大郷 剛 先生のプロフィール

大郷 剛 先生

おおごう たけし

大郷 剛 先生

国立循環器病研究センター 肺高血圧先端医学研究部 特任部長・肺循環科 医長

専門分野

肺循環、肺高血圧症、静脈血栓症

紹介

循環器内科の医師として、主に肺循環、肺高血圧症、静脈血栓症を専門としている。岡山大学付属病院、ロンドン大学キングスカレッジを経て、国立循環器病研究センターに勤務。より良い治療、病気の解明を目指して、診療や研究に尽力している。

略歴

1996年 香川医科大学卒業
1996年 岡山大学大学院医歯薬学総合研究科 循環器内科医局入局
2002年 国立循環器病研究センター 心臓血管内科 レジデント 
2007年 岡山大学循環器内科 医学博士
2007年 ロンドン大学キングスカレッジ臨床分子遺伝学教室 臨床研究員
2010年 国立循環器病研究センター 心臓血管内科部門 肺循環科 医師
           (国立循環器病研究センター研究所 分子生物学部兼任)
2012年 国立循環器病研究センター 心臓血管内科部門 肺循環科 医長
2014年 岡山大学循環器内科客員准教授 (兼務)
2016年 国立循環器病研究センター 肺高血圧症先端医学研究部 特任部長、
       国立循環器病研究センター 心臓血管内科部門 肺循環科 医長(兼任)
2017年 岡山大学循環器内科客員教授(兼務)

所属学会・資格・役職など

医学博士
日本循環器病学会専門医
日本肺循環・肺高血圧学会評議員
英国National Institute for Health and Care Excellence(NICE)アドバイザー
国際肺高血圧症タスクフォースメンバー

受賞・著書・論文など

【受賞】
2009年 英国Butterfield賞
2014年 国際慢性血栓塞栓性肺高血圧症学会 最優秀演題賞
2012、2015年 国立循環器病研究センター ティーチングアウォード

【著書】
1. 肺高血圧症 Q&A 先端医学者 2015年
2. CCUグリーンノート 中外医学者 2015年
3. 肺高血圧症の臨床 医薬ジャーナル社 2013年
4. 循環器内科レジデントハンドブック 中外医学社 2007年
5. 50症例から学ぶ心不全 ライフサイエンス社出版 2005年

【論文】
1. Madani M, Ogo T, Simonneau G.
2. The changing landscape of chronic thromboembolic pulmonary hypertension management. Eur Respir Rev. 2017 Dec 20;26(146).
3. Lang I, Meyer BC, Ogo T, Matsubara H, Kurzyna M, Ghofrani HA, Mayer E, Brenot P.Balloon pulmonary angioplasty in chronic thromboembolic pulmonary hypertension. Eur Respir Rev. 20

【受賞】
2009年 英国Butterfield賞
2014年 国際慢性血栓塞栓性肺高血圧症学会 最優秀演題賞
2012、2015年 国立循環器病研究センター ティーチングアウォード

【著書】
1. 肺高血圧症 Q&A 先端医学者 2015年
2. CCUグリーンノート 中外医学者 2015年
3. 肺高血圧症の臨床 医薬ジャーナル社 2013年
4. 循環器内科レジデントハンドブック 中外医学社 2007年
5. 50症例から学ぶ心不全 ライフサイエンス社出版 2005年

【論文】
1. Madani M, Ogo T, Simonneau G.
2. The changing landscape of chronic thromboembolic pulmonary hypertension management. Eur Respir Rev. 2017 Dec 20;26(146).
3. Lang I, Meyer BC, Ogo T, Matsubara H, Kurzyna M, Ghofrani HA, Mayer E, Brenot P.Balloon pulmonary angioplasty in chronic thromboembolic pulmonary hypertension. Eur Respir Rev. 2017 Mar 29;26(143).
4. Ogo T, Fukuda T, Tsuji A, Fukui S, Ueda J, Sanda Y, Morita Y, Asano R, Konagai N, Yasuda S.Efficacy and safety of balloon pulmonary angioplasty for chronic thromboembolic pulmonary hypertension guided by cone-beam computed tomography and electrocardiogram-gated area detector computed tomography. Eur J Radiol. 2017 Apr;89:270-276.
5. Tsuji A, ○Ogo T, Ueda J, Shigefumi F, Morita Y, Fukuda T, Yasuda S, Nakanishi N Ogawa H, Yasuda S. Predictors of residual pulmonary hypertension after balloon pulmonary angioplasty in patients with chronic thromboembolic pulmonary hypertension Jan 226, 118-120 2017 Int J Cardiol
6. Fukui S, ○Ogo T, Takaki H, Ueda J, Tsuji A, Morita Y, Kumasaka R, Arakawa T, Nakanishi M, Fukuda T, Yasuda S, Ogawa H, Nakanishi N, Goto Y Efficacy of cardiac rehabilitation after balloon pulmonary angioplasty for chronic thromboembolic pulmonary hypertension. 2016 Sep 1;102(17):1403-9, Heart
7. Ogo T et al. Balloon pulmonary angioplasty for inoperable chronic thromboembolic pulmonary hypertension. 2015;21(5):425-31 Curr Opin Pulm Med
8. Nakamura T, ○Ogo T,Tsuji A, Shigefumi F, Fukuda T, Tahara N, Fukumoto Y, Yasuda S, Nakanishi N.Successful balloon pulmonary angioplasty with gadolinium contrast media for a patient with chronic thromboembolic pulmonary hypertension and iodine allergy. 2016 Feb 8;17:75-82 Respir Med Case Rep.
9. Fukuda T, ○Ogo T, Nakanishi N, Ueda J, Sanda Y, Morita Y, Sugiyama M, Fukui S, Tsuji A, Naito H. Evaluation of organized thrombus in distal pulmonary arteries in patients with chronic thromboembolic pulmonary hypertension using cone-beam computed tomography. 2016 Jun;34(6):423-31. Jpn J Radiol.
10. Fukui S, ○Ogo T, Goto Y, Ueda J, Tsuji A, Sanda Y, Kumasaka R, Arakawa T, Nakanishi M, Fukuda T, Takaki H, Yasuda S, Ogawa H, Nakanishi N. Exercise intolerance and ventilatory inefficiency improve early after balloon pulmonary angioplasty in patients with inoperable chronic thromboembolic pulmonary hypertension.2015;1;180:66-8 Int J Cardiol
11. Fukui S, ○Ogo T, Morita Y, Tsuji A, Tateishi E, Ozaki K, Sanda Y, Fukuda T, Yasuda S, Ogawa H, Nakanishi N. Right ventricular reverse remodelling after balloon pulmonary angioplasty.2014;43(5):1394-402 Eur Respir J
12. Sugiyama M, Fukuda T, Sanda Y, Morita Y, Higashi M, ○Ogo T, Tsuji A, Demachi J, Nakanishi N, Naito H. Organized thrombus in pulmonary arteries in patients with chronic thromboembolic pulmonary hypertension; imaging with cone beam computed tomography.2014;32(7):375-82 Jpn J Radiol
13. Tsuji A, ○Ogo T, Demachi J, Ono Y, Sanda Y, Morita Y, Fukuda T, Nakanishi N. Rescue balloon pulmonary angioplasty in a rapidly deteriorating chronic thromboembolic pulmonary hypertension patient with liver failure and refractory infection. Mar;4(1):142-7.2014 Pulm Circ.

続きを見る

大郷 剛先生 の所属する医療機関

国立循環器病研究センター病院

TEL: 06-6833-5012

国立循環器病研究センター病院

大阪府吹田市藤白台5丁目7-1

阪急電鉄千里線「北千里駅」 阪急バス5番乗場 循環器病センター前下車 バス

- - -

受付時間: 8:30〜12:00 原則紹介制 科により異なる 臨時休診あり

診療科目: 神経内科 脳神経外科 腎臓内科 心臓血管外科 小児科 産婦人科 リハビリテーション科 放射線科 麻酔科

院長インタビュー

大郷 剛 先生 の記事