慶應義塾大学医学部 血液内科 専任講師

日本内科学会 認定内科医・総合内科専門医・内科指導医 日本血液学会 血液専門医・血液指導医・評議員 日本造血・免疫細胞療法学会 認定医・評議員 日本血栓止血学会 血栓止血認定医 日本PNH研究会 理事 米国血液学会 International Member

櫻井 政寿 さくらい まさとし 先生

公開日
2023/01/13

基本情報

診療科・主な得意領域

  • 血液内科
  • 櫻井先生の白血病の専門領域
    • 化学療法
    • 造血幹細胞移植
  • 櫻井先生の悪性リンパ腫の専門領域
    • 化学療法
    • 造血幹細胞移植
    • CAR-T
  • 櫻井先生の発作性夜間ヘモグロビン尿症の専門領域
    • 抗補体薬
    • 免疫抑制剤

資格・学会・役職

日本内科学会 認定内科医・総合内科専門医・内科指導医
日本血液学会 血液専門医・血液指導医・評議員
日本造血・免疫細胞療法学会 認定医・評議員
日本血栓止血学会 血栓止血認定医
日本PNH研究会 理事
米国血液学会 International Member
  • 慶應義塾大学医学部 血液内科 専任講師

所属病院

慶應義塾大学病院

  • 内科 血液内科 リウマチ・膠原病内科 外科 精神科 神経内科 脳神経外科 呼吸器外科 消化器外科 腎臓内科 心臓血管外科 小児科 小児外科 整形外科 形成外科 皮膚科 泌尿器科 産科 婦人科 産婦人科 眼科 耳鼻咽喉科 リハビリテーション科 放射線科 歯科 歯科口腔外科 麻酔科 乳腺外科 呼吸器内科 循環器内科 消化器内科 内分泌内科 代謝内科 放射線診断科 放射線治療科 精神神経科 総合診療科 病理診断科
  • 東京都新宿区信濃町35
  • JR中央・総武線 信濃町 徒歩1分 都営大江戸線 国立競技場 A1出口 徒歩5分 東京メトロ丸ノ内線 四谷三丁目 1番出口 徒歩15分 東京メトロ銀座線 青山一丁目 0番出口 徒歩15分
  • 03-3353-1211
公式ウェブサイト
慶應義塾大学病院

来歴等

略歴

2007年 慶應義塾大学医学部 卒業
2007年 足利赤十字病院 初期研修医
2008年 慶應義塾大学病院 初期研修医
2009年 慶應義塾大学医学部 内科 後期研修医
2010年 慶應義塾大学大学院医学研究科 博士課程 入学
2014年 慶應義塾大学大学院医学研究科 博士課程 卒業
2014年 慶應義塾大学医学部 血液内科 助教
2017年 国家公務員共済組合連合会 立川病院 血液内科
2018年 慶應義塾大学医学部 血液内科 助教
2019年 慶應義塾大学医学部 血液内科 専任講師(学部内)

論文

  • 1. Outcome of allogeneic hematopoietic stem cell transplantation for follicular lymphoma relapsing after autologous transplantation: analysis of the Japan Society for Hematopoietic Cell Transplantation. Bone Marrow Transplant. 2021 Jan 29. doi: 10.1038/s41409-020-01192-8.

    Sakurai M, Mori T, Kato K, Kanaya M, Mizuno S, Shiratori S, Wakayama T, Uchida N, Kobayashi H, Kubo K, Amano I, Ohta T, Miyazaki Y, Kanda J, Fukuda T, Atsuta Y, Kondo E; Adult Lymphoma Working Group of the Japan Society for Hematopoietic Cell Transplantation (JSHCT).

  • 2. Germline RUNX1 translocation in familial platelet disorder with propensity to myeloid malignancies. Ann Hematol. 2021 Jan 18. doi: 10.1007/s00277-021-04430-1.

    Sakurai M, Nannya Y, Yamazaki R, Yamaguchi K, Koda Y, Abe R, Yokoyama K, Ogawa S, Mori T.

  • 3. Outcome of Stem Cell Transplantation for Waldenstr?m's Macroglobulinemia: Analysis of the Japan Society for Hematopoietic Cell Transplantation (JSHCT) Lymphoma Working Group. Ann Hematol. 2020 Jul;99(7):1635-1642

    Sakurai M, Mori T, Uchiyama H, Ago H, Iwato K, Eto T, Iwasaki H, Kawata T, Takamatsu H, Yamasaki S, Takanashi M, Ichinohe T, Atsuta Y, Suzuki R.

  • 4. In Vivo Expansion of Functional Human Hematopoietic Stem Progenitor Cells by Butyzamide. Int J Hematol. 2020 May;111(5):739-741

    Sakurai M, Takemoto H, Mori T, Okamoto S, Yamazaki S.

  • 5. Treatment Outcomes of Chronic-Phase Chronic Myeloid Leukemia With Resistance and/or Intolerance to a 1st-line Tyrosine Kinase Inhibitor in Japan: The Results of the New TARGET Study 2nd-line. Int J Hematol. 2020 Jun;111(6):812-825.

    Sakurai M, Okamoto S, Matsumura I, Murakami S, Takizawa M, Waki M, Hirano D, Watanabe-Nakaseko R, Kobayashi N, Iino M, Mitsui H, Ishikawa Y, Takahashi N, Kawaguchi T, Suzuki R, Yamamoto K, Kizaki M, Ohnishi K, Naoe T, Akashi K; New TARGET investigators.

  • 6. Renal dysfunction and anemia associated with long-term imatinib treatment in patients with chronic myelogenous leukemia. Int J Hematol. 2019; 109: 292-298.

    Sakurai M, Kikuchi T, Karigane D, Kasahara H, Matsuki E, Hashida R, Yamane Y, Abe R, Koda Y, Toyama T, Kato J, Shimizu T, Yokoyama Y, Suzuki S, Nakamura T, Okamoto S, Mori T.

  • 7. Comparative study on baseline clinical characteristics of Asian versus non-Asian patients with paroxysmal nocturnal hemoglobinuria. Int J Hematol. 2019 Oct;110(4):411-418

    Sakurai M, Jang JH, Chou WC, Kim JS, Wilson A, Nishimura JI, Chiou TJ, Kanakura Y, Lee JW, Okamoto S.

  • 8. Geriatric screening tools predict survival outcomes in older patients with diffuse large B cell lymphoma. Ann Hematol. 2019; 98: 669-678.

    Sakurai M, Karigane D, Kasahara H, Tanigawa T, Ishida A, Murakami H, Kikuchi M, Kohashi S.

  • 9. Genetic basis of myeloid transformation in familial platelet disorder/acute myeloid leukemia patients with haploinsufficient RUNX1 allele. Blood Cancer J. 2016; 6: e392.

    Sakurai M, Kasahara H, Yoshida K, Yoshimi A, Kunimoto H, Watanabe N, Shiraishi Y, Chiba K, Tanaka H, Harada Y, Harada H, Kawakita T, Kurokawa M, Miyano S, Takahashi S, Ogawa S, Okamoto S, Nakajima H.

  • 10. RUNX1 haploinsufficiency results in granulocyte colony-stimulating factor hypersensitivity. Blood Cancer J. 2016; 6: e379.

    Chin DW, Sakurai M, Nah GS, Du L, Jacob B, Yokomizo T, Matsumura T, Suda T, Huang G, Fu XY, Ito Y, Nakajima H, Osato M.

  • 11. Impaired hematopoietic differentiation of RUNX1-mutated induced pluripotent stem cells derived from FPD/AML patients. Leukemia. 2014; 28: 2344-2354.

    Sakurai M, Kunimoto H, Watanabe N, Fukuchi Y, Yuasa S, Yamazaki S, Nishimura T, Sadahira K, Fukuda K, Okano H, Nakauchi H, Morita Y, Matsumura I, Kudo K, Ito E, Ebihara Y, Tsuji K, Harada Y, Harada H, Okamoto S, Nakajima H.

受賞

  • 1. 2016年 日本血液学会 奨励賞

本ページにおける情報は、医師本人の申告に基づいて掲載しております。内容については弊社においても可能な限り配慮しておりますが、最新の情報については公開情報等をご確認いただき、またご自身でお問い合わせいただきますようお願いします。

なお、弊社はいかなる場合にも、掲載された情報の誤り、不正確等にもとづく損害に対して責任を負わないものとします。

他の医師を見る

同じ所属病院の医師