公益社団法人地域医療振興協会 横須賀市立うわまち病院

この病院の診療科

診療科
  • 内科
  • 外科
  • 精神科
  • 脳神経外科
  • 呼吸器外科
  • 消化器外科
  • 腎臓内科
  • 心臓血管外科
  • 小児科
  • 小児外科
  • 整形外科
  • 形成外科
  • 皮膚科
  • 泌尿器科
  • 産科
  • 婦人科
  • 眼科
  • 耳鼻咽喉科
  • リハビリテーション科
  • 放射線科
  • 麻酔科
  • 乳腺外科
  • 呼吸器内科
  • 循環器内科
  • 消化器内科
  • 脳神経内科
  • 病理診断科

認定/指定情報

法令による大臣または各都道府県知事承認・指定のあるもの

  • 地域周産期母子医療センター
  • 救命救急センター

この病院の医師

  • 横須賀市立うわまち病院 病院管理者、公益社団法人 地域医療振興協会 副理事長

    沼田 裕一先生

    自治医科大学卒業後、9年間熊本県内の僻地医療に従事し、その後熊本赤十字病院で循環器内科医としてインターベンション治療を中心に、数多くの患者に医療を提供。2001年10月より横須賀市立うわまち病院の院長となり、充実した病診連携を地域医療という概念も薄いころから推進してきた。2015年には自治体立優良病院総務大臣表彰を受賞。

  • 横須賀市立うわまち病院 副病院長・循環器内科 部長

    岩澤 孝昌先生

    1992年、自治医科大学医学部を卒業。2001年より横須賀市立うわまち病院の前身である国立横須賀病院循環器内科医師として勤務。

  • 横須賀市立うわまち病院 心臓血管外科 部長

    安達 晃一先生

    心臓血管外科全般を専門とし、2016年9月より須賀市立うわまち病院 心臓血管外科部長を務める。自治医科大学卒業生として秋田県の僻地病院勤務の後、自治医科大学附属さいたま医療センター心臓血管外科に入局。大動脈疾患や弁膜症、虚血性心疾患などの数多くの重症、難易度の高い手術症例を経験し、若手の指導医にも精力的である。インフェクションコントロールドクター、NSTディレクターとして病院内の総合的な役割も担ってきた。湘南鎌倉総合病院心臓血管外科部長、春日部中総合病院心臓血管外科部長を歴任し、2009年には横須賀市立うわまち病院心臓血管外科も開設を手掛けた。今回の横須賀赴任は二回目で、赴任後は積極的に緊急手術を受け入れ、急速に手術症例が増加している。現在も、自治医科大学附属さいたま医療センターおよび関連施設で手術指導をしている。近年は心臓手術の約半数で小開胸アプローチによる低侵襲手術を実施している。

  • 横須賀市立うわまち病院 副病院長 消化器病センター長 消化器内科部長

    池田 隆明先生

    横須賀市立うわまち病院の副病院長を務める。消化器一般を専門とし、地域の消化器疾患治療を包括的に診療する。内科・消化器領域学会の指導医認定を取得しており、若手医師の教育にも力を入れる。特に肝臓疾患の診断、治療を専門にしている。

  • 横須賀市立うわまち病院 副管理者・小児医療センター長

    宮本 朋幸先生

    横須賀市立うわまち病院小児医療センターのセンター長として、三浦半島の小児入院医療の発展に貢献した。また、病院の研修プログラムディレクターとして、幅広い専門分野に対応できる医師の育成にも力を注いでいる。

  • の受診相談が可能

    横須賀市立うわまち病院 心臓血管外科科長

    中田 弘子先生

    1996年筑波大学医学専門学群卒業後、筑波大学附属病院循環器外科レジデントを経て関連病院などで臨床経験を積む。血管外科と足病を専門とし、地域住民の皆さんを足病から守るべく、日々の診療に従事する。

  • の受診相談が可能

    横須賀市立うわまち病院 第一脳神経外科 部長

    廣田 暢夫先生

    横須賀市立うわまち病院の第一脳神経外科部長、第一脳血管外科部長を務める。脳血管内治療専門医・指導医の認定資格を持ち、脳血管疾患治療の技術向上に力を入れる。さらに病院全体で迅速な救急手術体制を整えるべく、院内の連携強化システム構築に尽力し、より質の高い医療の実現を目指している。

  • 横須賀市立うわまち病院  呼吸器内科部長心得

    上原 隆志先生

    1994年、日本医科大学医学部を卒業し、医師としてのキャリアをはじめる。包括的呼吸器診療を目指して、呼吸器悪性腫瘍、閉塞性肺疾患、職業性肺疾患を学び、アスベスト関連疾患の診断と治療を専門としている。また、健診業務に専従した経験より、アスベスト健診も得意としている。

  • の受診相談が可能

    横須賀市立うわまち病院 呼吸器内科顧問

    三浦 溥太郎先生

    呼吸器内科の医師として、特にアスベスト関連疾患の診断と治療を専門としている。中央環境審議会環境部会 石綿健康被害判定小委員会委員長など、多数の役職を経験。その功績が認められ、2014年には環境保全功労者として表彰されている。

  • 横須賀市立うわまち病院総合内科 科長

    神尾 学先生

    腎臓内科や救急医療の現場で経験を積んだ後、総合的な医療に携わるために、現在は横須賀市立うわまち病院で総合内科医として勤務。患者さんと各専門の医師たちとの連携をスムーズに行い、全人的な診療の提供に日々尽力している。

  • 横須賀市立うわまち病院 副病院長

    山本 和良先生

    整形外科領域、特に関節疾患の診療を行う。整形外科を主戦場としていることから、関節痛に悩む患者さんに人工関節手術を提案する機会も多い。診療時には患者さんが抱えている不安や疑問を聞き取り、それに対してわかりやすく説明するなど、患者さんとの対話を心がけている。

  • の受診相談が可能

    横須賀市立うわまち病院 第二外科 部長

    菅沼 利行先生

    がんの診断時には、国内で使用されているステージ分類だけでなく、海外で使用されているステージ分類を見比べて整合性を取るなど、丁寧な診断を心掛けている。手術となったあとも放射線治療や抗がん剤治療などの補助治療を実施しながら患者さんの再発予防に力を注ぐ。

  • の受診相談が可能

    横須賀市立うわまち病院 総合内科 顧問

    松永 敬一郎先生

    長年にわたり自己免疫性疾患、リウマチ、アレルギーの診療にあたり、数多くの症例を診察した実績を持つ。講演会活動にも力を入れており、シェーグレン症候群の早期発見にむけた「ドライケアフォーラム」の開催に携わるなど、より良い医療の実現を目指し活動している。

  • の受診相談が可能

    横須賀市立うわまち病院 泌尿器科部長

    黄 英茂先生

    泌尿器科のなかでも、前立腺がんのロボット手術に注力している。前立腺がんの手術はダビンチにより実施し、後進の育成にも力を入れている。また治療方針決定の際には、患者さんの社会的・家族的な事情を十分聞き取り、患者さんと一緒に治療方法を決定している。

  • の受診相談が可能

    横須賀市立うわまち病院 高精度放射線治療センター センター長

    大泉 幸雄先生

    放射線治療一筋40年、臨床はもちろん生物学やパイ中間子・温熱療法の研究にも専念。 2002年より東海大の教授に歴任し、2014年から横須賀市立うわまち病院の高精度放射線治療センター長を務める。

  • 横須賀市立うわまち病院 小児科

    角 春賢先生
  • の受診相談が可能

    横須賀市立うわまち病院 眼科 眼科部長、神奈川県眼科医会 会員

    西本 浩之先生

    1985年北里大学医学部を卒業後、眼科医として経験を積み、2009年には横須賀市立うわまち病院眼科部長に就任。眼形成手術、白内障を主な専門として、患者さんの診療に尽力。同病院の眼科では、「スピーディー、親切、丁寧」をモットーに待たせない外来を目指している。

  • の受診相談が可能

    横須賀市立うわまち病院 皮膚科 科長

    大川 智子先生

    2005年群馬大学医学部を卒業後、2007年に横浜市立大学附属病院皮膚科に入局。アトピー性皮膚炎、接触皮膚炎を専門とし臨床経験を積む。2017年に横須賀市立うわまち病院の皮膚科長に就任する。

  • 横須賀市立うわまち病院 集中治療部 部長

    牧野 淳先生

    集中治療部の医師として、主に重症の患者さんの治療と全身管理を担当している。自身の家族が重病を経験したことをきっかけに、常に患者さんを第一に考え、ご家族の気持ちに配慮しながら日々の治療にあたっている。また、治療と共に後進の指導にも尽力している。米国集中治療専門医を保有。

診療受付時間

受付時間

08:30-11:30
  • 8:30~11:30  原則紹介制 一部診療科予約制  科により異なる  臨時休診あり

オンライン診療情報

保険対応要問い合わせ
オンライン診療の手段

要問い合わせ

初診 / 再診

再診

薬について

要問い合わせ

新型コロナウイルスへの相談対応要問い合わせ
セカンドオピニオン対応要問い合わせ
対応する診療科内科・外科・整形外科・皮膚科・小児科・眼科

厚生労働省に申告されたオンライン診療の対応する診療科:内科,外科,整形外科,皮膚科,小児科,眼科

  • ※厚生労働省のデータなどに基づく
  • ※詳しくは医療機関にお問い合わせください
オンラインでこの医療機関を受診する
お問い合わせはこちら
046-823-2630
公式ホームページを確認する
※医療機関の公式ホームページに遷移します
Img online module

検診プランpowered by

    よかレポ

    • 小児科を受診

      子供の循環器に異常があり、こちらの小児科を紹介していただきました。初めての子育てと病気が発覚しパニックになりましたが、先生の対応や病状の説明も分かりやすく安心しました。現在も通院中ですが、これからも子供の成長と共にお世話になる予定です。

      続きをみる
    • 内科を受診

      5月下旬より、母(今年79歳)が内科に入院・治療していただきました。
      この7月下旬に、内科での治療を終え、いよいよ退院という運びになったのですが、自宅では私一人(男です)ということで、日中は仕事で家を空けざるを得ない状況で、ヘルパーさんを派遣してもらっても、母の介護や、容体の急変に万全な対応が取れるか、大いに不安に感じておりました。
      そんな私たち親子の今後を心配してくださった看護師の方から、退院後はどうするのか?と尋ねられました。私は、「退院=自宅療養」としか頭になかったことと、少なからず不安がある旨を伝えました。
      すると、数日後、同病院の相談室の方から連絡があり、日時を合わせて相談が行われました。相談は、主治医の先生、件の看護師の方も同席されるというものでしたが、さらに驚いたことに、今後我々親子に予想される問題点やその具体的な解決案を、市の長寿福祉課の方と事前に協議していただき、私と母にとって、最善となる方策を提示していただきました。
      およそ2か月にわたる入院中は、医師・看護師・その他のスタッフの方に本当によくしていただきました。身内の入院が久しぶりだったのですが、以前は、病院というとある種の冷たさを感じたものです。こちらが説明を求めれば、「素人のくせに」という医師の態度が鼻についた感じがあり、正直身構えておりました。
      しかし、うわまち病院の先生方は「素人にもわかり易く」説明をしてくださり、看護師の方は些細な事でも嫌な顔一つせず、患者のナースコールに対応してくれます。
      今、母は同病院に併設されている療養施設に転院しましたが、この転院には、相談室のスタッフの方が多大に配慮してくださった賜です。
      結局、母の行く末は、家に帰ることなく、介護施設を転々として最後を迎える、ということですが、先の話し合いで、納得のいく説明を聞いたので、私の覚悟はできました。
      このように、母の入院生活を間近でみた感想として、この病院は、単に治療行為を行うのみではなく、家族の生活環境までも見据え、問題(私たちの場合は、介護倒れによる母と私の共倒れ)を未然に防ぐ、という親切な体制が敷かれていることで、感謝という言葉のほかには思い浮かびません。
      お世話になりました先生方、看護師の皆さん、相談室のスタッフの方々、本当にありがとうございました。

      続きをみる

    その他の病院情報

    公式サイトhttps://www.jadecomhp-uwamachi.jp/
    連絡先

    TEL 046-823-2630

    住所〒238-8567 神奈川県横須賀市上町2丁目36 GoogleMapで見る
    アクセス京急本線 横須賀中央 徒歩12分

    この病院の記事

    メディカルノート病院検索サービスに掲載されている各種情報は、弊社が取材した情報のほか、ティーペック株式会社及びマーソ株式会社より提供を受けた情報が含まれております。できる限り正確な情報掲載に努めておりますが、弊社において内容を完全に保証するものではありませんので、受診の際には必ず事前に各医療機関にご連絡のうえご確認いただきますようお願い申し上げます。なお、掲載されている情報に誤りがある場合は、お手数ですが、お問い合わせフォームからご連絡をいただけますようお願いいたします。ご指摘内容の修正・更新につきましても、外部より提供を受けた情報につきましては、弊社においてその対応を保証するものではございません。

    オンライン診療に関するデータは、原則として「新型コロナウイルス感染症の拡大に際しての電話や情報通信機器を用いた診療等の時限的・特例的な取扱いについて」に基づく対応を行っている医療機関として厚生労働省のウェブサイトに掲載された情報に準拠していますが、一部、弊社およびMICIN社にてオンライン診療の実施の確認が取れた医療機関につき情報を追加しています。