クリップする
URLを入力して
記事をクリップしましょう
指定された URL のページが見つかりません
Brain
脳血管障害
脳血管障害とは、脳血管の病的変化により脳実質に生じた病理的変化の総称のことです。一般的には脳卒中と呼ばれていますが、脳卒中は出血や梗塞など何らかの原因で脳血管が破綻し、突然に片麻痺(まひ)などの...
Male consulter resolved
クリップに失敗しました
脳

脳血管障害(のうけっかんしょうがい)

更新日時: 2017 年 04 月 25 日【更新履歴
更新履歴
2017 年 04 月 25 日
掲載しました。
閉じる

概要

脳血管障害とは、脳血管の病的変化により脳実質に生じた病理的変化の総称のことです。一般的には脳卒中と呼ばれていますが、脳卒中は出血や梗塞など何らかの原因で脳血管が破綻し、突然に片麻痺(まひ)などの神経学的異常を起こす、脳血管障害の急性型を示しています。一方、脳血管障害には脳動脈硬化症を背景とする脳血管性認知症のような慢性に経過するものも含まれています。

脳卒中の分類としては一過性脳虚血発作・脳梗塞・脳出血・脳動脈瘤破裂によるくも膜下出血がよく知られていますが、その他に50歳以下の若年脳卒中の原因として知られる脳動脈解離、日本で発見された特異な脳血管障害としてはもやもや病があります。また脳血管奇形(先天的な血管の形成異常と考えられている疾患)も主要疾患であり、そのなかでも動静脈奇形と海綿状血管腫は頻度が高く臨床的に重要な疾患です。

原因

脳血管の破綻が原因となります。大きく出血性疾患と虚血性疾患に大別できます。

出血性: 脳出血 (出血を起こした場所により名前が変わります。被殻出血・視床出血・皮質下出血・橋出血・小脳出血・脳室内出血などです。)、くも膜下出血

虚血性: 脳梗塞 (臨床病型によってアテローム血栓性脳梗塞・心原性脳塞栓症・ラクナ梗塞・その他の4つに分類されます。)

症状

脳卒中発症時の一般的症状としては意識障害(傾眠、昏睡など)、脳局所症状として運動障害(上肢や下肢の麻痺など)、感覚障害(痺れた感覚がある、触った感覚が鈍いなど)、構音障害(呂律がまわらない症状)、失語(無言、言葉が出にくい、内容が伴わない会話をするなど)、視力障害、視野障害などが一般的です。

脳卒中随伴症状として頭痛、悪心、嘔吐、めまい、痙攣(けいれん)、不随意運動、失禁、精神症状(興奮、異常行動)なども認められます。

くも膜下出血の場合は遅発性に脳血管攣縮(血管の病的収縮)が発生する場合があり、攣縮(れんしゅく)が起こる場所に応じた虚血症状(脳局所症状と同様の症状)を生じることがあり、血管攣縮の重症度に応じて脳梗塞へ至り後遺症として上記症状が残存する可能性があります。

出血性、虚血性脳卒中では不可逆的脳損傷を起こすことが多く、上記で述べた意識障害や脳局所症状が後遺障害となる可能性があります。

検査・診断

頭部CT検査は急性期頭蓋内出血性病変の診断に有用であり、MRI検査は急性期脳梗塞の診断に有用です。脳血管病変の精査として造影CTや造影MRI、脳血管撮影検査などが実施されます。脳の循環代謝を評価する検査としてPETやSPECTといった検査があり、また頸部~頭部の血管や血流を非侵襲的に観察できる検査としては超音波検査が有用です。

治療

出血性脳卒中(脳出血、くも膜下出血に大別される)

脳出血:急性期においては血圧管理が必要となり、出血部位・出血量・神経症状の進行によっては外科的手術による血腫の除去が適応となります。出血部位によっては外科的手術が適応とならない場合もあります。脳実質内の出血原因としては高血圧性脳出血が過半数を占め、治療としては血圧の管理が中心となりますが、脳腫瘍内出血、出血性静脈梗塞、脳血管奇形からの出血など頭蓋内の別疾患を原因とする脳出血に関しては各疾患に適した治療が必要となってきます。

くも膜下出血:そのほとんどは脳動脈瘤破裂が原因であり、再破裂、再出血の可能性が高いため十分な鎮痛、適切な鎮静、また厳重な血圧管理が必要となります。また、再出血予防のために早期の開頭による外科的治療(開頭クリッピング術)もしくは脳血管内治療(コイル塞栓術)を行うことが重要です。

虚血性脳卒中

禁忌事項のない発症4.5時間以内の急性期脳梗塞に関してはt-PA靜注療法(血管のつまりとなる血栓を溶かす点滴治療)が適応となります。またt-PA靜注療法が適応とならなかった場合、t-PA靜注療法で十分な治療効果が得られない場合に脳血管内治療による再開通治療(血管のつまりとなっている血栓を除去し、血流を再開する治療)が適応となる場合があります。発症から長時間経過しているケースや脳梗塞が広範囲に認められる場合は上記治療の適応とならない可能性があるため、虚血性脳卒中は発症から迅速に脳卒中を診ることができる医療機関への受診が重要です。その他には脳梗塞の発生機序に応じた抗血栓薬の内服や点滴での脳保護療法、脳梗塞後の脳浮腫に対する抗脳浮腫療法が行われます。

脳卒中に伴う広範囲な脳損傷は再生困難であり、後遺障害として四肢の麻痺や嚥下障害(えんげしょうがい)、失語症、意識・高次脳機能障害を伴うことが多く、リハビリテーション治療の果たす役割は大きいといえます。脳卒中リハビリテーションは急性期、回復期、維持期に大別できますが、発症直後から維持期にわたって、一連のリハビリテーションを行うことがADL(食事やトイレ、入浴や移動などの日常生活上での動作)の維持・向上には重要です。

脳血管障害の記事を読む

脳血管障害の記事にご協力いただいている医師