力丸 徹 先生のプロフィール

力丸 徹 先生

りきまる とおる

力丸 徹 先生

専門分野

呼吸器内科

紹介

間質性肺炎(肺線維症)・サルコイドーシスなど比較的まれな疾患に対して多くの臨床経験を持つ。また、慢性副鼻腔炎と慢性閉塞性肺疾患(COPD)の関係性についても研究・臨床を重ね、非喫煙COPD患者の治療にも注力している。

略歴

1981年3月 久留米大学医学部卒業
1981年4月 同大医学部内科学第一講座入局
1981年12月 済生会大牟田病院勤務
1983年4月 鞍手町立病院勤務
1985年4月 菊水町立病院勤務
1988年9月 米国ジョーンズ・ホプキンス大学へ留学
1989年9月 久留米大学病院第一内科
1993年4月 久留米大学病院第一内科病棟医長
1994年4月 久留米大学病院第一内科医局長 
1994年9月 久留米大学講師昇任
1996年9月 久留米大学助教授昇任
2004年4月 済生会二日市病院勤務(副院長)
2010年4月 福岡山王病院勤務(副院長・呼吸器内科部長)
        現在に至る

所属学会・資格・役職など

日本内科学会 
日本結核病学会(評議員)
日本呼吸器学会(評議員)
ERS(ヨーロッパ呼吸器学会)

力丸 徹 先生 の記事