野崎 和彦 先生のプロフィール

野崎 和彦 先生

のざき かずひこ

野崎 和彦 先生

滋賀医科大学医学部脳神経外科学講座 教授

専門分野

脳血管障害、頭蓋底腫瘍、脊髄疾患

紹介

脳神経外科領域における地に足の着いた治療・研究を心がける。難治性の脳血管障害に取り組んでいるが、治療を行うためには理由が必要であり、データに基づいた患者とのコミュニケーションが重要と認識し、脳卒中では「滋賀脳卒中データセンター」を立ち上げた。また、脳腫瘍の治療にも力を入れている。

略歴

1983年 京都大学医学部卒業
1990年  京都大学大学院医学研究科卒業 医学博士取得
1990年~1992年 
    Massachussetts General Hospital留学(研究員)
1993年 京都大学脳神経外科 助手
1999年 京都大学脳神経外科 講師
2003年 京都大学脳神経外科 助教授
2007年 京都大学脳神経外科 準教授
2008年 滋賀医科大学脳神経外科 教授

所属学会・資格・役職など

医学博士
日本脳神経外科学会 代議員・近畿支部理事・医療器機委員会副委員長・専門医認定委員会コア委員・生涯教育委員会委員・機関紙NMC編集委員会委員
日本頭蓋底外科学会 理事
日本脳腫瘍の外科学会 理事・学術委員会委員長
日本術中画像情報学会 理事
日本脳卒中学会 幹事
日本脳卒中の外科学会 代議員
脳神経外科手術と機器学会 監事 など
日本脳神経外科学会専門医、日本脳卒中学会専門医、日本脊髄外科学会認定医

受賞・著書・論文など

【受賞】
1990年 第49回日本脳神経外科学会ガレーヌス賞(血管部門)
2001年 第9回日本脳卒中の外科学会賞(鈴木賞)

【著書】
脳神経外科学 編集 改訂11,12版 Kinpodo、2016年

【論文】(和文も可)
Yoshimura Y, Shiino A, Muraki K, Fukami T, Yamada S, Satow T, Fukuda M, Saiki M, Hojo M, Miyamoto S, Onishi N, Saya H, Inubushi T, Nozaki K, Tanigaki K: Arsennic trioxide sensitizes glioblatoma to a Myc inhibitor. PLoS One 10:e0128288, 2015
Yokoi T, Saito M, Yoshimura Y, Tsuji K, Nozaki K: Cerebral aneurysms and inflammation. Neuroimmunology and Neuroinflammation 2:55-58, 2015
Yokoi T, Isono T, Saitoh M, Yoshimura Y, Nozaki K: Suppression of cerebral aneurysm formation

【受賞】
1990年 第49回日本脳神経外科学会ガレーヌス賞(血管部門)
2001年 第9回日本脳卒中の外科学会賞(鈴木賞)

【著書】
脳神経外科学 編集 改訂11,12版 Kinpodo、2016年

【論文】(和文も可)
Yoshimura Y, Shiino A, Muraki K, Fukami T, Yamada S, Satow T, Fukuda M, Saiki M, Hojo M, Miyamoto S, Onishi N, Saya H, Inubushi T, Nozaki K, Tanigaki K: Arsennic trioxide sensitizes glioblatoma to a Myc inhibitor. PLoS One 10:e0128288, 2015
Yokoi T, Saito M, Yoshimura Y, Tsuji K, Nozaki K: Cerebral aneurysms and inflammation. Neuroimmunology and Neuroinflammation 2:55-58, 2015
Yokoi T, Isono T, Saitoh M, Yoshimura Y, Nozaki K: Suppression of cerebral aneurysm formation in rats by a tumor necrosis factor-a inhibitor. J Neurosurg 120:1193-1200, 2014
Yoshimura Y, Murakami Y, Saitoh M, Yokoi T, Aoki T, Miura K, Ueshima H, Nozaki K, for the study group: Statin use and risk of cerebral aneurysm rupture: a hospital-based case-control study in Japan. J Stroke Cereb Vasc Dis 23(2):343-8, 2014
Aoki T, Nishimura M, Matsuoka T, Yamamoto K, Furuyashiki T, Kataoka H, Kitaoka S, Ishibashi R, Ishibazawa A, Miyamoto S, Morishita R, Ando J, Hashimoto N, Nozaki K, Narumiya S: PGE(2) -EP(2) receptor signaling in endothelium is activated by hemodynamic stress and induces cerebral aneurysm through an amplifying loop via NF-κB. Br J Pharmacol 163: 1237-1249, 2011
Nozaki K, Kikuta K, Takagi Y, Mineharu Y, Takahashi JA, Hashimoto N: Effect of early optic canal unroofing on the outcome of visual functions in surgery for meningiomas of the tuberculum sellae and planum sphenoidale. Neurosurgery 62: 839-846, 2008
Fujimoto M, Takagi Y, Aoki T, Hayase M, Marumo T, Gomi M, Nishimura M, Kataoka H, Hashimoto N, Nozaki K: Tissue Inhibitor of Metalloproteinases Protect Blood Brain Barrier Disruption in Focal Cerebral Ischemia. J Cereb Blood Flow Metab 28: 1674-1685, 2008
Yamada S, Nozaki K, Takagi Y, Kikuta K, Hashimoto N: Risk factors for subsequent hemorrhage in patients with cerebral arteriovenous malformations. J Neurosurg 107: 965-972, 2007
Aoki T, Kataoka H, Shimamura M, Nakagami H, Wakayama K, Morikawa T, Ishibshi R, Nozaki K, Morishita R, Hashimoto N: NF-(kappa)B is a key mediator of cerebral aneurysm formation. Circulation 116:2830-2840, 2007

続きを見る

野崎 和彦先生 の所属する医療機関

滋賀医科大学医学部附属病院

TEL: 077-548-2111

滋賀医科大学医学部附属病院

滋賀県大津市瀬田月輪町

JR東海道本線(琵琶湖線)「瀬田駅」 バス利用可(滋賀医大行き 大学病院前下車、所要時間約15分) 車10分

- - -

受付時間: 8:30~10:30 原則紹介制、一部診療科予約制 診療は9:00開始 科により異なる 臨時休診あり

診療科目: 内科 血液内科 外科 精神科 神経内科 脳神経外科 呼吸器外科 消化器外科 腎臓内科 心臓血管外科 小児科 整形外科 形成外科 皮膚科 泌尿器科 産婦人科 眼科 耳鼻咽喉科 リハビリテーション科 放射線科 歯科口腔外科 麻酔科 乳腺外科

野崎 和彦 先生 の記事