国立研究開発法人 国立循環器病研究センター病院

この病院の診療科

診療科
  • 神経内科
  • 脳神経外科
  • 腎臓内科
  • 心臓血管外科
  • 小児科
  • 産婦人科
  • リハビリテーション科
  • 放射線科
  • 歯科
  • 歯科口腔外科
  • 麻酔科
  • 循環器内科
  • 糖尿病内科
  • 代謝内科
  • 脳神経内科
  • 血管外科
  • 病理診断科

認定/指定情報

法令による大臣または各都道府県知事承認・指定のあるもの

  • 特定機能病院
  • 地域周産期母子医療センター

この病院の医師・医療スタッフ

  • の受診相談が可能

    国立循環器病研究センター病院 病院長

    飯原 弘二 先生

    脳卒中の外科、血管内治療(脳動脈瘤、頸動脈狭窄症)、虚血性神経細胞死、良性脳腫瘍の外科を専門としている。厚生労働科学研究、日本医療研究開発機構研究などにおいて研究代表者を務め、科学研究費助成事業では脳卒中医療に関する研究を行う。脳卒中医療の次世代の担い手である若手・後進の育成にも積極的に取り組んでいる。

  • の受診相談が可能

    国立循環器病研究センター 循環器病リハビリテーション部 部長 (心臓血管内科併任)

    後藤 葉一 先生

    国内の心臓リハビリテーションをけん引している国立循環器病研究センターで循環器病リハビリテーション部・心臓血管内科の部長を務め、心機能研究を国際的にリードしてきたエキスパート。心臓リハビリテーションの確立と普及に尽力している。また、臨床と同時に心疾患への学術研究活動も積極的に行っている。

  • 国立研究開発法人 国立循環器病研究センター 小児心臓外科

    市川 肇 先生

    小児心臓外科手術、小児補助循環の専門家。先天性心疾患を専門とする。国内外の心臓病の子供たちを救うプロジェクトの中心となり治療を行うなど、海外への医療支援にも携わっている。心疾患に苦しむ子どもたちの命を救うべく、日々患者とともに疾患と闘っている。日本小児循環器学会理事。日本成人先天性心疾患学会会長。

  • 国立研究開発法人 国立循環器病研究センター 名誉総長、公益財団法人 循環器病研究振興財団 理事長

    北村 惣一郎 先生

    心臓血管外科手術を専門とするなかでも特に小児の心臓血管外科手術に注力。川崎病という乳幼児期に発症する心疾患に対する冠動脈バイパス手術の開発に携わる。小児心臓外科手術の発展と普及に寄与した功績が認められ、2017年に文部科学省の特別の機関である日本学士院から日本学士院賞を授与された。

  • の受診相談が可能

    国立循環器病研究センター病院 移植医療部 部長・臨床栄養部長(併任)

    福嶌 敎偉 先生

    子どもの頃に、和田心臓移植(1968年に和田寿郎教授が主宰する札幌医科大学胸部外科チームによって行われた心臓移植)を知り、死体臓器提供の難しさを感じたことがきっかけとなり、医学部へと進学。小児心臓外科の研修中に、どんなに良い手術や治療をしても助からない子どもがいることを知る。同じ頃、米国のBailey教授がヒヒからの異種心臓移植に続き、ヒトからヒトへの新生児心臓移植を成功させたことを知り、今患者さんを助けるためには心臓移植を行えるようにしなければならないと決意。 \nその後、大阪大学での心臓移植実施の準備を行い、1991年にロマリンダ大学に留学しBailey教授の指導を仰ぐ。1999年2月に心臓移植再開例で心臓の摘出を担当し、改めて臓器提供者(ドナー)に対する敬意を深めるとともに、現在もドナーに敬意を払えるような移植医療体制をつくることに尽力している。 \n

  • 国立循環器病研究センター病院 周産期・婦人科部 部長

    吉松 淳 先生

    1987年に大分医科大学医学部を卒業後、同大学にて研鑽を積む。2009年大分大学地域医療・産婦人科教授を経て2012年より現職。センターの特性を活かし、主に心臓や脳血管に合併症を持つ患者の妊娠・分娩管理を行っている。

  • 国立循環器病研究センター病院 臨床研究部長(心臓血管内科併任)

    北風 政史 先生

    循環器内科 医師。大阪大学 医学研究科大学院で循環器の生理学に関する研究にて博士号を所得。大学院卒業後は、生理学・病態生理学研究からゲノム研究、分子生物学研究へと展開を図るとともに、実臨床へ研究成果を展開する。特に、国立循環器病研究センターに移動してからは、大規模観察・介入臨床研究、ゲノム研究などを行うとともに、ビッグデータの数理科学研究、マイニング研究など工学の手法をもちこんだ新しい医学を創設しつつある。国内外の医学部客員教授を引き受けて、日本のみならず海外の医科学の学生教育も行っている。

  • の受診相談が可能

    国立循環器病研究センター 肺高血圧先端医学研究部 特任部長/肺循環科 医長

    大郷 剛 先生

    循環器内科の医師として、主に肺循環、肺高血圧症、静脈血栓症を専門としている。岡山大学付属病院、ロンドン大学キングスカレッジを経て、国立循環器病研究センターに勤務。より良い治療、病気の解明を目指して、診療や研究に尽力している。

  • 国立循環器病研究センター 脳神経外科 医長

    森 久恵 先生
  • の受診相談が可能

    国立循環器病研究センター 心臓血管内科部門・不整脈科 部長

    草野 研吾 先生

    1992年国立循環器病センターにて循環器内科医師としてキャリアをはじめる。2000年豪州へ心臓移植、2001年米国へ再生治療の基礎的研究を行う。2006年岡山大学循環器内科准教授、2013年より現職。不整脈に関するアブレーション、デバイス、遺伝性不整脈、心臓サルコイドーシスに関して広く臨床・研究を行っている。

  • 国立循環器病研究センター 心臓血管外科 部門長

    藤田 知之 先生
  • の受診相談が可能

    国立循環器病研究センター 脳神経外科 経管治療医長

    佐藤 徹 先生
  • 国立循環器病研究センター 脳神経外科 部長

    片岡 大治 先生

診療受付時間

受付時間

08:30-12:00
  • 8:30~12:00  原則紹介制  科により異なる  臨時休診あり

検診プラン powered by

その他の病院情報

公式サイト http://www.ncvc.go.jp/hospital/
連絡先

TEL 06-6170-1070

住所 〒564-8565 大阪府吹田市岸部新町6-1 GoogleMapで見る
アクセス 京都線 岸辺 連絡通路で直結 徒歩1分
阪急京都本線 正雀 西口 徒歩8分

この病院の記事

メディカルノート病院検索サービスに掲載されている各種情報は、弊社が取材した情報のほか、ティーペック株式会社及びマーソ株式会社より提供を受けた情報が含まれております。できる限り正確な情報掲載に努めておりますが、弊社において内容を完全に保証するものではありませんので、受診の際には必ず事前に各医療機関にご連絡のうえご確認いただきますようお願い申し上げます。なお、掲載されている情報に誤りがある場合は、お手数ですが、 お問い合わせフォーム からご連絡をいただけますようお願いいたします。ご指摘内容の修正・更新につきましても、外部より提供を受けた情報につきましては、弊社においてその対応を保証するものではございません。

オンライン診療に関するデータは、原則として「 新型コロナウイルス感染症の拡大に際しての電話や情報通信機器を用いた診療等の時限的・特例的な取扱いについて 」に基づく対応を行っている医療機関として厚生労働省のウェブサイトに掲載された情報に準拠していますが、一部、弊社およびMICIN社にてオンライン診療の実施の確認が取れた医療機関につき情報を追加しています。