新型コロナウイルス感染症特設サイトはこちら

岡山大学病院 循環器内科 科長

日本循環器学会 循環器専門医 日本超音波医学会 超音波指導医・超音波専門医

伊藤 浩 いとう ひろし 先生

正しく伝えるのも医師の役割

診療時には、検査の結果を患者さんに正しく伝えることで、きちんとした治療の手助けをしたいと考えている。正しく伝えることで、予防や患者さんの病気の進行を抑えることに繋がり、それこそが医師の役割であるという信条がある。

基本情報

診療科・主な得意領域

  • 循環器内科
  • 循環器内科学

資格・学会・役職

日本循環器学会 循環器専門医
日本超音波医学会 超音波指導医・超音波専門医
  • 岡山大学病院 循環器内科 科長
  • 岡山大学医学部 循環器内科 教授
  • 日本心臓病学会 特別正会員 (FJCC)
  • 医学博士 取得
  • 内科 認定医
  • 米国心臓病学会 特別正会員 (FACC)
  • 欧州心臓病学会 特別正会員 (FESC)

所属病院

岡山大学病院

  • 内科 アレルギー科 血液内科 リウマチ・膠原病内科 外科 精神科 神経内科 脳神経外科 呼吸器外科 消化器外科 腎臓内科 心臓血管外科 小児科 小児外科 整形外科 形成外科 皮膚科 泌尿器科 産婦人科 眼科 耳鼻咽喉科 放射線科 歯科 矯正歯科 小児歯科 歯科口腔外科 麻酔科 乳腺外科 呼吸器内科 循環器内科 緩和ケア内科 腫瘍内科 感染症内科 消化器内科 糖尿病内科 内分泌内科 脳神経内科 肝胆膵外科 内分泌外科 精神神経科 総合診療科 病理診断科
  • 岡山県岡山市北区鹿田町2丁目5-1
  • 清輝橋線 清輝橋 徒歩10分 JR山陽本線(姫路~岡山) 岡山 バス利用可能(東口バスターミナル 岡電バス 大学病院入口、または大学病院構内下車) 車10分
  • 086-223-7151
公式ウェブサイト
岡山大学病院

医療記事

来歴等

略歴

1982年 大阪大学医学部卒業
1986年 大阪大学大学院卒業 医学博士取得
1986年 桜橋渡辺病院内科医員
1999年 同 部長
2007月 桜橋渡辺病院 心臓・血管センター センター長
2009年 岡山大学大学院医歯薬学総合研究科 生体制御学講座(循環器内科学)教授
現在に至る。

1982年 大阪大学医学部卒業
1986年 大阪大学大学院卒業 医学博士取得
1986年 桜橋渡辺病院内科 医員
1999年 桜橋渡辺病院内科 部長
2007年 桜橋渡辺病院 心臓・血管センター センター長
2009年 岡山大学大学院医歯薬学総合研究科 生体制御学講座(循環器内科学) 教授

論文

  • Noninvasive differentiation of ischemic cardiomyopathy from idiopathic dilated cardiomyopathy with ultrasonic tissue characterization using integrated backscatter. J Echocardiogr 3巻 (頁 33 ~ 39)

    Ito H, Iwakura K, Okamura A, Onoue K, Kawano S, Fujii K.

  • Usefulness of a new grading system based on coronary flow velocity pattern in predicting outcome in patients with acute myocardial infarction having percutaneous coronary intervention. Am J Cardiol 96巻 (頁 927 ~ 932)

    Okamura A, *Ito H, Iwakura K, Kawano S, Inoue K, Yamamoto K, Ogihara T, Fujii K.

  • Effect of reactive hyperemia after coronary revascularization on myocardial tissue reperfusion by thrombolysis in myocardial infarction flow grade in acute myocardial infarction. Am J Cardiol 97巻 (頁 617 ~ 623)

    Okamura A, *Ito H, Iwakura K, Kawano S, Kurotobi T, Date M, Inoue K, Ogihara T, Fujii K.

  • Incidence and Clinical Significance of Brugada Syndrome Masked by Complete Right Bundle-Branch Block(共著)Circ J79巻 12号 (頁 2568 ~ 2575)

    Wada T, Nagase S, Morita H, Nakagawa K, Nishii N, Nakamura K, Kohno K, Ito H,Kusano KF, Ohe T.

  • Prognostic significance of endothelial dysfunction in patients undergoing percutaneous coronary intervention in the era of drug-eluting stents(共著)BMC Cardiovasc Disord15巻 1号 (頁 102)

    Kubo M, Miyoshi T, Oe H, Ohno Y, Nakamura K, Ito H

著書

本ページにおける情報は、医師本人の申告に基づいて掲載しております。内容については弊社においても可能な限り配慮しておりますが、最新の情報については公開情報等をご確認いただき、またご自身でお問い合わせいただきますようお願いします。

なお、弊社はいかなる場合にも、掲載された情報の誤り、不正確等にもとづく損害に対して責任を負わないものとします。