新型コロナウイルス感染症特設サイトはこちら

国立循環器病研究センター病院 病院長

日本脳神経血管内治療学会 脳血管内治療専門医・脳血管内治療指導医 日本脳神経外科学会 脳神経外科専門医 日本脳卒中学会 脳卒中専門医 日本脳卒中の外科学会 技術指導医 日本小児神経外科学会 認定医

飯原 弘二 いいはら こうじ 先生

脳卒中医療の質の向上を目指して研究活動を行う

脳卒中の外科、血管内治療(脳動脈瘤、頸動脈狭窄症)、虚血性神経細胞死、良性脳腫瘍の外科を専門としている。厚生労働科学研究、日本医療研究開発機構研究などにおいて研究代表者を務め、科学研究費助成事業では脳卒中医療に関する研究を行う。脳卒中医療の次世代の担い手である若手・後進の育成にも積極的に取り組んでいる。

基本情報

診療科・主な得意領域

  • 脳神経外科
  • 頸動脈狭窄症
  • 良性脳腫瘍

資格・学会・役職

日本脳神経血管内治療学会 脳血管内治療専門医・脳血管内治療指導医
日本脳神経外科学会 脳神経外科専門医
日本脳卒中学会 脳卒中専門医
日本脳卒中の外科学会 技術指導医
日本小児神経外科学会 認定医
  • 国立循環器病研究センター病院 病院長
  • 医学博士 取得
  • 日本脳神経外科学会 理事・九州支部支部長・法務委員会委員長・保険診療委員会副委員長・医療問題検討委員会委員・手術症例登録準備委員・学術奨励賞委員会委員・医療連携対応委員会委員・正史作成委員会委員・国際委員会委員・機関誌NMC編集委員会委員・専門医制度あり方委員会委員・会員資格審査委員会委員・佐野圭司賞選考委員会委員・COI委員会委員
  • 日本脳卒中学会 理事・システム委員会委員長
  • 日本脳卒中の外科学会 理事・総務委員会委員・代議員
  • 日本脳神経血管内治療学会 理事
  • 日本脳神経外傷学会 理事
  • 日本小児神経外科学会 評議員
  • 日本心血管脳卒中学会 監事

所属病院

国立循環器病研究センター病院

  • 脳神経外科 腎臓内科 心臓血管外科 小児科 産婦人科 リハビリテーション科 放射線科 歯科 歯科口腔外科 麻酔科 循環器内科 糖尿病内科 代謝内科 脳神経内科 血管外科 病理診断科
  • 大阪府吹田市岸部新町6-1
  • 京都線 岸辺 連絡通路で直結 徒歩1分 阪急京都本線 正雀 西口 徒歩8分 京都線 岸辺 連絡通路で直結 徒歩1分 阪急京都本線 正雀 西口 徒歩8分
  • 06-6170-1070
公式ウェブサイト
国立循環器病研究センター病院

医療記事

来歴等

略歴

1987年3月 京都大学医学部医学科卒業
1987年6月 京都大学医学部付属病院脳神経外科 研修医
1988年3月 天理よろづ相談所病院脳神経外科 医員
1989年4月 静岡県立総合病院脳神経外科医員
1990年4月 京都大学大学院医学研究科入学
1994年3月 京都大学大学院医学研究科修了 医学博士取得
1994年4月 国立循環器病センター脳血管外科 医員
1994年9月 国立循環器病センター研究所病因部脳外科研究室 室員
1995年6月 市立舞鶴市民病院脳神経外科 副医長
1996年4月 同 医長
1997年4月 カナダ トロント大学医学部 Research Fellow
1999年7月 カナダ トロントウエスタン病院 Clinical Fellow
2000年7月 国立循環器病センター脳血管外科 医員
2004年10月 同 医長
2009年7月 同 部長
2009年11月 京都大学医学部 臨床教授
2010年4月 国立循環器病研究センター 教育・研修部長 (併任)
2010年9月 同 脳血管部門長
2013年10月 九州大学大学院医学研究院脳神経外科 教授
2020年4月 国立循環器病研究センター病院 病院長

論文

1. Iihara K, Nishimura K, Kada A, Nakagawara J, Toyoda K, Ogasawara K, Ono J, Shiokawa Y, Aruga T, Miyachi S, Nagata I, Matsuda S, Ishikawa KB, Suzuki A, Mori H, Nakamura F; J-ASPECT Study Collaborators. The Impact of Comprehensive Stroke Care Capacity on the Hospital Volume of Stroke Interventions: A Nationwide Study in Japan: J-ASPECT Study. J Stroke Cerebrovasc Dis 23(5),1001-18, 2014
2. Nishimura K, Nakamura F, Takegami M, Fukuhara S, Nakagawara J, Ogasawara K, Ono J, Shiokawa Y, Miyachi S, Nagata I, Toyoda K, Matsuda S, Kataoka H, Miyamoto Y, Kitaoka K, Kada A, Iihara K. Cross-Sectional Survey of Workload and Burnout Among Japanese Physicians Working in Stroke Care: The Nationwide Survey of Acute Stroke Care Capacity for Proper Designation of Comprehensive Stroke Center in Japan (J-ASPECT) Study. Circ Cardiovasc Qual Outcomes 7(3): 414-22, 2014
3. Nakae T, Kataoka H, Kuwata S, Iihara K. Smartphone-assisted prehospital medical information system for analyzing data on prehospital stroke care. Stroke 45(5):1501-4, 2014
4. Iihara K, Nishimura K, Kada A, Nakagawara J, Ogasawara K, Ono J, Shiokawa Y, Aruga T, Miyachi S, Nagata I, Toyoda K, Matsuda S, Miyamoto Y, Suzuki A, Ishikawa KB, Kataoka H, Nakamura F, Kamitani S. Effects of Comprehensive Stroke Care Capabilities on In-Hospital Mortality of Patients with Ischemic and Hemorrhagic Stroke: J-ASPECT Study. PLoS One 9(5):e96819, 2014
5. Kamitani S, Nishimura K, Nakamura F, Kada A, Nakagawara J, Toyoda K, Ogasawara K, Ono J, Shiokawa Y, Aruga T, Miyachi S, Nagata I, Matsuda S, Miyamoto Y, Iwata M, Suzuki A, Ishikawa KB, Kataoka H, Morita K, Kobayashi Y, Iihara K. Consciousness level and off-hour admission affect discharge outcome of acute stroke patients: a J-ASPECT study. J Am Heart Assoc. 3(5):e001059,2014
6. Kaku Y, Iihara K, Nakajima N, Kataoka H, Fukuda K, Masuoka J, Fukushima K, Iida H, Hashimoto N. Cerebral blood flow and metabolism of hyperperfusion after cerebral revascularization in patients with moyamoya disease. J Cereb Blood Flow Metab 32(11): 2066-2075, 2012
7. Iihara K*, Aarts M*, Wei WL*, Xiong ZG, Arundine M, Cerwinski W, MacDonald JF, Tymianski M (*equal contribution). A key role for TRPM7 channels in anoxic neuronal death. Cell 115(7): 863-877, 2003
8. Namura S, Iihara K, Takami S, Nagata I, Kikuchi H, Matsushita K, Moskowitz MA, Bonventre JV, Alessandrini A. Intravenous administration of MEK inhibitor U0126 affords brain protection against forebrain ischemia and focal cerebral ischemia. Proc Natl Acad Sci USA 98(20): 11569-11574, 2001
9. Iihara K, Joo DT, Henderson J, Sattler R, Taverna FA, Lourensen S, Orser BA, Roder JC, Tymianski M. The influence of glutamate receptor 2 expression on excitotoxicity in GluR2 null mutant mice. J Neurosci 21(7): 2224-2239, 2001
10. Iihara K, Sasahara M, Hashimoto N, Uemura Y, Kikuchi H, Hazama F. Ischemia induces the expression of the platelet-derived growth factor-B chain in neurons and brain macrophages in vivo. J Cereb Blood Flow Metab 14(5):818-24, 1994

その他

  • 【受賞】1998年 Research Fellowship Award from the Heart and Stroke Foundation of Canada

  • 【受賞】2006年 第14回バイエル循環器病研究助成

  • 厚生労働科学研究費補助金(循環器疾患・糖尿病等生活習慣病対策総合研究事業) 「包括的脳卒中センターの整備に向けた脳卒中の救急医療に関する研究」(J-ASPECT Study) (平成22年度~24年度)

  • 科学研究費助成事業(基盤研究(B)) 「DPC情報を用いた脳卒中大規模データベースによるベンチマーキングに関する研究」 (平成25年度~28年度)

  • 厚生労働科学研究費補助金(循環器疾患・糖尿病等生活習慣病対策総合研究事業) 「脳卒中急性期医療の地域格差の可視化と縮小に関する研究」 (平成25年度~)

  • 日本医療研究開発機構研究費(循環器疾患・糖尿病等生活習慣病対策実用化研究事業) 「脳卒中後遺症の低減に向けた汎用性の高い革新的治療法の開発」 (平成26年度~)

  • 日本医療研究開発機構研究費[二次公募](循環器疾患・糖尿病等生活習慣病対策実用化研究事業)  「脳卒中を含む循環器病対策の評価指標の開発に関する研究」  (平成27年度~)

  • 総務省消防防災科学技術研究推進制度 「救急搬送の予後向上に向けた医療機関との情報の連結に関する研究」 (平成23年度~25年度)

本ページにおける情報は、医師本人の申告に基づいて掲載しております。内容については弊社においても可能な限り配慮しておりますが、最新の情報については公開情報等をご確認いただき、またご自身でお問い合わせいただきますようお願いします。

なお、弊社はいかなる場合にも、掲載された情報の誤り、不正確等にもとづく損害に対して責任を負わないものとします。