S414x320 44654486 0f94 4d0d 91e5 2359245fa0f1

ニュース

公開日 : 2017 年 08 月 29 日
更新日 : 2017 年 08 月 30 日

「自治医科大学 高久名誉学長を囲む会」レポート

2017年8月7日、自治医科大学・群馬大学の医学生を対象に、群馬の地域医療を体験してもらう「地域医療体験セミナーin草津」が開催されました。(『地域医療体験セミナーin草津』のレポートはこちら。)

その後、セミナーに参加した学生のみなさん、地域医療に従事する医師や群馬県医務課職員等が 自治医科大学 高久名誉学長を囲み、互いに交流を深めました。

本記事では、セミナー後に草津ホテルにて行われた「自治医科大学 高久名誉学長を囲む会」をレポートします。

高久先生を囲む会

地域医療振興協会常務理事 折茂賢一郎先生による開会の挨拶

高久先生を囲む会

はじめに、地域医療振興協会常務理事 折茂賢一郎先生が開会の挨拶を行いました。

「自治医科大学 高久名誉学長を囲む会」は高久先生が自治医科大学の学長に就任された年からスタートしました。高久先生が軽井沢にいらっしゃる機会に、六合(くに)温泉医療センターに足を運んでいただいたことがきっかけとなり、いつからか地域医療に従事する医師や学生が多数集まるようになったということです。そして、西吾妻福祉病院が開院し、2010年より自治医科大学と群馬大学が合同で地域医療実習を行うようになると、両大学の学生も参加するようになりました。今では毎年夏に、日本有数の観光地である草津温泉で、地域医療に従事する医師や群馬県医務課職員、自治医科大学・群馬大学の学生や卒業生などが高久先生を囲み、交流を深めています。

自治医科大学 高久名誉学長からのお言葉

高久先生を囲む会

高久先生を囲む会

自治医科大学 名誉学長 高久史麿先生は、会の始まった当初のエピソードをお話しされました。高久先生は自治医科大学の学長に就任された年に軽井沢で夏季休暇を取られ、その際に六合(くに)温泉医療センターへ足を運ばれたことがきっかけで交流会がスタートしました。当初は数名ほどの小さな集まりでしたが、今では50名以上が集まるようになり、交流の輪が広がったことを大変嬉しく思うとお話しされました。

また、50年ほど前に群馬大学で助手をされていた当時の、スキーに挑戦したり自動車の運転免許を取得したりといった群馬での思い出についても語られました。

連載記事