新型コロナウイルス感染症特設サイトはこちら

日本医科大学 形成外科学教室 主任教授、日本医科大学大学院 医学研究科 形成再建再生医学分野 大学院教授、日本医科大学付属病院 形成外科・再建外科・美容外科 部長

日本形成外科学会 形成外科専門医・皮膚腫瘍外科分野指導医 日本熱傷学会 認定熱傷専門医 日本抗加齢医学会 抗加齢専門医 日本創傷外科学会 専門医 日本再生医療学会 再生医療認定医

小川 令 おがわ れい 先生

診療、基礎研究の双方を精力的に取り組む。診療ではマイクロサージャリーを用いた組織再建外科治療や熱傷再建・瘢痕拘縮再建といったやけどによる後遺症の治療、ケロイド・肥厚性瘢痕・瘢痕治療、皮膚良性・悪性腫瘍・リンパ浮腫治療を専門的にこなす。ケロイド・肥厚性瘢痕の手術、および術後の放射線治療に関する研究は、国内外からも注目をあつめる。また、基礎研究の分野ではメカノバイオロジー・メカノセラピー研究、細胞・組織・臓器の環境を考える再生医療・組織工学、瘢痕・ケロイドの物理生物学・分子生物学的・分子遺伝学的解析などに取り組んでいる。

基本情報

診療科・主な得意領域

  • 形成外科
  • マイクロサージャリーを用いた熱傷再建手術
  • ケロイドや肥厚性瘢痕をはじめとする瘢痕の治療
  • リンパ浮腫に対するリンパ管静脈吻合手術皮膚悪性腫瘍治療
  • メカノバイオロジー・メカノセラピー研究
  • 幹細胞を用いた再生医療・組織工学の研究

資格・学会・役職

日本形成外科学会 形成外科専門医・皮膚腫瘍外科分野指導医
日本熱傷学会 認定熱傷専門医
日本抗加齢医学会 抗加齢専門医
日本創傷外科学会 専門医
日本再生医療学会 再生医療認定医
  • 日本医科大学 形成外科学教室 主任教授
  • 日本医科大学大学院 医学研究科 形成再建再生医学分野 大学院教授
  • 日本医科大学付属病院 形成外科・再建外科・美容外科 部長
  • 日本形成外科学会 評議員 (2011-2013, 2015-)
  • 日本創傷治癒学会 評議員 (2011-)
  • 日本マイクロサージャリー学会 評議員(2013-)
  • 日本再生医療学会 代議員(2014-)
  • 日本創傷外科学会 評議員(2014-)
  • 日本抗加齢医学会 評議員(2015-)
  • 日本皮膚悪性腫瘍学会 評議員(2015-)
  • 日本熱傷学会 評議員(2015-)
  • 日本熱傷学会関東地方会 幹事(2016-)
  • 日本褥瘡学会 評議員(2015-)
  • 国際瘢痕学会(Scar Meeting) 評議員 (2008-)
  • 米国創傷治癒学会(WHS) Membership Committee (2011-2013)
  • Plastic and Reconstructive Surgery 編集委員(2015-)
  • Plastic and Reconstructive Surgery – Global Open 編集委員(2013-)
  • Current Stem Cell Research and Therapy 編集委員 (2006-)
  • Journal of Nippon Medical School 編集委員 (2012-)
  • 日本形成外科学会会誌 編集委員 (2011-)
  • 日本創傷外科学会会誌「創傷」 編集委員 (2010-)
  • 日本熱傷学会会誌「熱傷」 編集委員(2015-)
  • 医師(M.D.) 取得
  • 医学博士(Ph.D.) 取得
  • 米国外科学会(F.A.C.S.) フェロー
  • 米国熱傷学会 ABLSプロバイダー
  • 日本美容外科学会 美容外科教育専門医
  • 日本美容医療協会 美容医療適正認定医
  • 日本美容医療協会 美容レーザー適正認定医
  • 日本褥瘡学会 認定褥瘡医師
  • 日本オンコプラスティックサージャリー学会 エキスパンダー/インプラント責任医師
  • 厚生労働省 臨床研修指導医
  • 厚生労働省 外国医師臨床修練指導医
  • 東京都 小児慢性特定疾病指定医
  • 東京都 難病指定医

所属病院

日本医科大学付属病院

  • 内科 血液内科 リウマチ科 外科 精神科 神経内科 脳神経外科 呼吸器外科 消化器外科 腎臓内科 心臓血管外科 小児科 整形外科 形成外科 美容外科 皮膚科 泌尿器科 産婦人科 眼科 耳鼻咽喉科 リハビリテーション科 放射線科 麻酔科 乳腺外科 呼吸器内科 循環器内科 消化器内科
  • 東京都文京区千駄木1丁目1-5
  • 東京メトロ南北線「東大前駅」 2番出口 徒歩5分 東京メトロ千代田線「千駄木駅」 1番出口 徒歩7分
  • 03-3822-2131
日本医科大学付属病院

医療記事

来歴等

略歴

1999年 日本医科大学医学部卒業
  日本医科大学形成外科入局
2005年 日本医科大学大学院修了
  日本医科大学形成外科助手
  会津中央病院形成外科部長
2006年 日本医科大学形成外科講師
  日本医科大学付属病院形成外科・美容外科医局長
2007年 米国ハーバード大学ブリガムウィメンズ病院形成外科
  組織工学・創傷治癒研究室研究員
2009年 日本医科大学形成外科准教授
  日本医科大学大学院形成再建再生医学分野
  メカノバイオロジー&メカノセラピー研究室主任研究員
2013年-現在 東京大学形成外科非常勤講師(兼任)
2015年-現在 日本医科大学大学院 形成再建再生医学分野 大学院教授
  日本医科大学医学部 形成外科 主任教授

論文

Ogawa R. Current Algorithms for Treatment and Prevention of Hypertrophic Scars and Keloids. Plast Reconstr Surg 125: 557-568, 2010.

Ogawa R. Mechanobiology of scarring. Wound Repair Regen Suppl 1: s2-9, 2011.

Ogawa R, Okai K, Tokumura F, Mori K, Ohmori Y, Huang C, Hyakusoku H, Akaishi S. The relationship between skin stretching/contraction and pathologic scarring: The important role of mechanical forces in keloid generation. Wound Repair Regen 20: 149-157, 2012.

Ogawa R, Watanabe A, Than Naing B, Sasaki M, Fujita A, Akaishi S, Hyakusoku H, Shimada T. Associations between keloid severity and single-nucleotide polymorphisms: importance of rs8032158 as a biomarker of keloid severity. J Invest Dermatol. 134: 2041-3, 2014.

小川 令, 高田 弘弥, 小山 太郎, 佐野 仁美, 赤石 諭史. 皮膚・軟部組織のメカノバイオロジーとメカノメディシン 形成外科・美容医療・創傷治療におけるメカノセラピー. 医学のあゆみ. 257巻10号 Page1063-1069(2016.06).

著書

瘢痕・ケロイドはここまで治せる-Less-Scar Wound Healingのための形成外科. 2015年 克誠堂出版

アトラス きずのきれいな治し方 改訂第二版-外傷、褥瘡、足の壊疽からレーザー治療まで-. 2012年 全日本病院出版会

Color Atlas of Burn Reconstructive Surgery 2010年 Springer社

その他

  • 2004 日本形成外科学会学術奨励ジュニア賞基礎研究部門

  • 2005 日本医科大学同窓会賞

  • 2009 日本医科大学賞

  • 2010 日本医科大学医学会奨学賞

  • 2011 日本創傷治癒学会研究奨励賞

  • 2012 ハーバード大学ブリガムウィメンズ病院バイオメディカル研究所 筋骨格研究センター最優秀論文賞(共著)

  • 2013 PRS Global Open 最優秀論文賞アジア部門(共著)

  • 2015 日本医科大学最優秀論文賞

本ページにおける情報は、医師本人の申告に基づいて掲載しております。内容については弊社においても可能な限り配慮しておりますが、最新の情報については公開情報等をご確認いただき、またご自身でお問い合わせいただきますようお願いします。

なお、弊社はいかなる場合にも、掲載された情報の誤り、不正確等にもとづく損害に対して責任を負わないものとします。