新型コロナウイルス感染症特設サイトはこちら

鳥取大学 医学部病態情報内科 教授、鳥取大学医学部附属病院 第一内科診療科群(循環器内科、内分泌・代謝内科) 主任診療科長

日本内科学会 総合内科専門医・認定内科医 日本循環器学会 循環器専門医 日本超音波医学会 超音波専門医・超音波指導医 日本救急医学会 会員

山本 一博 やまもと かずひろ 先生

基本情報

診療科・主な得意領域

  • 循環器内科

資格・学会・役職

日本内科学会 総合内科専門医・認定内科医
日本循環器学会 循環器専門医
日本超音波医学会 超音波専門医・超音波指導医
日本救急医学会 会員
  • 鳥取大学 医学部病態情報内科 教授
  • 鳥取大学医学部附属病院 第一内科診療科群(循環器内科、内分泌・代謝内科) 主任診療科長
  • 医学博士 取得
  • 日本救急医学会 認定ICLSコースディレクター
  • 日本内科学会 認定JMECCコースディレクター
  • American College of Cardiology Fellow
  • European Society of Cardiology Fellow

所属病院

鳥取大学医学部附属病院

  • 内分泌・代謝内科 内科 薬物療法内科 血液内科 消化器内科 救急科 精神科 小児科 脳神経小児科 整形外科 リウマチ科 脳神経外科 皮膚科 泌尿器科 産婦人科 眼科 耳鼻咽喉科 病理診断科 感染症内科 ペインクリニック外科 頭頸部外科 放射線科 放射線治療科 麻酔科 神経内科 呼吸器内科 アレルギー科 消化器内科 腎臓内科 循環器内科 形成外科 胸部外科 心臓血管外科 乳腺・内分泌外科 小児外科 歯科口腔外科 神経病理診断科 リハビリテーション科 腫瘍内科
  • 鳥取県米子市西町36-1
  • JR山陰本線(豊岡~米子)「米子駅」 米子市循環バスで8分 徒歩15分
  • 0859-33-1111
鳥取大学医学部附属病院

医療記事

来歴等

略歴

1986年 大阪大学医学部卒業
1986年 大阪大学医学部付属病院第一内科 研修医
1987年 大阪警察病院循環器科 医員
1994年 大阪大学大学院医学研究科修了
1994年 米国Mayo Clinic循環器内科リサーチフェロー
1998年 大阪大学医学部第一内科 助手
2005年 大阪大学臨床医工学融合研究教育センター特任助教授(大阪大学大学院医学研究科循環器内科兼任)
2007年 大阪大学臨床医工学融合研究教育センター特任教授(大阪大学大学院医学研究科循環器内科兼任)
2011年 鳥取大学医学部病態情報内科学 教授
2013年 鳥取大学医学部附属病院卒後臨床研修センター センター長
2015年 鳥取大学医学部附属病院 副病院長

論文

・Kamimura D, Ohtani T, Sakata Y, Mano T, Takeda Y, Tamaki S, Omori Y, Tsukamoto Y, Furutani K, Komiyama Y, Yoshika M, Takahashi H, Matsuda T, Baba A, Umemura S, Miwa T, Komuro I, Yamamoto K. Ca2+ entry mode of Na+/Ca2+ exchanger as a new therapeutic target for heart failure with preserved ejection fraction. Eur Heart J 2012;33:1408-16
・Ohtani T, Mohammed SF, Yamamoto K, Dunlay SM, Weston SA, Sakata Y, Rodeheffer RJ, Roger VL, Redfield MM. Diastolic stiffness as assessed by diastolic wall strain is associated with adverse remodeling and poor outcomes in heart failure with preserved ejection fraction. Eur Heart J 2012;33:1742-9
・Yamamoto K, Origasa H, Hori M, on behalf of the J-DHF Investigators. Effects of carvedilol on heart failure with preserved ejection fraction - The Japanese Diastolic Heart Failure Study (J-DHF). Eur J Heart Fail 2013;15:110-118
・Kinugasa Y, Kato M, Sugihara S, Hirai M, Yamada K, Yanagihara K, Yamamoto K. Geriatric nutritional risk index predicts functional dependency and mortality in patients with heart failure and preserved ejection fraction. Circ J 2013;77:705-711
・Ohkura T, Shiochi H, Fujioka Y, Sumi K, Yamamoto N, Matsuzawa K, Izawa S, Kinoshita H, Ohkura H, Kato M, Taniguchi S, Yamamoto K. 20/(Fasting C-Peptide x Fasting Plasma Glucose) is a simple and effective index of insulin resistance in patients with type 2 diabetes mellitus: a preliminary report. Cardiovasc Diabetol 2013;12:21
・Kinugasa Y, Kato M, Sugihara S, Yanagihara K, Yamada K, Hirai M, Yamamoto K. Multidisciplinary intensive education in the hospital improves outcomes for hospitalized heart failure patients in a Japanese rural setting. BMC Health Serv Res 2014;14:351
・Hirai M, Kato M, Kinugasa Y, Sugihara S, Yanagihara K, Yamada K, Watanabe T, Yamamoto K. Clinical scenario 1 is associated with winter onset of acute heart failure. Circ J 2015;79:129-135
・Yamamoto K, Yamamoto H, Takeuchi M, Kisanuki A, Akasaka T, Ohte N, Hirano Y, Yoshida K, Nakatani S, Takeda Y, Sozu T, Masuyama T. Risk factors for progression of degenerative aortic valve disease in the Japanese: The Japanese Aortic Stenosis Study (JASS) prospective analysis. Circ J 2015;79:2050-57
・Nojiri T, Yamamoto K, Maeda H, Takeuchi Y, Ose N, Susaki Y, Inoue M, Okumura M. A double-blind placebo-controlled study of the effects of olprinone, a specific phosphodiesterase-III inhibitor, for preventing postoperative atrial fibrillation in patients undergoing pulmonary resection for lung cancer. Chest 2015 Jul 23. doi: 10.1378/chest.15-0852

著書

・新心臓病診療プラクティス9 弁膜症を解く、文光堂、2007年
・心臓の機能と力学、文光堂、2014年

その他

  • 【受賞】日本超音波医学会第11回松尾賞、2012年

本ページにおける情報は、医師本人の申告に基づいて掲載しております。内容については弊社においても可能な限り配慮しておりますが、最新の情報については公開情報等をご確認いただき、またご自身でお問い合わせいただきますようお願いします。

なお、弊社はいかなる場合にも、掲載された情報の誤り、不正確等にもとづく損害に対して責任を負わないものとします。