新型コロナウイルス感染症特設サイトはこちら

岡山大学大学院医歯薬学総合研究科 病態制御科学専攻 腫瘍制御学講座 (臨床遺伝子医療学分野) 教授

日本人類遺伝学会 臨床遺伝専門医・臨床遺伝指導医 日本遺伝性腫瘍学会 遺伝性腫瘍専門医・暫定遺伝性腫瘍指導医 日本産科婦人科学会 産婦人科専門医 日本婦人科腫瘍学会 婦人科腫瘍専門医 日本臨床細胞学会 細胞診専門医 日本臨床薬理学会 臨床薬理指導医 日本女性医学学会 女性ヘルスケア専門医・指導医

平沢 晃 ひらさわ あきら 先生

1995年に慶應義塾大学医学部を卒業後、同大産婦人科学教室に入局。2015年より専任講師。2018年に岡山大学大学院医歯薬学総合研究科 病態制御科学専攻 腫瘍制御学講座 (臨床遺伝子医療学分野)教授に就任。国民が遺伝情報を自分のものとして利活用してもらうためには、遺伝やがんについてお茶の間や職場で話し合うことの出来る社会になればと考えている。

基本情報

診療科・主な得意領域

  • 臨床遺伝子診療科
  • 遺伝性腫瘍
  • がんゲノム医学

資格・学会・役職

日本人類遺伝学会 臨床遺伝専門医・臨床遺伝指導医
日本遺伝性腫瘍学会 遺伝性腫瘍専門医・暫定遺伝性腫瘍指導医
日本産科婦人科学会 産婦人科専門医
日本婦人科腫瘍学会 婦人科腫瘍専門医
日本臨床細胞学会 細胞診専門医
日本臨床薬理学会 臨床薬理指導医
日本女性医学学会 女性ヘルスケア専門医・指導医
  • 岡山大学大学院医歯薬学総合研究科 病態制御科学専攻 腫瘍制御学講座 (臨床遺伝子医療学分野) 教授
  • 博士(医学) 保有
  • 日本人類遺伝学会 理事・評議員
  • 日本産科婦人科遺伝診療学会 理事・代議員
  • クリニカルバイオバンク学会 理事
  • 全国遺伝子医療部門連絡会議 理事
  • 一般社団法人 日本遺伝性乳癌卵巣癌総合診療制度機構 理事
  • NPO法人 岡山医師研修支援機構 理事
  • 日本遺伝性腫瘍学会 評議員、学術・教育委員会委員長
  • 日本癌学会 評議員
  • 日本臨床薬理学会 社員
  • 日本女性医学学会 代議員
  • 日本学術会議 連携会員
  • Taiwan Precision Medicine Society Honor board member

所属病院

岡山大学病院

  • 内科 アレルギー科 血液内科 リウマチ・膠原病内科 外科 精神科 神経内科 脳神経外科 呼吸器外科 消化器外科 腎臓内科 心臓血管外科 小児科 小児外科 整形外科 形成外科 皮膚科 泌尿器科 産婦人科 眼科 耳鼻咽喉科 放射線科 歯科 矯正歯科 小児歯科 歯科口腔外科 麻酔科 乳腺外科 呼吸器内科 循環器内科 緩和ケア内科 腫瘍内科 感染症内科 消化器内科 糖尿病内科 内分泌内科 脳神経内科 肝胆膵外科 内分泌外科 精神神経科 総合診療科 病理診断科
  • 岡山県岡山市北区鹿田町2丁目5-1
  • 清輝橋線 清輝橋 徒歩10分 JR山陽本線(姫路~岡山) 岡山 バス利用可能(東口バスターミナル 岡電バス 大学病院入口、または大学病院構内下車) 車10分
  • 086-223-7151
公式ウェブサイト
岡山大学病院

来歴等

略歴

1995年 慶應義塾大学医学部 卒業
1995年 慶應義塾大学病院産婦人科 研修医
1996年 国立埼玉病院産婦人科 研修医
1997年 大田原赤十字病院産婦人科 医員
1998年 慶應義塾大学医学部産婦人科学 助手
1999年 芳賀赤十字病院産婦人科 医員
1999年 慶應義塾大学医学部産婦人科学 助手
2000年 東京医科歯科大学難治疾患研究所遺伝疾患研究部門 (分子細胞遺伝) 共同研究者
2002年 栃木県立がんセンター研究所 所属
2004年 慶應義塾大学大学院医学研究科 博士課程(産婦人科学)修了 博士(医学)(慶應義塾大学)
2004年 独立行政法人国立病院機構東京医療センター産婦人科 医員
2005年 慶應義塾大学医学部産婦人科 助教
2011年 慶應義塾大学医学部臨床遺伝学センター センター員(併任)
2011年 日本学術振興会 組織的な若手研究者等海外派遣プログラムInstitute for Molecular Medicine Finland, 客員研究員
2012年 日本学術振興会 特定国派遣研究者事業 平成24年度特定国派遣研究者 Institute for Molecular Medicine Finland, 客員研究員
2013年 慶應義塾大学医学部産婦人科 特任講師
2014年 日本学術振興会二国間交流事業オープンパートナーシップ共同研究 日本側研究代表者
2015年 慶應義塾大学医学部産婦人科 専任講師
2018年 岡山大学大学院医歯薬学総合研究科 病態制御科学専攻 腫瘍制御学講座 (臨床遺伝子医療学分野) 教授
2018年 岡山大学病院 臨床遺伝子診療科 診療科長
2018年 慶應義塾大学医学部 臨床遺伝学センター 客員教授
2018年 慶應義塾大学医学部 産婦人科 講師(非常勤)
2018年 東京医科歯科大学難治疾患研究所 非常勤講師
2018年 慶應義塾大学大学院 健康マネジメント研究科 講師(非常勤)
2020年 日本学術会議 連携会員

論文

  • Nielsen SM, Eccles DM, Romero IL, Al-Mulla F, Balmaña J, Biancolella M, Blok R, Caligo MA, Calvello M, Capone GL, Cavalli P, Chan TLC, Claes KBM, Cortesi L, Couch FJ, la Hoya M, Toffol S, Diez O, Domchek SM, Eeles R, Efremidis A, Fostira F, Goldgar D, Hadjisavvas A, Thomas v.O. Hansen, Akira Hirasawa, Claude Houdayer, Petra Kleiblova, Sophie Krieger, Conxi Lázaro, Maria Loizidou, Siranoush Manoukian, Arjen R. Mensenkamp, Setareh Moghadasi, Alvaro N. Monteiro, Luigi Mori, April Morrow, Nadia Naldi, Henriette R. Nielsen, Olufunmilayo I. Olopade, Nicholas S. Pachter, Edenir I. Palmero, Inge S. Pedersen, Maria Piane, Marianna Puzzo, Mark Robson, Maria Rossing, Maria Christina Sini, Angela Solano, Jana Soukupova, Gianluca Tedaldi, Manuel Teixeira, Mads Thomassen, Maria Grazia Tibiletti, Amanda Toland, Therese Törngren, Erica Vaccari, Liliana Varesco, Ana Vega, Yvonne Wallis, Barbara Wappenschmidt, Jeffrey Weitzel, Amanda B. Spurdle, Arcangela De Nicolo, and Encarna B. Gómez-García, Genetic Testing and Clinical Management Practices for Variants in Non-BRCA1/2 Breast (and Breast/Ovarian) Cancer Susceptibility Genes: An International Survey by the Evidence-Based Network for the Interpretation of Germline Mutant Alleles (ENIGMA) Clinical Working Group. JCO precision oncology 2018; doi: 10.1200/PO.18.00091

  • Hirasawa A, Imoto I, Naruto T, Akahane T, Yamagami W, Nomura H, Masuda K, Susumu N, Tsuda H, Aoki D. Prevalence of pathogenic germline variants detected by multigene sequencing in unselected Japanese patients with ovarian cancer. Oncotarget 2017; 8(68):112258-112267.

  • Masuda K, Hirasawa A, Irie-Kunitomi H, Akahane T, Ueki A, Kobayashi Y, Yamagami W, Nomura H, Kataoka F, Tominaga T, Banno K, Susumu N, Aoki D. Clinical utility of a self-administered questionnaire for assessment of hereditary gynecologic cancer. Jpn J Clin Oncol 2017; 47 (5): 401-406.

  • Mpindi JP, Yadav B, Östling P, Gautam P, Malani D, Murumägi A, Hirasawa A, Kangaspeska S, Wennerberg K, Kallioniemi O, Aittokallio T. Consistency in drug response profiling. Nature 2016 ;540(7631):e5-6.

  • Hirasawa A, Makita K, Akahane T, Yamagami W, Makabe T, Yokota M, Horiba Y, Ogawa M, Yanamoto S, Deshimaru R, Tominaga E, Banno K, Susumu N, Aoki D. Osteoporosis is less frequent in endometrial cancer survivors with hypertriglyceridemia. Jpn J Clin Oncol 2015; 45(1): 127-131.

  • Hirasawa A, Masuda K, Akahane T, Ueki A, Yokota M, Tsuruta T, Nomura H, Kataoka F, Tominaga E, Banno K, Makita K, Susumu N, Sugano K, Kosaki K, Kameyama K, Aoki D. Family history and BRCA1/BRCA2 status among Japanese ovarian cancer patients and occult cancer in a BRCA1 mutant case. Jpn J Clin Oncol 2014;44(1) 49-56.

  • Hirasawa A, Zama T, Akahane T, Nomura H, Kataoka F, Saito K, Okubo K, Tominaga E, Makita K, Susumu N, Kosaki K, Tanigawara Y, Aoki D. Polymorphisms of UGT1A1 gene predict adverse effects of irinotecan treatment for gynecologic cancer in Japanese. J Hum Genet 2013; 58(12): 794-798.

  • Hirasawa A, Makita K, Akahane T, Yokota M, Yamagami W, Banno K, Susumu N, Aoki D. Hypertriglyceridemia is frequent in endometrial cancer survivors. Jpn J Clin Oncol 2013; 43(11): 1087-1092.

  • Hirasawa A, Sato T, Ueno M, Akahane T, Susumu N, Betsuyaku T, Aoki D. Distinguishing between lymphangioleiomyomatosis and carcinomatous peritonitis in an ovarian cancer patient. J Clin Oncol 2013; 31(28): e427-429.

  • Hirasawa A, Masuda K, Akahane T, Tsuruta T, Banno K, Makita K, Susumu N, Jinno H, Kitagawa Y, Sugano K, Kosaki K, Aoki D. Experience of risk-reducing salpingo-oophorectomy for a BRCA1 mutation carrier and establishment of a system performing a preventive surgery for hereditary breast and ovarian cancer syndrome in Japan: our challenges for the future. Jpn J Clin Oncol 2013; 43(5): 515-519.

  • Hirasawa A, Akahane T, Tsuruta T, Kobayashi Y, Masuda K, Banno K, Fujii T, Susumu N, Itsubo T, Kameyama K, Sugano K, Aoki D. Lobular endocervical glandular hyperplasia and peritoneal pigmentation associated with Peutz-Jeghers syndrome due to a germline mutation of STK11. Ann Oncol 2012; 23(11): 2990-2992.

  • Uno S, Zembutsu H, Hirasawa A, Takahashi A, Kubo M, Akahane T, Aoki D, Kamatani N, Hirata K, Nakamura Y. A genome-wide association study identifies genetic variants in the CDKN2BAS locus associated with endometriosis in Japanese. Nat Genet 2010; 42(8): 707-710.

  • Hirasawa A, Aoki D, Inoue J, Imoto I, Susumu N, Sugano K, Nozawa S, Inazawa J. Unfavorable prognostic factors associated with high frequency of microsatellite instability and comparative genomic hybridization analysis in endometrial cancer. Clin Cancer Res 2003; 9(15): 5675-5682.

  • Hirasawa A, Saito-Ohara F, Inoue J, Aoki D, Susumu N, Yokoyama T, Nozawa S, Inazawa J, Imoto I. Association of 17q21-q24 gain in ovarian clear cell adenocarcinomas with poor prognosis and identification of PPM1D and APPBP2 as likely amplification targets. Clin Cancer Res 2003; 9(6): 1995-2004.

著書

  • 平沢 晃,青木大輔. 乳癌のホルモン療法の使い分けは? 百枝幹雄編 女性内分泌クリニカルクエスチョン. 診断と治療社 2017;193-195.

  • 平沢 晃,青木大輔. タモキシフェンの子宮内膜に対する副作用とその対策は? 百枝幹雄編 女性内分泌クリニカルクエスチョン. 診断と治療社 2017; 196-198.

  • 平沢 晃,青木大輔. 百枝幹雄編 BRCA1またはBRCA2遺伝子変異保持者に対するリスク低減卵管卵巣摘出術(RRSO)の効果は?女性内分泌クリニカルクエスチョン. 診断と治療社 2017; 199-200.

  • 平沢 晃,青木大輔. 遺伝性乳がん卵巣がん. 太田博明編 女性医学のすべて メディカルレビュー社 2016; 64-67.

  • 平沢 晃, 増田健太, 青木大輔. 遺伝性乳がん卵巣がん症候群-婦人科医の立場から.遺伝子医学MOOK 最新遺伝性腫瘍・家族性腫瘍研究と遺伝カウンセリング メディカル・ドゥ2016; 117-123

その他

  • 【受賞】平成29年度日本女性医学学会学術奨励賞 「がんゲノム医療実用化と女性ヘルスケアの個別化」2017.11

本ページにおける情報は、医師本人の申告に基づいて掲載しております。内容については弊社においても可能な限り配慮しておりますが、最新の情報については公開情報等をご確認いただき、またご自身でお問い合わせいただきますようお願いします。

なお、弊社はいかなる場合にも、掲載された情報の誤り、不正確等にもとづく損害に対して責任を負わないものとします。