新型コロナウイルス感染症特設サイトはこちら

杏林大学医学部付属病院 病院長、杏林大学医学部産科婦人科学教室 主任教授

日本産科婦人科学会 産婦人科専門医

岩下 光利 いわした みつとし 先生

産婦人科医の父を持ち、当初は分子生物学の研究者を志すも、慶應義塾大学医学部に学ぶうちに同じ産婦人科医の道に入る。3年間のアメリカ留学中は中枢の内分泌学を研究、帰国後は周産期医学に携わる。1999年より現職。杏林大学医学部付属病院の病院長としてよりよい医療の実現に努めるとともに次世代を担う医師の育成にも尽力している。

基本情報

診療科・主な得意領域

  • 産科
  • 婦人科
  • 産科婦人科
  • 周産期医学
  • 生殖内分泌学

資格・学会・役職

日本産科婦人科学会 産婦人科専門医
  • 杏林大学医学部付属病院 病院長
  • 杏林大学医学部産科婦人科学教室 主任教授
  • 医学博士 取得
  • 日本産科婦人科学会 副理事長
  • 日本産科婦人科学会関東連合地方部会 理事
  • 日本産科婦人科学会東京地方部会 会長
  • 日本産科婦人科栄養・代謝研究会 理事
  • 日本母性衛生学会 理事
  • 東京母性衛生学会 常務理事
  • 日本生殖外科学会 理事
  • 日本胎盤学会 理事
  • 日本受精着床学会 理事
  • 日本生殖内分泌学会 理事
  • 日本生殖医学会 生殖医療指導医
  • 日本周産期・新生児医学会 暫定指導医

所属病院

杏林大学医学部付属病院

  • 内科 血液内科 リウマチ・膠原病内科 外科 精神科 神経内科 脳神経外科 呼吸器外科 消化器外科 腎臓内科 心臓血管外科 小児科 小児外科 整形外科 形成外科 美容外科 皮膚科 泌尿器科 産婦人科 眼科 耳鼻咽喉科 リハビリテーション科 放射線科 歯科口腔外科 麻酔科 乳腺外科 呼吸器内科 循環器内科 消化器内科
  • 東京都三鷹市新川6丁目20-2
  • 京王線「仙川駅」 小田急バス 三鷹駅行、吉祥寺駅中央口行 杏林大学病院前下車 バス15分 京王井の頭線「三鷹台駅」 みたかシティバス 調布飛行場行 杏林大学病院下車 バス15分 JR中央本線(東京~塩尻)「三鷹駅」 南口 小田急バス 仙川行、晃華学園東行、野ケ谷行き 杏林大学病院前または杏林大学病院入口下車 バス20分
  • 0422-47-5511
杏林大学医学部付属病院

医療記事

来歴等

略歴

1975年 慶応義塾大学医学部卒業
1978年 慶応義塾大学医学部産科婦人科学教室 助手
1981年 米国南カリフォルニア大学医学部産婦人科 リサーチフェロー
1982年 米国国立衛生研究所(NIH)ERRB NICHD リサーチフェロー
1984年 東京女子医科大学母子総合医療センター 講師
1992年 東京女子医科大学母子総合医療センター 准教授
1996年 東京女子医科大学母子総合医療センター 教授
1999年 杏林大学医学部産科婦人科学教室 教授
2009年 杏林大学医学部総合周産期医療センター センター長
2014年 杏林大学医学部付属病院 副病院長
2015年 杏林大学医学部付属病院 病院長

論文

1. Sato Y, Tanaka K, Kobayashi Y, Shibuya H, Nishigaya Y, Momomura M, Matsumoto H, Iwashita M: Uterine cervical cancer with brain metastasis as the initial site of presentation. J Obstet
Gynaecol Res. 2015 jul;41(7):1145-8
2. Tanaka K, Matsushima M, Matsuzawa Y, Wachi Y, Izawa T, Sakai K, Kobayashi Y, Iwashita M Antepartum reversible cerebral vasoconstriction syndrome with pre-eclampsia and reversible posterior leukoencephalopathy. J Obstet Gynaecol Res. 2015 1843-7.
3. Tanaka K, Iwashita M, Matsushima M, Wachi Y, Izawa T, Sakai K, Kobayashi Y: Intrapartum group B Streptococcus screening usmg real-time polymerase chain reaction in Japanese population. J Matern Fetal Neonatal Med.2016;29(1):130-4
4. Hasegawa J, Kawabata I, Takeda Y, Aoki H, Fukami T, Tajima A, Miyakoshi K, Otsuki K, Shinozuka N, Matsuda Y, Iwashita M, Okai T, Nakai A; Improving the Accuracy of Diagnosing Placenta Previa on Transvaginal Ultrasound by Distinguishing between the Uterine Isthmus and Cervix: A Prospective Multicenter Observational Study. Japanese Organization of Prevention of Preterm delivery. Fetal Diagn Ther. 2016 May 3.
5. Otsuki K, Nakai A, Matsuda Y, Shinozuka N, Kawabata I, Makino Y, Kamei Y, Iwashita M, Okai T: Randomized trial of ultrasound-indicated cerclage in singleton women without lower genital tract inflammation. J Obstet Gynaecol Res. 2016 Feb;42(2):148-57

本ページにおける情報は、医師本人の申告に基づいて掲載しております。内容については弊社においても可能な限り配慮しておりますが、最新の情報については公開情報等をご確認いただき、またご自身でお問い合わせいただきますようお願いします。

なお、弊社はいかなる場合にも、掲載された情報の誤り、不正確等にもとづく損害に対して責任を負わないものとします。