新型コロナウイルス感染症特設サイトはこちら

金沢大学 医薬保健研究域医学系 教授

日本神経学会 神経内科専門医 日本内科学会 認定内科医 日本認知症学会 認知症専門医 日本老年精神医学会 老年精神医学専門医 日本脳卒中学会 脳卒中専門医

山田 正仁 やまだ まさひと 先生

東京医科歯科大学を卒業後、カリフォルニア大学サンディエゴ校を経て現在は金沢大学脳神経内科学で教授、金沢大学附属病院で脳神経内科科長を務める。認知症、特にアルツハイマー病やプリオン病におけるトップランナーとして広く知られる。

基本情報

診療科・主な得意領域

  • 脳神経内科
  • 脳神経内科学
  • アミロイド

資格・学会・役職

日本神経学会 神経内科専門医
日本内科学会 認定内科医
日本認知症学会 認知症専門医
日本老年精神医学会 老年精神医学専門医
日本脳卒中学会 脳卒中専門医
  • 金沢大学 医薬保健研究域医学系 教授
  • 金沢大学大学院 脳医科学専攻長(2004-2009)副病院長(2014-2016)
  • 日本神経学会 理事 認知症セクション・チーフ
  • 日本内科学会 代議員
  • 日本認知症学会 理事 会長(2017)
  • 日本神経病理学会 理事 会長(2020)
  • 日本神経感染症学会 理事長 会長(2016)
  • 日本神経免疫学会 理事 会長(2020)
  • 日本老年医学会 代議員
  • 日本老年精神医学会 代議員
  • 日本神経精神医学会 理事 会長(2015)
  • 日本アミロイドーシス学会 副代表幹事 会長(2016)
  • 日本脳血管・認知症学会 理事 会長(2016)
  • Asian Pacific Society of Prion Research Board Member, Congress President(2015)
  • 厚生労働省・難治性疾患克服研究事業 アミロイドーシスに関する調査研究班 班長(2005-2011)
  • 厚生労働省 クロイツフェルト・ヤコブ病サーベイランス委員会 委員長(2002-2010)
  • 厚生労働省・難治性疾患克服研究事業 難治性疾患政策研究事業 プリオン病及び遅発性ウイルス感染症に関する調査研究班 班長(2011-2020)
  • 厚生労働省・難治性疾患政策研究事業 プリオン病のサーベイランスと感染予防に関する調査研究班 班長(2020-)
  • 日本医療研究開発機構 プリオン病及び遅発性ウイルス感染症の分子病態解明及び治療法開発に関する研究班 研究開発代表者(2014-2017)
  • 日本医療研究開発機構 食品関連の危険因子が作用する認知症の分子標的の解明と予防・治療法の開発班 班長(2016-2019)
  • 日本医療研究開発機構 アポE遺伝子型と性差に関わる認知症リスクを低減する食品関連因子の解明班 班長(2019-)

所属病院

金沢大学附属病院

  • 内科 血液内科 リウマチ・膠原病内科 外科 精神科 神経内科 脳神経外科 呼吸器外科 消化器外科 腎臓内科 心臓血管外科 小児科 整形外科 形成外科 皮膚科 泌尿器科 産婦人科 眼科 耳鼻咽喉科 放射線科 歯科口腔外科 麻酔科 乳腺外科 呼吸器内科 循環器内科 消化器内科
  • 石川県金沢市宝町13-1
  • JR北陸本線(米原~金沢)「金沢駅」 バスの利用も可能(北鉄バス 金沢大学附属病院、または小立野下車) 車20分
  • 076-265-2000
金沢大学附属病院

医療記事

来歴等

略歴

1980年 東京医科歯科大学医学部卒業
1988年 カリフォルニア大学サンデイエゴ校 医学部 博士研究員
1999年 東京医科歯科大学 大学院医歯学総合研究科 助教授
2000年 金沢大学 医学部医学科 神経内科学 教授
2001年 金沢大学大学院医学系研究科 脳老化・神経病態学(神経内科学)教授

論文

Noguchi-Shinohara M, Yuki S, Dohmoto C, Ikeda Y, Samuraki M, Iwasa K, Yokogawa M, Asai K, Komai K, Nakamura H, Yamada M. Consumption of green tea, but not black tea or coffee, is associated with reduced risk of cognitive decline. PLoS One 9(5):296013, 2014.

Ono K, Li L, Takamura Y, Yoshiike Y, Zhu L, Han F, Mao X, Ikeda T, Takasaki J-I, Nishijo H, Takashima A, Teplow DB, Zagorski MG, Yamada M. Phenolic compounds prevent amyloid -protein oligomerization and synaptic dysfunction by site specific binding. J Biol Chem 287:14631-14643, 2012.

Nozaki I, Hamaguchi T, Sanjo N, Noguchi-Shinohara M, Sakai K, Nakamura Y, Sato T, Kitamoto T, Mizusawa H, Moriwaka F, Shiga Y, Kuroiwa Y, Nishizawa M, Kuzuhara S, Inuzuka T, Takeda M, Kuroda S, Abe K, Murai H, Murayama S, Tateishi J, Takumi I, Shirabe S, Harada M, Sadakane A, Yamada M. Prospective 10-year surveillance of human prion diseases in Japan. Brain 133:3043-3057, 2010.

Hamaguchi T, Ono K, Murase A, Yamada M. Phenolic compounds prevent Alzheimer’s pathology through different effects on the amyloid  aggregation pathway. Am J Pathol 175:2557-2565, 2009.

Noguchi-Shinohara M, Hamaguchi T, Kitamoto T, Sato T, Nakamura Y, Mizusawa H, Yamada M. Clinical features and diagnosis of dura mater graft-associated Creutzfeldt-Jakob disease. Neurology 69:360-367, 2007

Yamada M on behalf of the Variant CJD Working Group, CJD Surveillance Committee, Japan. The first Japanese case of variant Creutzfeldt-Jakob disease showing periodic electroencephalogram. Lancet 36:874, 2006

Hamaguchi T, Kitamoto T, Sato T, Mizusawa H, Nakamura, Y,Noguchi M, Furukawa Y, Ishida C, Kuji I, Mitani K, Murayama S, Kohriyama T, Katayama S, Yamashita M, Yamamoto T, Udaka F, Kawakami A, Ihara Y, Nishinaka T, Kuroda S, Suzuki N, Shiga Y, Arai H, Maruyama M, Yamada M. Clinical diagnosis of MM2 type sporadic Creutzfeldt-Jakob disease. Neurology 64:643-648, 2005

A clinical role for [123I]MIBG myocardial scintigraphy in the distinction between dementia of the Alzheimer's-type and dementia with Lewy bodies. Yoshita M, Taki J, Yamada M J Neurol Neurosurg Psychiatry 71巻 583-588頁 2001 査読有 原著論文 研究論文(学術雑誌)

A deletion polymorphism of a2-macroglobulin gene and cerebral amyloid angiopathy. Yamada M, Sodeyama N, Itoh Y, Suematsu N, Otomo E, Matsushita M, Mizusawa H Stroke 30巻 2277-2279頁 1999 査読有 原著論文 研究論文(学術雑誌)

α2-macroglobulin polymorphism is not associated with AD or AD type neuropathology in Japanese. Sodeyama N, Yamada M, Itoh Y, Suematsu N, Matsushita Y, Otomo E, Mizusawa H Neurology 54巻 443-446頁 2000 査読有 原著論文 研究論文(学術雑誌)

Association of a1-antichymotrypsin polymorphism with cerebral amyloid angiopathy. Yamada M, Sodeyama N, Itoh Y, Suematsu N, Otomo E, Matsushita M, Mizusawa H Ann Neurol 44巻 129-131頁 1998 査読有 原著論文 研究論文(学術雑誌)

Association of presenilin-1 polymorphism with cerebral amyloid angiopathy in the elderly. Yamada M, Sodeyama N, Itoh Y, Suematsu N, Otomo E, Matsushita M, Mizusawa H Stroke 28巻 2219-2221頁 1997 査読有 原著論文 研究論文(学術雑誌)

著書

・Yamada M, Ono K, Hamaguchi T, Noguchi-Shinohara M. Natural phenolic compounds as therapeutic and preventive agents for cerebral amyloidosis. Advances in Experimental Medicine and Biology volume 863 Vassallo N, ed. Natural compounds as therapeutic agents for amyloidogenic diseases, Switerland, Springer, pp79-94, 2015.
・Yamada M, Naiki H. Cerebral amyloid anigopathy. In: Teplow DB, ed. Progress in Molecular Biology and Translational Science, vol. 107. Molecular Biology of Neurodegenerative Diseases, Amsterdam, Elsevier, pp41-78, 2012.
・Yamada M, Noguchi-Shinohara M, Hamaguchi T, Nakamura Y, Kitamoto T, Sato T, Mizusawa H. Creutzfeldt-Jakob disease surveillance in Japan. In: Iqbal K, Winblad B, Avila J, ed. Alzheimer’s Disease: New Advances. Bologna, Medimond, pp31-34, 2006
・山田正仁(編集)アミロイドーシス診療のすべて - ガイドライン完全解説。医歯薬出版、2011
・山田正仁(監修)認知症 - よりよい治療と介護のために。NHK出版、2011
・山田正仁(分担執筆)認知症疾患治療ガイドライン2010、医学書院、2010

その他

  • 【受賞】第5回お茶の水医科同窓会(東京医科歯科大学)研究奨励賞(1991年)

  • 【受賞】第1回日本神経病理学会賞(1997年)

  • 【受賞】日本老年医学会・老化および老年医学研究基金・研究助成賞(1998年)

  • 【受賞】日本医師会研究助成賞(2006年)

  • 【受賞】第41回石川テレビ賞(2018年)

  • 【受賞】第17回杉田玄白賞(2018年)

本ページにおける情報は、医師本人の申告に基づいて掲載しております。内容については弊社においても可能な限り配慮しておりますが、最新の情報については公開情報等をご確認いただき、またご自身でお問い合わせいただきますようお願いします。

なお、弊社はいかなる場合にも、掲載された情報の誤り、不正確等にもとづく損害に対して責任を負わないものとします。

他の医師を見る

同じ所属病院の医師