香坂 俊 先生のプロフィール

香坂 俊 先生

こうさか しゅん

香坂 俊 先生

慶應義塾大学 循環器内科 専任講師

専門分野

循環器内科 冠動脈疾患・心不全・心移植・集中治療

紹介

1999年から約10年米国にて内科・循環器内科の臨床業務に従事。専門医資格を得て2008年帰国し、診療のほか医学教育や臨床研究の立ち上げに携わる。その過程で著した書籍やDVDも好評を博している。

略歴

1997年 慶應義塾大学医学部卒業
1999年 Columbia 大学 St. Luke’s-Roosevelt Hospital Center 内科研修医・チーフレジデント
2005年 Baylor 大学 Texas Heart Institute 循環器内科専修医
2006年 Columbia 大学 New York-Presbyterian Hospital Center 循環器内科スタッフ (Clinical Instructor)
2008年 慶應義塾大学医学部循環器内科 助教
2010年 慶應義塾大学 卒後臨床研修センター(併任)
2012年 慶應義塾大学医学部循環器内科 特任講師

所属学会・資格・役職など

米国総合内科専門医(ABIM)
米国循環器内科専門医(ABIM, Cardiovascular Disease)
米国心臓超音波専門医(NBE)
米国心臓核医学専門医(CBNC)
米国心臓移植内科専門医(UNOS)
米国心臓病学会正会員(FACC)

受賞・著書・論文など

【受賞】
米国心臓病学会(ACC)Young Investigator Award、2007年
日本循環器学会(JCS)第11回高安賞、2011年
慶応義塾大学医学部 Best Teacher Award、2012年

【著書】
極論で語る循環器内科、丸善出版、2011年
循環器診療プライマリ・レファレンス、文光堂、2012年
もしも心電図が小学校の必修科目だったら、医学書院、2013年
循環器急性期診療、メディカルサイエンスインターナショナル、2015年
ER・ICUで必要な循環器薬の知識と使い方―日米のエビデンスの狭間で、総合医学社、2015年

【DVD】
Dr.香坂の循環器診療 最前線(1) ケアネットDVD、ケアネット、2012年
Dr.香坂の循環器診療 最前線(2) ケアネットDVD、ケアネット、2013年
Dr.香坂の循環器診療 最前線(3) ケアネットDVD、ケアネット、2014年
Dr.香坂の循環器診療 最前線(4) ケアネットDVD、ケアネット、2014年
Dr.香坂のすぐ行動できる心電図 ECG for the Action! 、ケアネット、2015年

【論文】(和文も可)
(2015年分のみ)
1. Kohsaka S, Miyata H, Ueda I, Masoudi FA, Peterson ED, Maek

【受賞】
米国心臓病学会(ACC)Young Investigator Award、2007年
日本循環器学会(JCS)第11回高安賞、2011年
慶応義塾大学医学部 Best Teacher Award、2012年

【著書】
極論で語る循環器内科、丸善出版、2011年
循環器診療プライマリ・レファレンス、文光堂、2012年
もしも心電図が小学校の必修科目だったら、医学書院、2013年
循環器急性期診療、メディカルサイエンスインターナショナル、2015年
ER・ICUで必要な循環器薬の知識と使い方―日米のエビデンスの狭間で、総合医学社、2015年

【DVD】
Dr.香坂の循環器診療 最前線(1) ケアネットDVD、ケアネット、2012年
Dr.香坂の循環器診療 最前線(2) ケアネットDVD、ケアネット、2013年
Dr.香坂の循環器診療 最前線(3) ケアネットDVD、ケアネット、2014年
Dr.香坂の循環器診療 最前線(4) ケアネットDVD、ケアネット、2014年
Dr.香坂のすぐ行動できる心電図 ECG for the Action! 、ケアネット、2015年

【論文】(和文も可)
(2015年分のみ)
1. Kohsaka S, Miyata H, Ueda I, Masoudi FA, Peterson ED, Maekawa Y, Kawamura A, Fukuda K, Roe MT, Rumsfeld JS. An International Comparison of Patients Undergoing Percutaneous Coronary Intervention: A Collaborative Study of the National Cardiovascular Data Registry (NCDR) and Japanese PCI Registry (JCD-KiCS). Am Heart J. In press.
2. Inohara T, Miyata H, Ueda I, Maekawa Y, Fukuda K, Kohsaka S. Use of Intra-aortic Balloon Pump in a Japanese Multicenter Percutaneous Coronary Intervention Registry. JAMA Internal Medicine. In press.
3. Kohsaka S, Miyata H, Takamoto S et al. Effect of preoperative beta-blocker use on clinical outcomes after coronary artery bypass grafting: A report from the Japanese national surgical database. Anesthesiology. In press.
4. Shiraishi Y, Kohsaka S, Fukuda K et al. Validation of the Seattle Heart Failure Model in Japanese Patients with Heart Failure. Int J Cardiol. In press.
5. Ikegami Y, Kohsaka S, Miyata H, Ueda I et al. Outcomes of Percutaneous Coronary Intervention Performed With or Without Dual Antiplatelet Therapy. Circ J. 2015 Oct 7.
6. Fujita J, Kohsaka S, Ueda I, Fukuda K et al. The Prevalence of Clinically Significant Ischemia in Patients Undergoing Percutaneous Coronary Intervention: A Report from the Multicenter Registry. PLoS One. 2015 Jul31;10(7):e0133568.
7. Inohara T, Kohsaka S, Miyata H, Ueda I, Hayashida K, Maekawa Y, Kawamura A, Numasawa Y, Suzuki M, Noma S, Nishi Y, Fukuda K. Real-World Use and Appropriateness of Coronary Interventions for Chronic Total Occlusion (from a Japanese Multicenter Registry). Am J Cardiol. 2015 Sep 15;116(6):858-64.
8. Endo A, Kawamura A, Miyata H, Noma S, Suzuki M, Koyama T, Ishikawa S, Nakagawa S, Takagi S, Numasawa Y, Fukuda K, Kohsaka S; JCD-KICS Investigators. Angiographic Lesion Complexity Score and In-Hospital Outcomes after Percutaneous Coronary Intervention. PLoS One. 2015 Jun 29;10(6):e0127217.
9. Inohara T, Kohsaka S, Goto M, Furukawa Y, Fukushima M, Sakata R, Elayda M, Wilson JM, Kimura T. Hypothesis of Long-Term Outcome after Coronary Revascularization in Japanese Patients Compared to Multiethnic Groups in the US. PLoS One. 2015 May 29;10(5):e0128252.
10. Inohara T, Kohsaka S, Miyata H. (14名;2番目)Development and validation of a pre-percutaneous coronary intervention risk model of contrast-induced acute kidney injury with an integer scoring system. Am J Cardiol. 2015 Jun 15;115(12):1636-42.
11. Takei M, Kohsaka S, Shiraishi Y, Goda A, Izumi Y, Yagawa M, Mizuno A, Sawano M, Inohara T, Kohno T, Fukuda K, Yoshikawa T; West Tokyo Heart Failure Registry Investigators. Effect of estimated plasma volume reduction on renal function for acute heart failure differs between patients with preserved and reduced ejection fraction. Circ Heart Fail. 2015 May;8(3):527-32.
12. Kohno T, Kohsaka S, Ueda I, Noma S, Suzuki M, Numasawa Y, Akaishi M, Maekawa Y, Miyata H, Fukuda K. Frequency and safety of intracoronary acetylcholine provocation testing compared to coronary interventions: analysis of a contemporary Japanese multicenter PCI registry. Int J Cardiol. 2015 Mar 15;183:171-2.
13. Numasawa Y, Kohsaka S, Miyata H, Noma S, Suzuki M, Ishikawa S, Nakamura I, Nishi Y, Ohki T, Negishi K, Takahashi T, Fukuda K. Gender differences in in-hospital clinical outcomes after percutaneous coronary interventions: an insight from a Japanese multicenter registry. PLoS One. 2015 Jan 30;10(1):e0116496.
14. Kuno T, Kohsaka S, Numasawa Y, Ueda I, Suzuki M, Nakamura I, Negishi K, Ishikawa S, Maekawa Y, Kawamura A, Miyata H, Fukuda K. Location of the culprit coronary lesion and its association with delay in door-to-balloon time (from a multicenter registry of primary percutaneous coronary intervention). Am J Cardiol. 2015 Mar 1;115(5):581-6.

続きを見る

香坂 俊先生 の所属する医療機関

慶應義塾大学病院

TEL: 03-3353-1211

慶應義塾大学病院

東京都新宿区信濃町35

JR中央本線「信濃町駅」 徒歩1分

都営地下鉄大江戸線「国立競技場駅」 A1出口 徒歩5分

- -

受付時間: 8:40~11:00 原則、紹介予約制 科により異なる 第1・3土曜、慶應義塾の休日(1/10、4/23)休診 臨時休診あり

診療科目: 内科 血液内科 リウマチ科 外科 精神科 神経内科 脳神経外科 呼吸器外科 消化器外科 腎臓内科 心臓血管外科 小児科 小児外科 整形外科 形成外科 皮膚科 泌尿器科 産婦人科 眼科 耳鼻咽喉科 リハビリテーション科 放射線科 歯科 歯科口腔外科 麻酔科 乳腺外科

香坂 俊 先生 の記事