学校法人 慶應義塾大学病院

この病院の診療科

診療科
  • 内科
  • 血液内科
  • リウマチ・膠原病内科
  • 外科
  • 精神科
  • 神経内科
  • 脳神経外科
  • 呼吸器外科
  • 消化器外科
  • 腎臓内科
  • 心臓血管外科
  • 小児科
  • 小児外科
  • 整形外科
  • 形成外科
  • 皮膚科
  • 泌尿器科
  • 産科
  • 婦人科
  • 産婦人科
  • 眼科
  • 耳鼻咽喉科
  • リハビリテーション科
  • 放射線科
  • 歯科
  • 歯科口腔外科
  • 麻酔科
  • 乳腺外科
  • 呼吸器内科
  • 循環器内科
  • 消化器内科
  • 内分泌内科
  • 代謝内科
  • 放射線診断科
  • 放射線治療科
  • 精神神経科
  • 総合診療科
  • 病理診断科

認定/指定情報

法令による大臣または各都道府県知事承認・指定のあるもの

  • 災害拠点病院
  • 地域周産期母子医療センター
  • 特定機能病院
  • 地域がん診療連携拠点病院(高度型)

この病院の医師

  • の受診相談が可能

    慶應義塾大学 医学部医学部長/皮膚科教授

    天谷 雅行先生

    慶應義塾大学医学部を卒業後、北里研究所病院皮膚科、東京電力病院皮膚科などを経て、慶應義塾大学医学部学部長補佐・慶應義塾大学医学部皮膚科教授。天疱瘡の原因遺伝子となるデスモグレイン研究をはじめとした、自己免疫疾患研究のトップランナー。2002年には、「Alfred Marchionini Forschungspreis 2002 (20th World Congress of Dermatology)」(自己免疫性疾患、天疱瘡の病態解明に関する一連の卓越した業績に対して贈られる賞)を受賞している。

  • 慶應義塾大学 医学部精神・神経科学教室 特任准教授 、慶應義塾大学ストレス研究センター 副センター長

    白波瀬 丈一郎先生
  • 慶應義塾大学病院 病院長、慶應義塾 理事、国立がん研究センター 理事(がん対策担当)兼任

    北川 雄光先生
  • の受診相談が可能

    慶應義塾大学 医学部眼科学教室 教授・眼科診療部長

    坪田 一男先生
  • 慶應義塾大学医学部産婦人科学 教授

    青木 大輔先生
  • 慶應義塾大学 医学部臨床検査医学 教授

    村田 満先生
  • 慶應義塾大学 外科学(小児) 教授 診療科部長

    黒田 達夫先生

    1982年に慶應義塾大学医学部を卒業後、ハーバード大学マサチューセッツ総合病院などで研鑽を積み、現在は慶應義塾大学外科学(小児外科)教授を務めている。赤ちゃんや子どものがん、リンパ管腫や乳幼児肝巨大血管腫といった指定難病などと向き合い、治療の向上に貢献している。保護者の方への丁寧で正しい説明や情報提供にも力を注いでいる。

  • 慶應義塾大学 医学部 専任講師

    新庄 正宜先生

    小児科専門医かつ感染症専門医として、小児領域の感染症治療および感染対策に携わる。国立感染症研究所におけるインフルエンザウイルスの研究期間を経て、現在は一般小児科臨床医・日本感染症学会認定感染症専門医であると同時に、インフルエンザ、肝移植後の予防接種、細菌性髄膜炎などに関する臨床研究にも力を注ぐ。

  • 慶應義塾大学医学部 耳鼻咽喉科・頭頸部外科 教授・診療科部長

    小川 郁先生
  • 慶應義塾大学医学部形成外科学教室 教授・診療科部長

    貴志 和生先生
  • の受診相談が可能

    慶應義塾大学医学部 泌尿器科 教授

    大家 基嗣先生

    泌尿器科の医師として、主に泌尿器科学、腫瘍学、腎臓病学、透析医学を専門としている。多岐にわたる泌尿器科疾患に対応すべく、診療や研究に尽力。診療では、患者さんへ質の高い医療を提供できるよう、さまざまな工夫を行っている。 また、2014年から3年連続で、慶應義塾大学医学部ベストティーチャーアワード 第1位を獲得。教授として、後進の指導にも熱心に取り組んでいる。

  • 慶應義塾常任理事 慶應義塾大学医学部 リウマチ・膠原病内科 教授

    竹内 勤先生
  • 慶応義塾大学 精神・神経科 准教授

    村松 太郎先生

    慶応義塾大学、国立療養所久里浜病院、米国NIHを経て現在では慶応義塾大学医学部精神・神経科で准教授を務める。日本では数少ない司法精神医学のエキスパートであると共に多くの著書で知られる。代表作として2014年に幻冬舎より出版された”「うつ」は病気か甘えか。”などがある。

  • の受診相談が可能

    東京歯科大学市川総合病院 副院長/外科学主任教授、慶應義塾大学 医学部外科学 客員教授

    松井 淳一先生
  • 慶應義塾大学 医学部神経内科教授

    鈴木 則宏先生

    年間800人前後の外来患者が訪れる慶應義塾大学神経内科にて教授を務める。自身も幅広い専門性を持ち、希少疾患から脳卒中、慢性頭痛、認知症に至るまでさまざまな疾患治療を手掛けている。「ひとがやらないことをする」をモットーに、数多くの研究にも取り組んでいる。

  • 慶應義塾大学医学部生理学教室 教授

    岡野 栄之先生
  • の受診相談が可能

    慶應義塾大学 循環器内科 専任講師

    香坂 俊先生

    1999年から約10年米国にて内科・循環器内科の臨床業務に従事。専門医資格を得て2008年帰国し、診療のほか医学教育や臨床研究の立ち上げに携わる。その過程で著した書籍やDVDも好評を博している。

診療受付時間

受付時間

08:40-11:00
  • 8:40~11:00  原則、紹介予約制  科により異なる  第1・3土曜、慶應義塾の休日(1/10)休診 臨時休診あり

オンライン診療情報

保険対応要問い合わせ
オンライン診療の手段

要問い合わせ

初診 / 再診

再診

薬について

要問い合わせ

新型コロナウイルスへの相談対応要問い合わせ
セカンドオピニオン対応要問い合わせ
対応する診療科内科・血液内科・リウマチ・膠原病内科・外科・精神科・神経内科・脳神経外科・呼吸器外科・消化器外科・腎臓内科・心臓血管外科・小児科・小児外科・整形外科・形成外科・皮膚科・泌尿器科・産科・婦人科・産婦人科・眼科・耳鼻咽喉科・リハビリテーション科・放射線科・歯科・歯科口腔外科・麻酔科・乳腺外科・呼吸器内科・循環器内科・消化器内科・内分泌内科・代謝内科・放射線診断科・放射線治療科・精神神経科・総合診療科・病理診断科

  • ※厚生労働省のデータなどに基づく
  • ※詳しくは医療機関にお問い合わせください
オンラインでこの医療機関を受診する
お問い合わせはこちら
03-3353-1211
公式ホームページを確認する
※医療機関の公式ホームページに遷移します
Img online module

検診プランpowered by

    よかレポ

    • 泌尿器科を受診

      前立腺の腫瘍マーカー値が高いのでこの2年ほどかかってます。医師の対応も町医者のように懇切で好ましい。そのためか外来患者も多く採血や会計で超待たされるのが唯一のネック。

      続きをみる
    • 形成外科を受診

      子供の頭の形が病気で手術が必要と言われ、受診しました。前の病院ではどういった病気なのかあまり説明してくれず不安でしたが、(忙しいはずなのに)時間をかけて分かりやすい言葉で説明してくれました。

      遠方だったのですが、入院中の親の宿泊施設の紹介などもしてくれます(空きがあれば入れます)。

      また手術も形成外科だけでなく、小児科の先生や子供を専門にする脳神経外科や麻酔科の先生が一丸となってみてくれて、トラブルなく終わりました。

      病棟はちょっと古いかなって思いますが、看護師さんたちも非常に優しかったです。

      担当の先生は木曜から土曜日まで外来に出ているので外来予約も取りやすいです(いつ休んでいるんだろう?)。私の子の場合は午後の頭の形専門の外来に通っています。その外来ですと同じようなお子さんがいるので、お母さんたちとの情報共有にもいいですし、予約制なのでほとんど待ちません。

      お若い先生のようですが、非常に頼もしく、経験もあるようです。なかなか子供の頭を手術する先生はいないみたいなのと、子供が成長を終えるまで診てもらえると思うと安心です。

      続きをみる
    • 皮膚科を受診

      膠原病で皮膚科に四年前からお世話になっています。

      経過や薬の副作用で次々と新しい症状がでてきましたが、
      主治医の先生に相談すると、すぐに他科へ紹介状を書いてくださります。

      また、入院中も看護師さんや助手さんがとてもよくしてくださり、
      安心して治療に専念できます。

      また、外来の待ち時間短縮にも力を入れられていて、
      会計や薬の待ち時間も半分くらいになりました。


      これからもお世話になっていくつもりですが、
      ほんとうにいろいろとありがたい病院です。

      続きをみる
    • 整形外科を受診

      側弯症でお世話になっております。

      某大学病院で診て貰っていたのですが、症状が進んだため整形外科松本先生を紹介して頂きました。今は主に渡辺先生に診て貰っております。脊椎に関してはとても造詣が深く、難しい症例の為、手術のメリット・デメリットをしっかり伝えて頂き、特にデメリットの部分、成功するのは五分五分だと正直に分かりやすく話して頂き、不安になるどころか逆にとても信頼することが出来ました。術前術後の説明も分かり易く、こちらの疑問にもしっかり答えて頂きました。外来・病棟ともスタッフの方々がとても親切でとても安心できました。松本先生の外来も午後の渡辺先生の外来もとても混雑しており、待つときはそれなりの覚悟が必要です。松本先生の外来は午前から始まり午後3時ぐらいまで掛かる事がありますし、渡辺先生の側弯外来も午前に手術が入ることが多く、長引くとスタートが遅くなります。そんな多忙な先生方ですが、一人一人の患者に対してしっかり対応してくれてるからこそ、時間がかかるのであり、その中の一人として、待つのは大変ですけど、ありがたさを感じております。これからも、よろしくお願い致します。

      続きをみる
    • 産婦人科を受診

      私は産婦人科で治療を受けています。。まず、婦人科は病院選びが大切なので、すごく迷って、この口コミサイトを見て、病院にいきました。病院の大きさと待ち時間はイコールではないし、多少待ったとしても是非通院したいって思いました。
      診断も主人と2人で行きましたが、丁寧に説明してくれて。診断結果を聞いていて、たぶん私の表情で気づいてくれたのか、私の気持ちも言わなくてもわかってくれているようで・・・。「たぶんあたまでは、びっくりとショックでまだ理解できないと思うから僕の話しは半分くらいしかわからないと思うから帰って○○ってネットで検索してごらん。」とか私の代わりに必死で聞いていた旦那に細かく説明してくれて・・・。さらに、説明後必ず、質問したいことなど聞いてくれて。パニックだったので、質問できなかったけど、後々考えたら聞いとけばよかったなんて思うんですが。。。これなら安心して不安なこととか聞けるし、ちゃんと私たちの意見も聞いてくれて、それに応じて治療法を考えてくれて。。。本当にすごくよかったです。
      また、検査はミスがないよう何度も名前をチェックしてくれて安心して受けられました。
      私はこのまま治療を続ける予定です。

      続きをみる

    その他の病院情報

    公式サイトhttp://www.hosp.keio.ac.jp/
    連絡先

    TEL 03-3353-1211

    住所〒160-8582 東京都新宿区信濃町35 GoogleMapで見る
    アクセスJR中央・総武線 信濃町 徒歩1分
    都営大江戸線 国立競技場 A1出口 徒歩5分
    東京メトロ丸ノ内線 四谷三丁目 1番出口 徒歩15分
    東京メトロ銀座線 青山一丁目 0番出口 徒歩15分

    この病院の記事

    メディカルノート病院検索サービスに掲載されている各種情報は、弊社が取材した情報のほか、ティーペック株式会社及びマーソ株式会社より提供を受けた情報が含まれております。できる限り正確な情報掲載に努めておりますが、弊社において内容を完全に保証するものではありませんので、受診の際には必ず事前に各医療機関にご連絡のうえご確認いただきますようお願い申し上げます。なお、掲載されている情報に誤りがある場合は、お手数ですが、お問い合わせフォームからご連絡をいただけますようお願いいたします。ご指摘内容の修正・更新につきましても、外部より提供を受けた情報につきましては、弊社においてその対応を保証するものではございません。

    オンライン診療に関するデータは、原則として「新型コロナウイルス感染症の拡大に際しての電話や情報通信機器を用いた診療等の時限的・特例的な取扱いについて」に基づく対応を行っている医療機関として厚生労働省のウェブサイトに掲載された情報に準拠していますが、一部、弊社およびMICIN社にてオンライン診療の実施の確認が取れた医療機関につき情報を追加しています。