Img searchbox
血管

肺高血圧症

肺高血圧症
に関する情報を集めました

この病気の記事に協力していただいている先生

肺高血圧症とは

肺高血圧症は、肺への血流が著しく増加していたり、肺静脈の心臓への流れがつまっていたりする場合に、肺動脈の壁が硬く厚くなって、内腔が狭くなってくる状態を指します。結果として、肺動脈の圧力が上昇します。一般的な高血圧症は中高年の方に多く発生する病気ですが、肺高血圧症は血行動態からくるものであり、むしろ先天性心疾患を持つ子どもから若い人がなりやすい病気です。…… 続きはこちらの記事をご確認ください。

症状

肺高血圧症に固有の症状はありません。初期にみられる症状としては、
・軽い動作をしたときの息切れ、呼吸困難(息苦しさ)
・全身倦怠感、疲労感
・立ちくらみ、めまい
・顔、足などのむくみ
などが挙げられます。また、進行期には、
・運動時の動悸(どうき)めまい
・失神
・せき、喘鳴(ぜんめい・呼吸時のゼイゼイ音)
・嗄声(かせい・声のかすれ=肺動脈拡張による反回神経障害)
・血痰
・胸痛
・腹囲増加(腹水)
・うつ状態(疲労からくる精神的ストレスのため)
などがみられます。
…… 続きはこちらの記事をご確認ください。

症状・治療法など

関連記事

病気検索に戻る