この病院の診療科

診療科
  • 内科
  • 血液内科
  • リウマチ科
  • 外科
  • 心療内科
  • 精神科
  • 脳神経外科
  • 呼吸器外科
  • 消化器外科
  • 腎臓内科
  • 心臓血管外科
  • 小児科
  • 小児外科
  • 整形外科
  • 形成外科
  • 皮膚科
  • 泌尿器科
  • 産科
  • 婦人科
  • 内分泌科
  • 眼科
  • 耳鼻咽喉科
  • リハビリテーション科
  • 歯科
  • 矯正歯科
  • 小児歯科
  • 歯科口腔外科
  • 麻酔科
  • 乳腺外科
  • 呼吸器内科
  • 循環器内科
  • 緩和ケア内科
  • 腫瘍内科
  • 感染症内科
  • 消化器内科
  • 糖尿病内科
  • 代謝内科
  • 膠原病内科
  • 脳神経内科
  • 老年内科
  • 漢方内科
  • 肝胆膵外科
  • 血管外科
  • 放射線診断科
  • 放射線治療科
  • 頭頸部外科
  • 総合診療科

認定/指定情報

法令による大臣または各都道府県知事承認・指定のあるもの

  • 特定機能病院
  • 災害拠点病院
  • 救命救急センター
  • 都道府県がん診療連携拠点病院
  • 小児がん拠点病院
  • 総合周産期母子医療センター

この病院の医師・医療スタッフ

  • の受診相談が可能

    東北大学大学院医学系研究科 てんかん学分野教授

    中里 信和 先生

    2010年3月、大学病院初の「てんかん科」を設立。2011年4月には研究講座名を「てんかん学分野」と改名。てんかんの診療改革として、「1時間外来」や「2週間検査入院」を展開。研究面では、超伝導センサを使った脳磁図計測を、てんかんの診断や脳研究に応用する国際的権威。教育面では、てんかんへの偏見や差別を取り除くアウトリーチ活動を展開している。

  • の受診相談が可能

    東北大学病院 耳鼻咽喉・頭頸部外科 科長

    香取 幸夫 先生
  • の受診相談が可能

    東北大学大学院医学系研究科 てんかん分野 准教授

    神 一敬 先生

    我が国では少数派の神経内科出身のてんかんの専門医であり、東北大学てんかん学分野で准教授を務める。同分野中里教授のもと、大学病院初の「てんかん科」設立に携わり、てんかん診療の第一線で活躍。ビデオ脳波モニタリング検査により患者さんの「発作」を記録して正しい診断、さらには適切な治療に結びつけている。

  • 東北大学 大学院医学系研究科 消化器外科学分野教授、東北大学病院 肝・胆・膵外科長

    海野 倫明 先生

    1986年に東北大学医学部卒業後、外科医としての経験を積み、2005年には東北大学大学院消化器外科学分野教授に就任。難治性疾患の多い肝胆膵外科領域の治療法の研究に尽力している。

  • の受診相談が可能

    東北大学 大学院医学系研究科 精神神経学分野 准教授、みやぎ心のケアセンター 副センター長

    松本 和紀 先生

    統合失調症の早期段階、精神病のリスク状態(at-risk mental state: ARMS)を専門とし、縦断経過調査、認知機能や神経画像の研究などを手がけている。専門外来における診療も行っており、認知行動療法の実践や普及にも力を入れている。東日本大震災後には災害精神医学や心的トラウマについての実践や研究も行っている。

  • 東北大学 大学院医学系研究科 発生・発達医学講座小児外科学分野 准教授 、東北大学病院 小児外科 副科長

    和田 基 先生

    かつて不可能といわれていた小腸移植を専門とし、成績向上と普及に尽力している。患者さんのQOL向上や価値観を反映した治療選択や長期にわたる術後管理などを行い、一人ひとりに適した医療を提供することを信条としている。

  • の受診相談が可能

    東北大学 大学院医学系研究科小児病態学分野 教授、東北メディカル・メガバンク機構 副機構長

    呉 繁夫 先生

    1982年に東北大学医学部を卒業し、現在は同大学にて小児科教授を務めている。AMED事業である、小児未診断疾患イニシアチブ(IRUD-P)東北ブロック研究分担者。次世代シークエンサーを用いた分子診断を行い、「お子さんとご家族のためになる診断」を目指し、先天性疾患の原因解明と治療改善、適切なフォローアップ方法の提示に力を注いでいる。 東北メディカル・メガバンク副機構長・コホート事業部長として、15万人の大規模コホートの運営、ゲノム解析を実施している。

  • 東北大学消化器内科 非常勤講師

    金澤 義丈 先生

    東北大学病院消化器内科で炎症性腸疾患の診療に従事しており、腸管免疫を専門としている。

  • 東北大学大学院 医学系研究科・医学部 皮膚科 准教授、東北大学病院 皮膚科 副科長

    山﨑 研志 先生
  • の受診相談が可能

    東北大学 副学長、東北大学病院 病院長、東北大学東北メディカル・メガバンク機構 機構長特別補佐

    八重樫 伸生 先生

    東北地方を中心に道南から北関東までをカバーする東北大学病院の病院長として患者さん第一の医療の提供に腐心するかたわら、産婦人科医として子宮頸がんをはじめとする婦人科がんを中心に臨床を行う。目指すのは患者さんのQOL(生活の質)を維持した確実な治療。 東北大学伝統の進取の気性を大切にしながら、日々診療に励んでいる。

  • の受診相談が可能

    東北大学 大学院医学系研究科 神経内科学分野 教授

    青木 正志 先生

    1990年東北大学医学部医学科卒業。1996年米国ハーバード大学医学部マサチューセッツ総合病院神経内科研究員を経て、2011年に東北大学大学院医学系研究科教授に就任。難治性神経内科を専門とし、とりわけALSなどの神経変性疾患および筋疾患の治療、研究に尽力している。

  • の受診相談が可能

    東北大学病院 消化器内科 准教授/消化器内視鏡センター センター長

    小池 智幸 先生

    東北大学病院消化器内科 准教授、同病院消化器内視鏡センター センター長を兼任。 診療のかたわら、学会やセミナーでの講演、著書出版を行うなど、上部消化管疾患の内視鏡診断・治療のエキスパートとして幅広く活躍する。

  • の受診相談が可能

    東北大学 大学院医学系研究科緩和医療学分野 教授

    井上 彰 先生

    秋田大学を卒業後、国立がんセンター、東北大学病院呼吸器内科などを経て、東北大学病院緩和医療科教授。肺がん治療と緩和医療という2つの専門分野を持ち、病気の治療と緩和ケアの双方から患者さんを診療する。肺がんの患者さんを数多く診療してきた経験を活かし、緩和ケアをすべての診療科に広めていきたいという思いで日々活躍している。

  • 東北大学病院 心療内科科長

    福土 審 先生

    日本の代表的心療内科医。特に過敏性腸症候群を専門としており、国内外の患者が紹介されて来る。脳腸相関研究の開拓者。研究業績がハイインパクトジャーナルを含め多数ある。後進の育成にも尽力しており、多数の博士(医学)を育成している。

診療受付時間

受付時間

08:30-11:00
  • 8:30~11:00  原則、紹介予約制  診療時間8:30~17:15  科により異なる  臨時休診あり

検診プラン powered by

その他の病院情報

公式サイト http://www.hosp.tohoku.ac.jp/
連絡先

TEL 022-717-7000

住所 〒980-8574 宮城県仙台市青葉区星陵町1-1 GoogleMapで見る
アクセス 仙台市営地下鉄南北線 北四番丁 北2出口 徒歩10分
JR仙山線 仙台 東北大学病院経由、北山→子平町循環など 東北大学病院前下車 バス20分

この病院の記事

メディカルノート病院検索サービスに掲載されている各種情報は、弊社が取材した情報のほか、ティーペック株式会社及びマーソ株式会社より提供を受けた情報が含まれております。できる限り正確な情報掲載に努めておりますが、弊社において内容を完全に保証するものではありませんので、受診の際には必ず事前に各医療機関にご連絡のうえご確認いただきますようお願い申し上げます。なお、掲載されている情報に誤りがある場合は、お手数ですが、 お問い合わせフォーム からご連絡をいただけますようお願いいたします。ご指摘内容の修正・更新につきましても、外部より提供を受けた情報につきましては、弊社においてその対応を保証するものではございません。

オンライン診療に関するデータは、原則として「 新型コロナウイルス感染症の拡大に際しての電話や情報通信機器を用いた診療等の時限的・特例的な取扱いについて 」に基づく対応を行っている医療機関として厚生労働省のウェブサイトに掲載された情報に準拠していますが、一部、弊社およびMICIN社にてオンライン診療の実施の確認が取れた医療機関につき情報を追加しています。