新型コロナウイルス感染症特設サイトはこちら

日本医科大学 大学院医学研究科アレルギー膠原病内科学分野 大学院教授 、日本医科大学付属病院 リウマチ・膠原病内科 部長

日本内科学会 認定内科医・総合内科専門医 日本リウマチ学会 リウマチ専門医・リウマチ指導医

桑名 正隆 くわな まさたか 先生

桑名先生のストーリー記事

治療したらよくなりますよね?
治療したらよくなりますよね?

難治性病態の解明に挑み続ける桑名正隆先生のストーリー

基本情報

診療科・主な得意領域

  • 内科
  • アレルギー科
  • リウマチ科
  • 膠原病全般
  • 間質性肺疾患など難治性疾患

資格・学会・役職

日本内科学会 認定内科医・総合内科専門医
日本リウマチ学会 リウマチ専門医・リウマチ指導医
  • 日本医科大学 大学院医学研究科アレルギー膠原病内科学分野 大学院教授
  • 日本医科大学付属病院 リウマチ・膠原病内科 部長

所属病院

日本医科大学付属病院

  • 内科 血液内科 リウマチ科 外科 精神科 神経内科 脳神経外科 呼吸器外科 消化器外科 腎臓内科 心臓血管外科 小児科 整形外科 形成外科 美容外科 皮膚科 泌尿器科 産婦人科 眼科 耳鼻咽喉科 リハビリテーション科 放射線科 麻酔科 乳腺外科 呼吸器内科 循環器内科 消化器内科
  • 東京都文京区千駄木1丁目1-5
  • 東京メトロ南北線「東大前駅」 2番出口 徒歩5分 東京メトロ千代田線「千駄木駅」 1番出口 徒歩7分
  • 03-3822-2131
日本医科大学付属病院

医療記事

来歴等

略歴

1988年 慶應義塾大学医学部卒業
1992年 慶應義塾大学大学院医学研究科博士課程修了
1993年 ピッツバーグ大学リウマチ内科ポストドクトラルフェロー
2000年 慶應義塾大学医学部先端医科学研究所専任講師
2006年 慶應義塾大学医学部内科(血液感染リウマチ)助教授
2007年 慶應義塾大学医学部内科(リウマチ)准教授
2014年 日本医科大学大学院医学研究科アレルギー膠原病内科学分野 大学院教授
     日本医科大学付属病院リウマチ・膠原病内科 部長

論文

主な論文業績(計292の査読英文論文から抜粋 *corresponding author)
1. *Kuwana M, Kaburaki J, Mimori T, Tojo T, Homma M. Autoantibody reactive with three classes of RNA polymerases in sera from patients with systemic sclerosis. J. Clin. Invest. 1993; 91(4): 1399-1404.
2. *Kuwana M, Kaburaki J, Okano Y, Inoko H, Tsuji K. The HLA-DR and DQ genes control the autoimmune response to DNA topoisomerase I in systemic sclerosis (scleroderma). J. Clin. Invest. 1993; 92 (3): 1296-1301.
3. *Kuwana M, Kaburaki J, Okano Y, Tojo T, Homma M. Clinical and prognostic associations based on serum antinuclear antibodies in Japanese patients with systemic sclerosis. Arthritis Rheum. 1994; 37(1): 75-83.
4. *Kuwana M, Medsger TA Jr, Wright TM. T cell proliferative response induced by DNA topoisomerase I in patients with systemic sclerosis and healthy donors. J. Clin. Invest. 1995; 96(1): 586-596.
5. *Kuwana M, Medsger TA Jr, Wright TM. Highly restricted TCR  usage by autoreactive human T cell clones specific for DNA topoisomerase I: recognition of an immunodominant epitope. J. Immunol. 1997; 158(1): 485-491.
6. Arai T, Yoshida K, Kaburaki J, Inoko H, Ikeda Y, Kawakami Y, *Kuwana M. Autoreactive CD4+ T cell clones to 2-glycoprotein I in patients with antiphospholipid syndrome: preferential recognition of the major phospholipid-binding site. Blood. 2001; 98(6): 1889-1896.
7. *Kuwana M, Okazaki Y, Yasuoka H, Kawakami Y, Ikeda Y. Defective vasculogenesis in systemic sclerosis. Lancet. 2004; 364(9434): 603-610.
8. *Kuwana M, Okano Y, Pandey JP, Silver RM, Fertig N, Medsger TA Jr. Enzyme-linked immunosorbent assay for detection of anti-RNA polymerase III antibody: analytical accuracy and clinical associations in systemic sclerosis. Arthritis Rheum. 2005; 52(8): 2425-2432.
9. *Kuwana M, Okazaki Y, Kodama H, Satoh T, Kawakami Y, Ikeda Y. Endothelial differentiation potential of human monocyte-derived multipotential cells. Stem Cells. 2006; 24(12): 2733-2743.
10. Yamaguchi Y, Seta N, Kaburaki J, Kobayashi K, Matsuura E, *Kuwana M. Excessive exposure to anionic surfaces maintains autoantibody response to 2-glycoprotein I in patients with antiphospholipid syndrome. Blood. 2007; 110(13): 4312–4318.
11. Takahashi H, Amagai M, Nishikawa T, Fujii Y, Kawakami Y, *Kuwana M. Novel system evaluating in vivo pathogenicity of desmoglein 3-reactive T-cell clones using murine pemphigus vulgaris. J. Immunol. 2008; 181(2): 1526-1535.
12. Asahi A, Nishimoto T, Okazaki Y, Suzuki H, Masaoka T, Kawakami Y, Ikeda Y, *Kuwana M. Helicobacter pylori eradication shifts monocytes’ Fc receptor balance toward inhibitory FcRIIB in immune thrombocytopenic purpura. J. Clin. Invest. 2008;118(8): 2939-2949.
13. Kawai M, Masuda A, *Kuwana M. A CD40-CD154 interaction in tissue fibrosis. Arthritis Rheum. 2008; 58(11): 3562-3573.
14. Sato S, Hoshino K, Satoh T, Fujita T, Kawakami Y, Fujita T, *Kuwana M. RNA helicase encoded by melanoma differentiation-associated gene 5 is a major autoantigen in patients with clinically amyopathic dermatomyositis: association with rapidly progressive interstitial lung disease. Arthritis Rheum. 2009; 60(7): 2193-2200.
15. Hoshino K, Satoh T, Kawaguchi Y, *Kuwana M. Association of Hepatocyte Growth Factor promoter polymorphism with severity of interstitial lung disease in Japanese patients with systemic sclerosis. Arthritis Rheum. 2011; 63(8): 2465-2472.
16. *Kuwana M, Okazaki Y. Quantification of circulating endothelial progenitor cells in systemic sclerosis: a direct comparison of protocols. Ann. Rheum. Dis. 2012; 71(4): 617-620.
17. *Kuwana M, Okazaki Y. Impaired in vivo neovascularization capacity of endothelial progenitor cells in patients with systemic sclerosis. Arthritis Rheumatol. 2014; 66(5): 1300-1305.
18. Shirai Y, Okazaki Y, Inoue Y, Tamura Y, Yasuoka H, Takeuchi T, *Kuwana M. Elevated pentraxin 3 in systemic sclerosis: associations with vascular manifestations and defective vasculogenesis. Arthritis Rheumatol. 2015; 67(2): 498-507.

その他

  • 【受賞】1995年 American College of Rheumatology Senior Rheumatology Scholarship Award

  • 【受賞】2004年 日本結合組織学会大高賞

  • 【受賞】2007年 アボットジャパン・リウマチ性疾患臨床医学賞

  • 【受賞】2009年 慶応義塾大学知的資産センター賞

  • 【受賞】2017年 日本リウマチ学会賞

本ページにおける情報は、医師本人の申告に基づいて掲載しております。内容については弊社においても可能な限り配慮しておりますが、最新の情報については公開情報等をご確認いただき、またご自身でお問い合わせいただきますようお願いします。

なお、弊社はいかなる場合にも、掲載された情報の誤り、不正確等にもとづく損害に対して責任を負わないものとします。