この病院の診療科

診療科
  • 内科
  • 外科
  • 麻酔科
  • 頭頸部外科
  • 病理診断科

この病院の医師・医療スタッフ

  • の受診相談が可能

    医療法人神甲会 隈病院 院長

    宮内 昭 先生

    甲状腺・副甲状腺疾患の診療・研究に40年以上携わってきた。特に甲状腺がんの診断と治療を専門とし、この手術にともなう反回神経麻痺に対する頸神経ワナ・反回神経吻合による再建を日本で最初に考案・施行した。また急性化膿性甲状腺炎の原因となる一種の発生異常の存在を世界で初めて発見し、下咽頭梨状窩瘻と名付けた。カルシトニンのダブリングタイム(Ct-DT)が髄様がんの予後因子であることを世界で初めて報告し、最近ではサイログロブリンのダブリングタイム(Tg-DT)が乳頭がんの強力な予後因子であることを見出している。最近、小さい甲状腺乳頭癌が世界的に増加し、その取扱いが問題となっている。宮内の提唱により1993年から隈病院では世界で初めて低リスクの甲状腺微小乳頭癌に対して、非手術経過観察を行っており、大多数の微小癌は進行しないこと、少し進行してもその時点で手術を行えば手遅れとはならないこと、隈病院のような専門病院で手術を行っても、手術群の方が経過観察群より声帯麻痺などの不都合事象が多いことを明らかにした。この成果は2015年版アメリカ甲状腺学会の甲状腺腫瘍取扱いガイドラインに大きく取り上げられた。

  • 医療法人神甲会 隈病院 副院長

    赤水 尚史 先生

    日本甲状腺学会の重要臨床課題だった甲状腺クリーゼについて調査・研究の先頭に立って世界初とされる大規模な疫学調査を行ってきた。これまではなかった甲状腺クリーゼの適切な診断基準や治療のガイドラインづくりを進めている。

  • の受診相談が可能

    隈病院 甲状腺内科顧問

    深田 修司 先生

    日本を代表する甲状腺疾患のエキスパート。奥深い甲状腺疾患について、「寝ても覚めても」考えており、患者さんにとって低リスクで質の高い医療を提供できるよう常に努力している。また、良好な医療者と患者さんの関係を築き上げることを重視し、著書や講演などを通し、医療者への啓発にも力を注いでいる。

  • の受診相談が可能

    神甲会隈病院 内科科長

    伊藤 充 先生

    香川医科大学医学部を卒業後、大阪医科大学第一内科を経て、現在、甲状腺専門病院である神甲会隈病院内科部長を務める。甲状腺機能低下症における脂質代謝異常、T3優位型バセドウ病、甲状腺全摘術後の甲状腺ホルモンバランスなどを、臨床研究のテーマとしてきた。甲状腺疾患の現状と治療法について詳しく説明し、 患者のニーズに応える診療を心がけている。

  • 医療法人神甲会 隈病院 内科副科長

    工藤 工 先生

    神戸大学医学部を卒業後、同大学附属病院および淀川キリスト教病院内科に勤め、2006年より神戸大学大学院にて内分泌領域へと専門を深める。2005年1月に隈病院に入職し、院内における診療情報管理機能の導入および改善を行い、院内診療情報管理システムを新しく構築した。2021年現在は内科副科長として臨床や後輩指導を担うとともに、診療情報管理科アドバイザーとしてシステム管理の統括も行っている。

  • 隈病院 副院長

    宮 章博 先生

    1984年に鹿児島大学を卒業後、大阪大学医学部第二外科で外科医師としてキャリアをはじめる。卒業後4年間は消化器外科を中心に研修を受け、その後4年間は大学で甲状腺、副甲状腺、乳腺、副腎疾患に関する内分泌外科の臨床と研究を行う。研究終了後は医局の関連病院で内分泌疾患以外にも、消化器、呼吸器、血管などの手術を執刀する機会に恵まれ、外科医として経験を積む。2002年から隈病院に勤務し、甲状腺、副甲状腺を専門として診療を行っている。2017年5月には、第29回日本内分泌外科学会総会を会長として開催。

  • 隈病院 内科

    笠原 俊彦 先生

    大阪医科大学医学部を卒業後、小児科医として経験を積む。小児科医として幅広い経験を積むなかで、日本小児科学会認定 小児科専門医・指導医、日本甲状腺学会認定 甲状腺専門医、日本内分泌学会認定 内分泌代謝科専門医・指導医、日本アレルギー学会認定 アレルギー 専門医などを取得。そののち、内科医として市中病院に勤務し日本内科学会 内科認定医、日本糖尿病学会 認定糖尿病専門医を取得。隈病院へ入職後は主に外来診療を担当し、日々、多数の患者さんの診療に尽力。学会では、バセドウ病の薬物治療や甲状腺遺伝性疾患、若年者の甲状腺腫瘍などについて発表している。日本甲状腺学会評議員、日本甲状腺学会臨床重要課題 甲状腺微少乳頭癌取扱いのポジションペーパー作成委員を務める。

  • 隈病院 学術顧問

    西川 光重 先生

    京都大学医学部を卒業後、市中病院での勤務を経て、京都大学大学院に進学。大学院卒業後は関西医科大学に在籍し、主に甲状腺の研究に従事。大学在籍中にはカナダのトロント大学への留学も果たし、留学先では主にバセドウ病の研究を行った。2015年まで関西医科大学の教授を務め、その後、甲状腺についての経験を生かしたいと隈病院に入職。現在は学術顧問として、臨床・研究に取り組みながら、若手医師の育成にも尽力している。関西医科大学 名誉教授。

  • 隈病院 外科 科長

    木原 実 先生

    香川医科大学医学部を卒業後、同大学の第二外科に入局。乳腺・甲状腺を専門とするグループで、甲状腺疾患の診療や手術に従事する。その後、宮内昭院長の誘いで隈病院へ入職。臨床研究とともに、数多くの手術に従事し、甲状腺外科医としての研鑽を積む。また、外科科長として、若手医師の教育にも尽力。全ての外科医が、可能な限り安全で丁寧な手術を行うことができるよう、外科の体制づくりに力を注いでいる。

  • 隈病院 診療支援本部 本部長 内科 副科長

    西原 永潤 先生

    長崎大学医学部を卒業後、長崎大学 第一内科に入局。臨床・基礎研究に従事し、アメリカのベイラー医科大学への留学も経験。留学から帰国後は、基礎研究に従事しながら一般診療を担当する。その後、甲状腺の経験を積むために2004年に隈病院に入職。入職以来、毎年論文執筆を続け、2011年には日本甲状腺学会・七條賞を受賞。

  • 隈病院 外科 副科長

    舛岡 裕雄 先生

    東北大学医学部を卒業後、市中病院での外科研修を経て、東北大学 第二外科医局に入局。医師9年目のときに石巻赤十字病院に移り、移植甲状腺がんの班に所属しながら幅広い領域の診療に携わる。その後、甲状腺を専門にするため、隈病院へ。1件1件の手術を大切にし、丁寧な手術を心がけている。また、外科副科長として若手医師の育成にも尽力。

  • 医療法人神甲会 隈病院 外科 診療本部 本部長

    小野田 尚佳 先生

    大阪市立大学医学部を卒業後、同大学旧第一外科学教室に入局。外科研修を修了し、消化器外科医としてのキャリアをスタートさせる。その後同大学大学院に進学し、食道静脈瘤や胃がんなどの消化器疾患などに関する研究を行う。カリフォルニア大学 サンディエゴ校への留学を経て1997年に大阪市立大学に戻ったのち、専門分野を内分泌外科(甲状腺外科)に移し、甲状腺診療のグループ長として臨床および研究に力を注ぐ。2018年3月からは同大学乳腺・内分泌外科病院教授を務めていたが、より甲状腺外科診療の需要が高い場所で患者さんの力になりたいと考え、誘いを受ける形で2020年4月に隈病院 外科に入職。入職後は、診療本部本部長として診療チーム全体の指導やまとめ役を担っている。

  • 医療法人神甲会 隈病院 治験臨床試験管理科 科長、外科医長

    伊藤 康弘 先生

    大阪大学医学部を卒業後、旧第二外科学教室へ入局して一般外科医としてのキャリアをスタートさせる。その後は同大学大学院や関連病院にて研究および一般外科の臨床に尽力するが、何か一つの専門分野を持ちたいという思いを抱き、2001年に大学医局を離れて隈病院に入職。以降は甲状腺外科医として精力的に活動し、海外での研究論文発表も積極的に行う。2020年現在は治験臨床試験管理科科長/外科医長として後進の育成指導にも取り組んでいる。

  • 医療法人 神甲会 隈病院 外科医長

    藤島 成 先生

    近畿大学医学部を卒業後、同大学外科学教室に入局。市立堺病院(現・堺市立総合医療センター)での外科研修を修了したのち、大学で博士号を取得。その後同大学医局の乳腺内分泌外科に配属、医学部講師を経て2016年、大阪はびきの医療センターにて乳腺外科部長を務める。その後スキルアップを目指し、部長の座を捨ててがん研究会有明病院で外科手術の経験を積む。そこでの経験から甲状腺医療の分野にも強い関心を抱き、乳腺と甲状腺の両方を診療する医師になりたいという志を持って2019年に隈病院 外科に入職。入職後は、新人医師の1人としてゼロから甲状腺手術を学び、甲状腺専門の医師としてのキャリアを着実に積み重ねている。

  • 医療法人神甲会 隈病院 外科副科長/甲状腺外科

    東山 卓也 先生

    東北大学医学部を卒業後、大阪大学大学院に入学し、主に消化器や甲状腺、乳腺・内分泌を専門とする腫瘍外科へ入局。同医局での恩師との出会いをきっかけに甲状腺専門医への道を志す。同大学臨床検査診断学講座での遺伝子研究や一般病院での臨床に携わったのち、2004年より隈病院に入職し、本格的に甲状腺専門医としてのキャリアを積む。現在は外科 副科長として日々の臨床を務めるほか、後進の指導や一般生活者への講演活動などにも力を注いでいる。

  • 医療法人 神甲会 隈病院 病理診断科 医長

    林 俊哲 先生

    台湾出身、母国、アルゼンチン、アメリカ、日本を含めて合計4カ国の医師免許を所有する病理診断医。アルゼンチン国立ブエノスアイレス大学医学部医学科を卒業後、国費留学生として日本に渡り病理診断の道を志す。その後国内外の大学病院や一般病院勤務を経て、2016年より隈病院 病理診断科に入職。これまで培ってきた世界各国の人脈を活用し、共同研究や学術交流などにも積極的に取り組んでいる。“世界で通用する病理医”になることを目指して日々研究と臨床に力を尽くす。

  • 隈病院 甲状腺内科 内分泌代謝内科 糖尿病内科

    中村 友彦 先生
  • 隈病院 甲状腺内科、内分泌代謝内科

    久門 真子 先生
  • 隈病院 病理診断科 科長

    廣川 満良 先生

    川崎医科大学を卒業後、病理診断の分野で経験を積み、2006年に隈病院に入職。2010年より病理診断科 科長を務めている。同病院では、正確で質の高い病理診断を目指して、さまざまなシステムを構築。研究や論文執筆にも力を注ぎ、研究成果の発表にも積極的に取り組んでいる。KKSS(神戸甲状腺診断セミナー)を開催するなど、病理診断の分野の人材育成のために精力的に活動している。

  • 隈病院 麻酔科 科長

    三川 勝也 先生

    神戸大学医学部を卒業後、同大学医学部附属病院の麻酔科で研鑽を重ね、2009年に隈病院に入職。以来、麻酔科 科長として、安全な麻酔を実現するために尽力している。同病院では、徹底した術前評価や、神経モニタリング用チューブを中心とした麻酔管理などに取り組んでいる。

診療受付時間

受付時間

08:30-11:00
  • 8:30~11:00  再診は受付時間が異なる(土曜も受付あり)  第2土曜休診 臨時休診あり  甲状腺専門病院

オンライン診療情報

保険対応 要問い合わせ
オンライン診療の手段

要問い合わせ

初診 / 再診

再診

薬について

要問い合わせ

新型コロナウイルスへの相談対応 要問い合わせ
セカンドオピニオン対応 要問い合わせ
対応する診療科 内科・外科

厚生労働省に申告されたオンライン診療の対応する診療科:内科,外科

  • ※厚生労働省のデータなどに基づく
  • ※詳しくは医療機関にお問い合わせください
オンラインでこの医療機関を受診する
お問い合わせはこちら
078-371-3721
公式ホームページを確認する
※医療機関の公式ホームページに遷移します

検診プラン powered by

よかレポ

  • その他 を受診

    第1子妊娠中にバセドウ病が発覚し、隈病院を紹介され受診しました。結局その子は流産してしまいましたが、精神的に不安定な状態の私を、初診の時から優しく支えてくれました。カウンセリング受けることができ、精神的にとても落ち着きました。いつ診察に行っても、優しくて穏やかで、ユーモアもある先生が大好きです。現在も通院中ですが、お陰さまですっかり良くなりました。今妊娠中です。先生がついてくださっているので、今度は無事に出産できると安心してマタニティライフも過ごせます。他の方も書いておられますが、この病院は、看護師さん、受付スタッフ、すべての職員の方が優しくて、病院の中も、甲状腺の病気の方が、安心できるように照明も優しい穏やかなものを選んであります。とにかく、この病院に出会えてよかった。先生に出会えてよかった。感謝の思いでいっぱいの素晴らしい病院です!安心して受診してみてください。

    続きをみる
  • 外科 を受診

    20日前に甲状腺機能亢進症による甲状腺肥大で手術を受けました。
    手術までに執刀医や麻酔科医、薬剤師等がキチンと説明をしてくれ、6時間以上の手術でしたが何の問題もなく無事成功しました。院内は非常に綺麗で、食事も美味しく、普段の食べる量を聞いてくれて多くしてくれました。また全室個室です。
    術後翌日から食事を開始、2日目で抜糸、3日目でドレーンを抜き取り、5日目で退院となりました。その後は2週間後、2ヵ月後に受診となります。
    疵痕も非常に綺麗でシワに見えるだけです。

    本当に今まで抱えていた病気と長く付き合ってきたことが、こんなんだったら早く手術をすれば良かったと今になって思うぐらいです。

    悩まれている方是非一歩踏み出してください。

    続きをみる
  • その他 を受診

    大阪の甲状腺専門の内科クリニックで甲状腺のしこりを定期的に検査していましたが、腫瘍が大きくなったのと、細胞診で判別不能という結果の為、外科扱いになるのでと隈病院を紹介されました。初めは神戸までと思いましたが、他府県からも多く来られていて、こんなに甲状腺疾患を抱えている人がいるのかと思いましたが、検査も思っていた以上にスムーズでした。結局、片方の甲状腺を摘出することになり入院しましが、初めての入院がここで良かったと思いました。看護師さんの行き届いた看護と笑顔で不安な気持ちもとても軽減できました。今、思えば快適な入院生活だったと思います。素朴な病院食を想像してましたが、食事も美味しくいただくことができました。これからも、定期検診で通いますが隈病院を紹介してくださって良かったと思いました。

    続きをみる
  • その他 を受診

    甲状腺に腫瘍ができ、地元の病院に隈病院を紹介され、手術を受けました。当初は不安でしたが、病状、治療方法を一つ一つ丁寧に説明して頂き、安心しました。入院、手術もかゆい所に手が届くような対応と看護で、負担を感じませんでした。医者、看護師、事務スタッフすべてと人が患者の立場で動いている感じを受けます。

    続きをみる
  • その他 を受診

    2月末にバセドウ病がわかり隈病院にお世話になっています。初診は10時に受付を済ませ、3時には薬をもらえました。途中御飯を食べに外へ行けましたし、看護師の予診から→担当医→血液検査と尿検査とエコー検査→お昼食べに外へ→言われた時間に戻り→担当医の診断→流れが早い! 薬飲み始めて不安定になった私をしっかり受け止めてくれる専門医です。今はすごく楽になり、頑張って治療を続けています。診てもらって損はありません。私も和歌山からで遠いですが、気になるかたは早めの診察をおすすめします。

    続きをみる
  • その他 を受診

    地元の市民病院で甲状腺のしこりが「悪性の可能性あり」と言われ、やはり専門の病院に行こうと思い、隈病院へ行きました。まだ細胞診の結果待ちですが、血液検査&超音波検査の結果、先生はにこやかに「心配ないでしょう。」と言って下さいました。先生も看護婦さんも優しく丁寧です。もし手術するとしても、絶対この病院で受けたいです。

    続きをみる

その他の病院情報

公式サイト https://www.kuma-h.or.jp/
連絡先

TEL 078-371-3721

住所 〒650-0011 兵庫県神戸市中央区下山手通8丁目2-35 GoogleMapで見る
アクセス 神戸高速東西線 花隈 西口 徒歩3分
神戸市営地下鉄山手線 大倉山 東2出口 徒歩8分
神戸高速東西線 花隈 西口 徒歩3分
神戸高速東西線 西元町 東出口 徒歩5分
神戸市営地下鉄山手線 大倉山 東2出口 徒歩8分
JR神戸線(大阪~神戸) 元町 北口 徒歩15分

この病院の記事

メディカルノート病院検索サービスに掲載されている各種情報は、弊社が取材した情報のほか、ティーペック株式会社及びマーソ株式会社より提供を受けた情報が含まれております。できる限り正確な情報掲載に努めておりますが、弊社において内容を完全に保証するものではありませんので、受診の際には必ず事前に各医療機関にご連絡のうえご確認いただきますようお願い申し上げます。なお、掲載されている情報に誤りがある場合は、お手数ですが、 お問い合わせフォーム からご連絡をいただけますようお願いいたします。ご指摘内容の修正・更新につきましても、外部より提供を受けた情報につきましては、弊社においてその対応を保証するものではございません。

オンライン診療に関するデータは、原則として「 新型コロナウイルス感染症の拡大に際しての電話や情報通信機器を用いた診療等の時限的・特例的な取扱いについて 」に基づく対応を行っている医療機関として厚生労働省のウェブサイトに掲載された情報に準拠していますが、一部、弊社およびMICIN社にてオンライン診療の実施の確認が取れた医療機関につき情報を追加しています。