水澤 英洋 先生のプロフィール

水澤 英洋 先生

みずさわ ひでひろ

水澤 英洋 先生

国立研究開発法人 国立精神・神経医療研究センター 理事長

専門分野

神経内科学(特に髄鞘小脳変性症、アルツハイマー病、パーキンソン病、ミオパチーなど神経変性疾患、プリオン病など神経感染症)、神経病理学、神経分子遺伝学

紹介

神経内科が専門の医師であり、脳、脊髄、末梢神経、筋肉、自律神経など広汎な神経系を冒す多数の疾患について診療・教育・研究を進め多くの成果を上げている。また、日本神経感染症学会理事長、2010〜2014年日本神経学会代表理事、2013年第54回日本神経学会学術大長、2014年日本神経病理学会学術研究会長、2016年PRION 2016 RTOKYO会長、2017年第23回世界神経学会議大会長を務めるなど国内外の学会にも大きく貢献している。

略歴

1976年 東京大学医学部附属病院内科系研修
1984年 筑波大学臨床医学系神経内科 講師
1986年 米国Albert Einstein医科大学Montefiore病院に留学
1990年 筑波大学臨床医学系神経内科 助教授
1996年 東京医科歯科大学医学部神経内科 (後、大学院脳神経病態学)教授
2014年 独立行政法人国立精神・神経医療研究センター理事・院長
2014年 東京医科歯科大学名誉・特任教授
2015年 国立研究開発法人国立精神・神経医療研究センター理事・院長
2015年 東京医科歯科大学特命教授
2016年 国立研究開発法人国立精神・神経医療研究センター 理事長
(現在に至る)

所属学会・資格・役職など

日本神経病理学会:功労会員 
日本神経学会:監事、名誉会員、前代表理事 
日本内科学会:功労会員 
日本神経科学会:会員 
日本脳卒中学会:評議員 
日本神経治療学会:評議員 
日本神経免疫学会:評議員 
日本神経感染症学会:特別功労会委員、前理事長 
全国大学医師会連絡協議会:前事務局長、前会長 
東京サルコイドーシス/肉芽腫性疾患研究会:世話人 
日本サルコイドーシス/肉芽腫性疾患学会:評議員 
第23回(WCN2017)世界神経学会議:会長

受賞・著書・論文など

【受賞】
Fulbright奨学生 (1986年7月〜1988年10)
Zimmerman奨学生 (1987年7月〜1988年10)
難病医学研究財団医学研究助成金 (1990年1月)
日本医師会研究助成 (1997年9月)
The Fulton Symposium Soriano Lecture, 20th World Congress of Neurology, Marrakech(平成23年11月17日)
日本末梢神経学会優秀ポスター賞(平成24年9月1日)「未分化Schwann細胞は虚血性末梢神経障害における再髄鞘形成に関与する」(筆頭演者:小林正樹)
日本神経免疫学会学術賞(平成18年3月3日)(筆頭著者:横田隆徳)

【著書】 
1. 水澤英洋: 脳を守る IV章. 運動失調をきたす小脳の病態とその診断・治療.神経難病医療神経疾患の臨床 NPO法人 脳の世紀推進会議 スポーツと脳 脳を知る・創る・守る・育む 16 p97-131、 KUBA PRO   NPO法人脳の世紀推進会議編集(津本忠治、室伏広治、森郁恵、野村泰伸、水澤英洋、下郡智美、宮下保司)2015年9月15日 
2. 水澤英洋: 脊髄小脳変性症.南山堂医学大辞典 第20版 P1369, 南山堂、2015年4月1日 
3. 水澤英洋: 17神経系の疾患 17-

【受賞】
Fulbright奨学生 (1986年7月〜1988年10)
Zimmerman奨学生 (1987年7月〜1988年10)
難病医学研究財団医学研究助成金 (1990年1月)
日本医師会研究助成 (1997年9月)
The Fulton Symposium Soriano Lecture, 20th World Congress of Neurology, Marrakech(平成23年11月17日)
日本末梢神経学会優秀ポスター賞(平成24年9月1日)「未分化Schwann細胞は虚血性末梢神経障害における再髄鞘形成に関与する」(筆頭演者:小林正樹)
日本神経免疫学会学術賞(平成18年3月3日)(筆頭著者:横田隆徳)

【著書】 
1. 水澤英洋: 脳を守る IV章. 運動失調をきたす小脳の病態とその診断・治療.神経難病医療神経疾患の臨床 NPO法人 脳の世紀推進会議 スポーツと脳 脳を知る・創る・守る・育む 16 p97-131、 KUBA PRO   NPO法人脳の世紀推進会議編集(津本忠治、室伏広治、森郁恵、野村泰伸、水澤英洋、下郡智美、宮下保司)2015年9月15日 
2. 水澤英洋: 脊髄小脳変性症.南山堂医学大辞典 第20版 P1369, 南山堂、2015年4月1日 
3. 水澤英洋: 17神経系の疾患 17-6神経変性疾患 3)脊髄小脳変性症(3)遺伝性脊髄小脳失調症. 内科学第11版Ⅴ 総編集:矢﨑義雄 編集:赤司浩一、小室一成、渥美達也、須永眞司、伊藤 裕、南学正臣、稲垣暢也、長谷川孝規、神田 隆、松本哲哉、木下芳一、楽木宏実、工藤正俊、 朝倉書店, 東京, 2158-2163, 2017.3.20
4. 水澤英洋: II.診察の進め方 部位別の身体診療神経所見. 内科診断学 第3版, 医学書院, 東京,p154-169, 20160215  編集:福井次矢、奈良信雄

【論文】 
Ito Y, Sanjo N, Hizume M, Kobayashi A, Ohgami T, Satoh K, Hamaguchi T, Yamada M, Kitamoto T, Mizusawa H, Yokoi T: Biochemical features of genetic Creutzfeldt-Jakob disease with valine-to-isoleucine substitution at codon 180 on the prion protein gene. Biochem Biophys Res Commun. 2018;496(4):1055-1061.
Ishiguro T, Sato N, Ueyama M, Fujikake N, Sellier C, Kanegami A, Tokuda E, Zamiri B, Gall-Duncan T, Mirceta M, Furukawa Y, Yokota T, Wada K, Taylor JP, Pearson CE, Charlet-Berguerand N, Mizusawa H, Nagai Y, Ishikawa K: Regulatory Role of RNA Chaperone TDP-43 for RNA Misfolding and Repeat-Associated Translation in SCA31. Neuron. 2017;94:108-124.
Eric Vallabh Minikel, et al. Quantifying prion disease penetrance using large population control cohorts. Sci.Trans Med 2016:20;322
Kobayashi A, Teruya K, Matsuura Y, Shirai T, Nakamura Y, Yamada M, Mizusawa H, Mohri S, Kitamoto T: The influence of PRNP polymorphisms on human prion disease susceptibility: an update. Acta Neuropathol. 2015;130(2):159-70.
Murakami M, Nishina K, Watanabe C, Yoshida-Tanaka K, Piao W, Kuwahara H, Horikiri Y, Miyata K, Nishiyama N, Kataoka K, Yoshida M, Mizusawa H, Yokota T. 
Enteral siRNA delivery technique for therapeutic gene silencing in the liver via the lymphatic route. Sci Rep. 2015;5:17035.
Aikawa T, Mogushi K, Iijima-Tsutsui K, Ishikawa K, Sakurai M, Tanaka H, Mizusawa H, Watase K: Loss of MyD88 alters neuroinflammatory response and attenuates early Purkinje cell loss in a spinocerebellar ataxia type 6 mouse model. Hum Mol Genet. 2015 Sep 1;24(17):4780-91.

続きを見る

水澤 英洋先生 の所属する医療機関

国立精神・神経医療研究センター病院

TEL: 042-341-2711

国立精神・神経医療研究センター病院

東京都小平市小川東町4丁目1-1

西武鉄道多摩湖線「萩山」駅 南口 西武鉄道拝島線も利用可 徒歩7分

JR武蔵野線「新小平」駅 徒歩10分

- - - - - - - -

受付時間: 予約制 紹介状持参推奨 初診予約はFAXでの受付(一部診療科除く) 診療日時は科により異なる

診療科目: 内科 外科 心療内科 精神科 神経内科 脳神経外科 小児科 整形外科 リハビリテーション科 放射線科 歯科

水澤 英洋 先生 の記事