新型コロナウイルス感染症特設サイトはこちら

岡山大学医学部附属病院 皮膚科 助教

日本皮膚科学会 認定皮膚科専門医 日本研究皮膚科学会 会員 日本皮膚悪性腫瘍学会 会員

平井 陽至 ひらい ようじ 先生

公開日
2020/07/30

基本情報

診療科・主な得意領域

  • 皮膚科
  • 皮膚ウイルス感染症(特にEBウイルス関連リンパ球増殖性皮膚疾患)
  • 天疱瘡、皮膚リンパ腫等の希少疾患に対する臨床治験にも多く携わっています

資格・学会・役職

日本皮膚科学会 認定皮膚科専門医
日本研究皮膚科学会 会員
日本皮膚悪性腫瘍学会 会員
  • 岡山大学医学部附属病院 皮膚科 助教

所属病院

岡山大学病院

  • 内科 アレルギー科 血液内科 リウマチ・膠原病内科 外科 精神科 神経内科 脳神経外科 呼吸器外科 消化器外科 腎臓内科 心臓血管外科 小児科 小児外科 整形外科 形成外科 皮膚科 泌尿器科 産婦人科 眼科 耳鼻咽喉科 放射線科 歯科 矯正歯科 小児歯科 歯科口腔外科 麻酔科 乳腺外科 呼吸器内科 循環器内科 緩和ケア内科 腫瘍内科 感染症内科 消化器内科 糖尿病内科 内分泌内科 脳神経内科 肝胆膵外科 内分泌外科 精神神経科 総合診療科 病理診断科
  • 岡山県岡山市北区鹿田町2丁目5-1
  • 清輝橋線 清輝橋 徒歩10分 JR山陽本線(姫路~岡山) 岡山 バス利用可能(東口バスターミナル 岡電バス 大学病院入口、または大学病院構内下車) 車10分
  • 086-223-7151
公式ウェブサイト
岡山大学病院

医療記事

来歴等

略歴

2006年 川崎医科大学医学部 卒業
2008年 岡山大学医学部附属病院皮膚科 入局
2011年 独立行政法人国立病院機構 岩国医療センター
2012年 岡山大学大学院医歯薬学総合研究科 博士課程修了
2014年 ルートヴィヒ・マクシミリアン大学ミュンヘン 研究員
2015年 岡山大学医学部附属病院皮膚科 助教

論文

  • The aim of the measurement of Epstein-Barr virus DNA in hydroa vacciniforme and hypersensitivity to mosquito bites. J Med Virol. 2020 Apr 7. doi: 10.1002/jmv.25811. Epub ahead of print. PMID: 32255500.

    Miyake T, Iwatsuki K, Hirai Y, Yamamoto T, Hamada T, Fujii K, Imamura H,Morizane S.

  • Multifaceted Analyses of Epidermal Serine Protease Activity in Patients with Atopic Dermatitis. Int J Mol Sci. 2020 Jan 30;21(3):913. doi: 10.3390/ijms21030913. PMID: 32019242; PMCID: PMC7038095.

    Nomura H, Suganuma M, Takeichi T, Kono M, Isokane Y, Sunagawa K, Kobashi M, Sugihara S, Kajita A, Miyake T, Hirai Y, Yamasaki O, Akiyama M, Morizane S.

  • Clinical manifestations of skin, lung and muscle diseases in dermatomyositis positive for anti-aminoacyl tRNA synthetase antibodies. J Dermatol. 2019 Oct;46(10):886-897. doi: 10.1111/1346-8138.15049. Epub 2019 Aug 16. PMID: 31418479.

    Fukamatsu H, Hirai Y, Miyake T, Kaji T, Morizane S, Yokoyama E, Hamada T, Oono T, Koyama Y, Norikane S, Iwatsuki K.

  • TNF-α and IL-17A induce the expression of lympho- epithelial Kazal-type inhibitor in epidermal keratinocytes. J Dermatol Sci. 2019 Oct;96(1):26-32. doi: 10.1016/j.jdermsci.2019.08.007. Epub 2019 Aug 21. PMID: 31501002.

    Sugihara S, Sugimoto S, Tachibana K, Kobashi M, Nomura H, Miyake T, Hirai Y, Yamasaki O, Morizane S.

  • Pediatric-onset annular pustular psoriasis in a patient with Down syndrome. J Dermatol. 2019 Oct;46(10):e367-e368. doi: 10.1111/1346-8138.14896. Epub 2019 May 3. PMID: 31050001.

    Morita A, Kawakami Y, Kaji T, Hirai Y, Miyake T, Takahashi M, Yamasaki O, Sugiura K, Morizane S.

  • An effective and promising treatment with adalimumab for impetigo herpetiformis with postpartum flare-up. Int J Dermatol. 2019 Mar;58(3):350-353. doi: 10.1111/ijd.14141. Epub 2018 Jul 20. PMID: 30028004.

    Yamashita T, Hamada T, Maruta Y, Kajita A, Hirai Y, Morizane S, Watanabe S, Sugiura K, Iwatsuki K.

  • Hydroa vacciniforme: a distinctive form of Epstein-Barr virus-associated T-cell lymphoproliferative disorders. Eur J Dermatol. 2019 Feb 1;29(1):21-28. doi: 10.1684/ejd.2018.3490. PMID: 30998212.

    Iwatsuki K, Miyake T, Hirai Y, Yamamoto T.

  • Autophagy in malnutrition-associated dermatoses. J Dermatol. 2019 Jan;46(1):43-47. doi: 10.1111/1346-8138.14694. Epub 2018 Oct 31. PMID: 30379352.

    Hirai Y, Miyake T, Hamada T, Yamasaki O, Morizane S, Mori T, Iwatsuki K.

  • Clinical and Laboratory Markers Associated With Relapse in Cutaneous Polyarteritis Nodosa. JAMA Dermatol. 2018 Aug 1;154(8):922-926. doi: 10.1001/jamadermatol.2018.1601. PMID: 29955757; PMCID: PMC6143022.

    Kato A, Hamada T, Miyake T, Morizane S, Hirai Y, Yamasaki O, Iwatsuki K.

  • Type D (CD8+) lymphomatoid papulosis in a patient with classic (CD4+) mycosis fungoides. Eur J Dermatol. 2018 Apr 1;28(2):267-268. doi: 10.1684/ejd.2018.3234. PMID: 29378678.

    Hori-Kosogabe J, Hamada T, Morizane S, Hirai Y, Miyake T, Yoshino T, Iwatsuki K.

  • Epstein-Barr virus-positive mucocutaneous ulcer in a patient with polycythemia vera treated with oral hydroxyurea. J Dermatol. 2018 Apr;45(4):e82-e83. doi: 10.1111/1346-8138.14127. Epub 2017 Nov 15. PMID: 29139148.

    Hamada T, Kawata M, Maeda Y, Yoshino T, Miyake T, Morizane S, Hirai Y, Iwatsuki K.

  • Clinical outcomes of primary cutaneous anaplastic large cell lymphoma: data from a single Japanese centre. Eur J Dermatol. 2017 Dec 1;27(6):669-671. doi: 10.1684/ejd.2017.3147. PMID: 29171391.

    Maruta Y, Hamada T, Fukamatsu H, Kaji T, Morizane S, Hirai Y, Miyake T, Yamasaki O, Yoshino T, Iwatsuki K.

  • Comparative study on driver mutations in primary and metastatic melanomas at a single Japanese institute: A clue for intra- and inter-tumor heterogeneity. J Dermatol Sci. 2017 Jan;85(1):51-57. doi: 10.1016/j.jdermsci.2016.10.006. Epub 2016 Oct 13. PMID: 27771229.

    Kaji T, Yamasaki O, Takata M, Otsuka M, Hamada T, Morizane S, Asagoe K, Yanai H, Hirai Y, Umemura H, Iwatsuki K.

  • Differential diagnosis of herpetiform vesicles by a non-invasive, molecular method using crusts or blister roofs: Sensitivity, specificity and likelihood ratio. J Dermatol Sci. 2016 Dec;84(3):358-359. doi: 10.1016/j.jdermsci.2016.10.002. Epub 2016 Oct 3. PMID: 27720466.

    Miyake T, Yamamoto T, Hirai Y, Iwatsuki K.

  • Epstein-Barr virus reactivation is induced, but abortive, in cutaneous lesions of systemic hydroa vacciniforme and hypersensitivity to mosquito bites. J Dermatol Sci. 2016 Jun;82(3):153-9. doi: 10.1016/j.jdermsci.2016.03.001. Epub 2016 Mar 5. PMID: 27039668.

    Yamamoto T, Hirai Y, Miyake T, Hamada T, Yamasaki O, Morizane S, Fujimoto W, Iwatsuki K.

  • Cathelicidin peptide LL-37 increases UVB-triggered inflammasome activation: possible implications for rosacea. J Dermatol Sci. 2014 Dec;76(3):173-9. doi: 10.1016/j.jdermsci.2014.09.002. Epub 2014 Sep 28. PMID: 25306296.

    Salzer S, Kresse S, Hirai Y, Koglin S, Reinholz M, Ruzicka T, Schauber J.

  • Immune escape phenomenon in molluscum contagiosum and the induction of apoptosis. J Dermatol. 2014 Dec;41(12):1058-64. doi: 10.1111/1346 8138.12695. PMID: 25438641.

    Yamauchi-Yamada A, Yamamoto T, Nakayama Y, Ikeda K, Miyake T, Yamaguchi M, Hirai Y, Shirafuji Y, Morizane S, Aoyama Y, Iwatsuki K.

  • Chronic active Epstein-Barr virus infection with progression to large granular lymphocytic leukemia. J Dermatol. 2013 Jun;40(6):487-8. doi: 10.1111/1346-8138.12144. Epub 2013 Mar 21. PMID: 23731478.

    Komori S, Asai J, Takenaka H, Kuroda J, Hirai Y, Iwatsuki K, Katoh N.

  • Oculomucosal and gastrointestinal involvement in Epstein-Barr virus-associated hydroa vacciniforme. Eur J Dermatol. 2012 May-Jun;22(3):380-3. doi: 10.1684/ejd.2012.1665. PMID: 22361979.

    Yamamoto T, Hirai Y, Miyake T, Yamasaki O, Morizane S, Iwatsuki K.

  • Hydroa vacciniforme is associated with increased numbers of Epstein-Barr virus-infected γδT cells. J Invest Dermatol. 2012 May;132(5):1401-8. doi: 10.1038/jid.2011.461. Epub 2012 Feb 2. PMID: 22297643.

    Hirai Y, Yamamoto T, Kimura H, Ito Y, Tsuji K, Miyake T, Morizane S, Suzuki D, Fujii K, Iwatsuki K.

著書

  • 【共著】平井陽至,岩月啓氏: Epstein-Barrウイルス関連T/NKリンパ球増殖症と診断した63症例の検討: Vol.33, No.11:1174-1178, 皮膚病診療 , 2011年

  • 【共著】平井陽至,岩月啓氏:Epstein-Barr ウイルス感染症と種痘様水疱症: 191:48-53, MB Derma , 2012年

  • 【共著】平井陽至,岩月啓氏: 免疫不全を基盤に生じるリンパ腫: 176-178, 皮膚科臨床アセット  皮膚のリンパ腫 , 2012年

  • 【共著】平井陽至,岩月啓氏: 種痘様水疱症様リンパ腫: 141-144, 皮膚科臨床アセット  皮膚のリンパ腫 , 2012年

  • 【共著】平井陽至,岩月啓氏: EBV関連皮膚リンパ球増殖症: 66(2):219-225, 血液内科 , 2013年

  • 【共著】平井陽至: メソトレキセート内服により生じたImmunodeficiency-associated lymphoproliferative disordersの1例: 症例から学ぶ皮膚疾患アトラス集 , 2013年

  • 【共著】平井陽至: 早期骨髄移植導入にて寛解を得た蚊刺過敏症の1例: 症例から学ぶ皮膚疾患アトラス集 , 2013年

  • 【共著】平井陽至: 自然軽快した古典的種痘様水疱症の1例: 症例から学ぶ皮膚疾患アトラス集 , 2013年

  • 【共著】平井陽至: 心筋炎や食道粘膜病変を合併した全身型種痘様水疱症の1例: 症例から学ぶ皮膚疾患アトラス集 , 2013年

  • 【共著】平井陽至,岩月啓氏: EBウイルスと皮膚疾患: 43巻9号:1086-1093,成人病と生活習慣病 , 2013年

  • 【共著】平井陽至,岩月啓氏: 伝染性単核(球)症 こどもの発疹のみかた-急性発疹症へのアプローチ-【第4版】:中外医学者 , 2013年

  • 【共著】平井陽至,山本剛伸,三宅智子,岩月啓氏: EBウイルス感染症, visual dermatology, 2015年

  • 【共著】平井陽至: マラセチア毛包炎, 伝染性単核(球)症, 皮膚疾患ぺディア, 2016年

  • 【共著】平井陽至:蚊刺過敏症,日経メディカル,2017年

  • 【共著】平井陽至:種痘様水疱症, 皮膚疾患 最新の治療, 2018年

  • 【共著】平井陽至:伝染性単核(球)症, エビデンスに基づく皮膚感染症治療, 2020年

その他

  • 【受賞】2009年4月 日本皮膚科学会総会ポスター賞受賞

  • 【受賞】2017年6月 日本皮膚科学会総会ポスター賞受賞

本ページにおける情報は、医師本人の申告に基づいて掲載しております。内容については弊社においても可能な限り配慮しておりますが、最新の情報については公開情報等をご確認いただき、またご自身でお問い合わせいただきますようお願いします。

なお、弊社はいかなる場合にも、掲載された情報の誤り、不正確等にもとづく損害に対して責任を負わないものとします。