新型コロナウイルス感染症特設サイトはこちら

慶應義塾大学 医学部医学部長/皮膚科教授

天谷 雅行 あまがい まさゆき 先生

慶應義塾大学医学部を卒業後、北里研究所病院皮膚科、東京電力病院皮膚科などを経て、慶應義塾大学医学部学部長補佐・慶應義塾大学医学部皮膚科教授。天疱瘡の原因遺伝子となるデスモグレイン研究をはじめとした、自己免疫疾患研究のトップランナー。2002年には、「Alfred Marchionini Forschungspreis 2002 (20th World Congress of Dermatology)」(自己免疫性疾患、天疱瘡の病態解明に関する一連の卓越した業績に対して贈られる賞)を受賞している。

基本情報

診療科・主な得意領域

  • 皮膚科

資格・学会・役職

  • 慶應義塾大学 医学部医学部長/皮膚科教授
  • 日本皮膚科学会 理事2011-/副理事長2016-2018/理事長2018-
  • 日本研究皮膚科学会 若手理事1999-2002/理事2003-2013/事務局長 2011-2012/理事長2012-2015
  • 日本免疫学会 評議員2008-
  • 日本炎症・再生医学会 評議員2010-/理事2013-
  • International Society for Investigative Dermatology Board of Director, 2014-
  • Society for Investigative Dermatology 会員
  • European Society for Dermatological Research 会員
  • American Academy of Dermatology 会員

所属病院

慶應義塾大学病院

  • 内科 血液内科 リウマチ・膠原病内科 外科 精神科 神経内科 脳神経外科 呼吸器外科 消化器外科 腎臓内科 心臓血管外科 小児科 小児外科 整形外科 形成外科 皮膚科 泌尿器科 産科 婦人科 産婦人科 眼科 耳鼻咽喉科 リハビリテーション科 放射線科 歯科 歯科口腔外科 麻酔科 乳腺外科 呼吸器内科 循環器内科 消化器内科 内分泌内科 代謝内科 放射線診断科 放射線治療科 精神神経科 総合診療科 病理診断科
  • 東京都新宿区信濃町35
  • JR中央・総武線「信濃町駅」 徒歩1分 都営大江戸線「国立競技場駅」 A1出口 徒歩5分 東京メトロ丸ノ内線「四谷三丁目駅」 1番出口 徒歩15分 東京メトロ銀座線「青山一丁目駅」 0番出口 徒歩15分
  • 03-3353-1211
慶應義塾大学病院

医療記事

来歴等

略歴

1985年  慶應義塾大学医学部卒業
1989年  慶應義塾大学大学院医学研究科博士課程修了
1989年  北里研究所病院皮膚科
1989年  米国国立衛生研究所国立癌研究所皮膚科(Dermatology Branch, NCI, NIH)
1992年  東京電力病院皮膚科
1996年  愛媛大学助手(医学部皮膚科学)
1996年  慶應義塾大学専任講師(医学部皮膚科学)
2005年  慶應義塾大学教授(医学部皮膚科学)
2007年  慶應義塾大学病院副病院長(2013年9月まで)
2013年  理化学研究所 統合生命医科学研究センターチームリーダー(非常勤)
2013年  慶應義塾大学医学部学部長補佐(2017年9月まで)
2017年  慶應義塾大学医学部医学部長

著書

【雑誌編集委員等】
The Journal of Clinical Investigation (Consulting Editor, 2007-)
The Journal of Investigative Dermatology (Section Editor, 2002-2017; Editorial Consultant, 2017-)
The Journal of Dermatological Science (Editorial Board, 2001-2014)
British Journal of Dermatology (Editorial Advisory Board, 2001-)
The Journal of American Academy of Dermatology (Editorial Board, 1998- 2008)
Experimental Dermatology (Editorial Board, 2003-2014)
Der Hautarzt (Editorial Board, 2007- )
Faculty 1000 Medicine (Section head 2005- )
臨床皮膚科(編集委員2006-2010)

その他

  • 【受賞】1991年 皆見賞(日本皮膚科学会)

  • 【受賞】2000年 JSID賞(日本研究皮膚科学会)

  • 【受賞】2002年 Alfred Marchionini Forschungspreis 2002 (20th World Congress of Dermatology)

  • 【受賞】2002年 Morris H Samitz Lectureship Award (University of Pennsylvania)

  • 【受賞】2003年 William Montagna Lectureship Award (The Society for Investigative Dermatology)

  • 【受賞】2005年 CE.R.I.E.S. Research Award

  • 【受賞】2006年 日本学術振興会賞

  • 【受賞】2006年 日本免疫学会賞

  • 【受賞】2012年 ベルツ賞(一等賞)

  • 【受賞】2013年 The 2013 Research Achievement Award (American Skin Association)

  • 【受賞】2014年 小川・清寺記念賞

  • 2015年 欧州研究皮膚科学会(ESDR)名誉会員

  • 2016年 National Academy of Medicine (NAM)国際会員

本ページにおける情報は、医師本人の申告に基づいて掲載しております。内容については弊社においても可能な限り配慮しておりますが、最新の情報については公開情報等をご確認いただき、またご自身でお問い合わせいただきますようお願いします。

なお、弊社はいかなる場合にも、掲載された情報の誤り、不正確等にもとづく損害に対して責任を負わないものとします。

他の医師を見る

同じ所属病院の医師