, Ishikawa H, Tomono Y, Kato H, Tsutsumi K, Tamaki N,
Maruyama T, Tomofuji T, Tsuzaki R, Yasunaka T, Koike K, Matsushita H, Ikeda F, Miyake Y, Shiraha H, Nouso K, Yoshida R, Umeda Y, Shinoura S, Yagi T, Fujiwara T, Morita M, Fukushima M, Yamamoto K, Okada H.
Oxidative stress balance is dysregulated and represents an additional target for treating cholangiocarcinoma.
Free Radic Res. 2016; 50(7):732-43.
6. Takaki A, Yasunaka T, Yagi T.
Molecular Mechanisms to Control Post-Transplantation Hepatitis B Recurrence. (Review)
Int J Mol Sci. 2015; 16(8): 17494-513.
7. Koike K, Takaki A, Yagi T, Iwasaki Y, Yasunaka T, Sadamori H, Shinoura S,
Umeda Y, Yoshida R, Sato D, Nobuoka D, Utsumi M, Miyake Y, Ikeda F,
Shiraha H, Fujiwara T, Yamamoto K:
Enhancement of programmed death ligand 2 on hepatitis C virus infected
hepatocytes by calcineurin inhibitors.
Transplantation. 2015; 99(7): 1447-54.
8. Ishikawa H, Takaki A, Tsuzaki R, Yasunaka T, Koike K, Shimomura Y, Seki H, Matsushita H, Miyake Y, Ikeda F, Shiraha H, Nouso K, Yamamoto K.
L-carnitine prevents progression of non-alcoholic steatohepatitis in a mouse model with upregulation of mitochondrial pathway.
PLoS One. 2014; 9(7): e100627.
9. Kawai D, Takaki A, Nakatsuka A, Wada J, Tamaki N, Yasunaka T, Koike K,
Tsuzaki R, Matsumoto K, Miyake Y, Shiraha H, Morita M, Makino H, Yamamoto K.
Hydrogen-rich water prevents progression of non-alcoholic steatohepatitis and accompanying hepatocarcinogenesis in mice
Hepatology. 2012; 56(3); 912-21.
10. Takaki A, Wiese M, Maertens G, Depla E, Seifert U, Liebetrau A, Miller J,
Manns M, Rehermann B.
Cellular immune responses persist and humoral responses decrease two decades after recovery from a single-source outbreak of hepatitis C.    
Nature Medicine 6(5);578-582, 2000

著書

1. Takaki A, Uchida D, Yamamoto K. Chapter 12. Redox signaling in NASH. (分担)
Liver pathophysiology –Therapies & Antioxidants. Muriel P (ed), Elsevier Academic Press. 169-180, 2017.
2. Adachi T, Takaki A, Okada H. Chapter 1. The effect of carnitine supplementation on hepatic encephalopathy (HE) and non-alcoholic steatohepatitis (NASH). (分担)
Advances in Medicine and Biology. Leon V. Berhardt (ed), Nova Biomedical 1-16, 2016.
3. Takaki A, Wada N, Yamamoto K. Immune mechanisms in non-alcoholic steatohepatitis (NASH). (分担)
Research on Immunology. ISBN:978-1-922227-91-1. iConcept Press. 92-115, 2015.
4. 高木章乃夫,岩室雅也,松下浩志,山本和秀.:7.肝硬変:研究と診療の進歩(分担)
  Annual Review 2015 消化器,竹原徹郎・金井隆典・下瀬川徹・島田光生:編,
pp. 99-105.2015.
5. 高木章乃夫,山本和秀.:4a脂肪肝の診断のコツとその意義
  循環器臨床を変えるMDCT,小山靖史,伊藤浩編,pp.72-74.2015.

その他

  • 【受賞】 2006年 日本肝臓学会Single Topic Conference; Young Investigator Award

  • 【受賞】2012年 日本肝臓学会第14回AJINOMOTO Award 優秀研究賞受賞

  • 【受賞】2016年 Acta Medica Okayama Best Reviewer Award受賞

本ページにおける情報は、医師本人の申告に基づいて掲載しております。内容については弊社においても可能な限り配慮しておりますが、最新の情報については公開情報等をご確認いただき、またご自身でお問い合わせいただきますようお願いします。

なお、弊社はいかなる場合にも、掲載された情報の誤り、不正確等にもとづく損害に対して責任を負わないものとします。