新型コロナウイルス感染症特設サイトはこちら
インタビュー

核医学検査とは?その1―放射性医薬品とは何か

核医学検査とは?その1―放射性医薬品とは何か

日本核医学会

日本核医学技術学会

日本アイソトープ協会

核医学検査とは、ガンマ線という放射線を含む薬剤(専門用語で「放射性医薬品」、詳しくは後述します)を投与した後、「ガンマカメラ」と呼ばれる専門の装置を用いて体内の細胞の活動を画像化する方法です。「アイソトープ検査」や「RI検査」とも呼ばれます。今回は数回の記事に渡って、この「核医学検査」がどのようなものなのか、なぜ必要となるのかについて説明していきます。

本記事は、日本核医学会日本核医学技術学会日本アイソトープ協会の3学会にご監修いただいております。

エックス線検査・MRI検査・CT検査・超音波検査といった「核医学検査」以外の画像診断では、体内器官の形態を画像化することで病気を診断します。これに対して、核医学検査では細胞の働きに着目して病気の判定ができることが特徴です。

検査は、専門の医師と放射線技師のもとで、安全に配慮して行われます。核医学検査は、患者さんの精神的なストレスや身体的な負担が少なく、脳・心臓・甲状腺・悪性腫瘍等の診断に効果のある方法として幅広く取り入れられています。「核医学検査」という名前から、漠然と怖いイメージを持たれる方もいるかもしれませんが、実は体への負担が少ない非常に有効な方法なのです。

放射性医薬品とは、放射線を放出する「アイソトープ」(次項で詳しく説明します)を含んでいる薬のことを指します。体内に入った少量の放射性医薬品は、外部から見えない病気の場所や臓器の状態を、放射線という信号を出すことによって知らせてくれます。この信号は、臓器の形の異常ではなく、細胞の機能に着目して発信され、これが専用の装置で画像化されます。

体内に投与された薬は、一度は目的の臓器や器官に集まってゆきますが、半減期(放射能が半分になるまでの時間のこと)の早い放射線を用いていることから、種類によっては数時間、遅くとも数日で放射線が弱まり、やがてなくなっていきます。放射性医薬品で用いられる放射線の被曝量はごく微量であり、人体にはほとんど影響がありません。副作用についても、直近5年間の調査結果によれば、10万人あたり1.1~2.3人と非常に少ないことが報告されています。

アイソトープは「同じ場所」という意味です。これは、20世紀はじめの科学者がギリシャ語から着想を得た造語です。元素には、「化学的性質が同じであっても、重さの違うもの」が存在しています。そのことが発見された際に、元素の周期表の同じ位置にあるという意味で「アイソトープ」と命名されました。アイソトープは和訳すると「同位元素」です。同位元素には、放射性の有無によって種類がふたつあります。放射線を出すものが「放射性同位元素」といい、放射線を出さないものを「安定同位元素」といいます。

※本記事は、日本核医学会、日本核医学技術学会、日本アイソトープ協会による『なぜ核医学検査を受けるの?(pdf)』をもとにしています。

記事1:核医学検査とは?その1―放射性医薬品とは何か
記事2:核医学検査とは?その2―検査の手順と他の検査との違い
記事3:核医学検査とは?その3―骨の核医学検査でわかること
記事4:核医学検査とは?その4―心臓と脳の核医学検査
記事5:核医学検査とは?その5―肺と腎臓の核医学検査
記事6:核医学検査とは?その6―甲状腺と副腎の核医学検査