新型コロナウイルス感染症特設サイトはこちら

熊本大学 大学院生命科学研究部産科婦人科学講座 教授、熊本大学病院 病院長特別補佐、日本婦人科がん検診学会 副理事長

日本産科婦人科学会 産婦人科専門医 日本婦人科腫瘍学会 婦人科腫瘍専門医 日本がん治療認定医機構 がん治療認定医

片渕 秀隆 かたぶち ひでたか 先生

婦人科腫瘍治療で日本をリードする存在で、婦人科病理診断学のエキスパートとしての正確な診断に裏打ちされた治療により子宮頸がん、子宮体がん、卵巣がん、絨毛性疾患、子宮内膜症・子宮腺筋症の名医として知られる。地元熊本県のがん治療の地域連携クリティカルパス「私のカルテ」の導入に尽力し、6千人を超える患者さんが使用している現状で、その先駆的取り組みにより全国から注目を集める。日本婦人科腫瘍学会の治療ガイドライン作成の責任者として長年携わる一方で、ライフワークの一つとしてティーンエイジからの「がん教育」に取り組む。その一環として、県内の高校・専門学校・大学に自ら出向き「産婦人科、子宮、妊娠、そして“がん”そんなの私たちに関係ない。自分が生きていることを奇蹟と考えたことがありますか」というタイトルで、命について考える授業を80校以上で行っている。
熊本大学病院成育医療部門 部門長、熊本大学病院総合周産期母子医療センター センター長、熊本大学病院生殖医療・がん連携センター センター長、熊本県「私のカルテ」がん連携センター センター長、大分大学・長崎大学,非常勤講師。

基本情報

診療科・主な得意領域

  • 産科
  • 婦人科
  • 婦人科腫瘍医学
  • 絨毛性疾患の悪性腫瘍
  • 子宮腺筋症
  • 子宮頸がん
  • 子宮体がん
  • 卵巣がん
  • 子宮内膜症

資格・学会・役職

日本産科婦人科学会 産婦人科専門医
日本婦人科腫瘍学会 婦人科腫瘍専門医
日本がん治療認定医機構 がん治療認定医
  • 日本生殖免疫学会 理事
  • 日本妊娠高血圧学会  理事
  • 日本がん検診・診断学会 評議員
  • 日本エンドメトリオーシス学会 世話人
  • JSAWI (Japan Society of Advancement for Women’s Imaging) 代表世話人
  • 日本婦人科がん会議 世話人
  • 日本婦人科分子標的研究会 世話人
  • 日本絨毛性疾患研究会  世話人
  • 日本女性栄養・代謝学会 理事
  • 日本HBOCコンソーシアム 理事
  • 熊本産科婦人科学会 会長
  • 熊本県母性衛生学会 顧問
  • 熊本県産婦人科医会 理事
  • 熊本医学会 監事
  • 熊杏会(熊本大学医学部同窓会) 理事
  • 肥後医育振興会 理事
  • American Association for Cancer Research (AACR) 会員
  • American Society of Clinical Oncology (ASCO) 会員
  • Asian Society of Gynecologic Oncology (ASGO) 会員
  • Asia-Oceania Research Organisation in Genital Infection and Neoplasia (AOGIN) 会員
  • European Society of Gynaecological Oncology (ESGO) 会員
  • International Federation of Placental Association (IFPA) 会員
  • International Gynecologic Cancer Society (IGCS) 会員
  • International Society of Gynecological Pathologists (ISGO) 会員
  • International Society for Immunology of Reproduction (ISIR) 会員
  • The Johns Hopkins Medical and Surgical Association 会員
  • 死体解剖資格認定 保有
  • 熊本県 母体保護法指定医師
  • 日本女性医学会 女性ヘルスケア暫定指導医
  •  International Cancer Conference Journal (Editor) 編集委員
  • International Journal of Clinical Oncology 編集委員
  • Journal of Ovarian Research 編集委員
  • Reproductive Biology and Endocrinology 編集委員
  • 熊本大学 大学院生命科学研究部産科婦人科学講座 教授
  • 熊本大学病院 病院長特別補佐
  • 日本産科婦人科学会 代議員
  • 日本婦人科腫瘍学会 副理事長
  • 日本婦人科病理学会 理事
  • 日本癌治療学会 理事
  • 日本婦人科がん検診学会 副理事長
  • 日本臨床分子形態学会 理事長
  • 日本産婦人科手術学会 理事
  • 日本胎盤学会  常務理事
  • Current Obstetrics and Gynecology Reports (Section Editor)

所属病院

熊本大学病院

  • 血液内科 膠原病内科 神経精神科 脳神経外科 呼吸器外科 消化器外科 腎臓内科 心臓血管外科 小児科 小児外科 整形外科 形成・再建科 皮膚科 泌尿器科 産科 婦人科 眼科 耳鼻咽喉科・頭頸部外科 リハビリテーション科 歯科口腔外科 麻酔科・緩和ケア 乳腺・内分泌外科 呼吸器内科 循環器内科 消化器内科 糖尿病・代謝・内分泌内科 脳神経内科 放射線治療科 総合診療科 病理診断科 移植外科 画像診断・治療科 救急外来科
  • 熊本県熊本市中央区本荘1丁目1-1
  • 熊本市電A系統「九品寺交差点駅」 徒歩9分 JR鹿児島本線(博多~八代)「熊本駅」 車8分
  • 096-344-2111
熊本大学病院

医療記事

来歴等

略歴

1982年 熊本大学医学部専門課程卒業(医師免許登録第265658号)
熊本大学医学部附属病院産科婦人科,研修医
1983年 九州厚生年金病院産科婦人科新生児科,研修医 
1988年 熊本大学大学院医学研究科博士課程(第2病理学教室)
熊本大学医学部附属病院産科婦人科,医員
1989年 熊本大学医学部附属病院産科婦人科,助手
1993年 Johns Hopkins大学医学部病理学(R.J. Kurman教授),研究員
1995年 熊本大学医学部産科婦人科学講座,助手
1997年 熊本大学医学部産科婦人科学講座,講師
2003年 熊本大学医学部産科婦人科学講座,助教授
2004年 熊本大学大学院医学薬学研究部婦人科学分野,教授
2006年 熊本大学医学部附属病院地域医療連携センター長(継続)
2009年 熊本大学医学部附属病院副病院長(教育・研修),同総合臨床研修
センター長,同地域医療支援センター長(至 平成23年3月)
2010年(改組)熊本大学大学院生命科学研究部婦人科学分野,教授  
(改組)熊本大学大学院生命科学研究部 産科婦人科学分野,教授
    島根大学,非常勤講師(至 平成26年3月)
熊本県「私のカルテ」がん連携センター長(継続)
2011年 長崎大学,非常勤講師(継続)
2012年 熊本大学医学部附属病院成育医療部門長(継続)
2015年 熊本大学医学部附属病院副病院長(地域連携)(至平成30年3月)
2016年 熊本大学医学部附属病院総合周産期母子医療センター,センター長(継続)
2018年 熊本大学医学部附属病院(現 熊本大学病院)病院長特別補佐

論文

1) H. Katabuchi, B.V. Rees, A.R. Lambers, B.M. Ronnett, M.S. Blazes, F.S. Leach, K.R. Cho
and L. Hedrick
Mutations in the known DNA mismatch repair genes are not responsible for microsatellite
instability in most sporadic endometrial carcinomas
Cancer Research 55:5556-5560, 1995
2) H. Katabuchi, H. Tashiro, K.R. Cho, R.J. Kurman and L.H. Ellenson
Micropapillary serous carcinoma of the ovary: an immunohistochemical and mutational
analysis of p53
International Journal of Gynecological Pathology 17:54-60, 1998
3) D.C. Connolly, H. Katabuchi, W.A. Cliby and K.R. Cho
Somatic mutations in the STK11/LKB1 gene are uncommon in rare gynecological tumor
types associated with Peutz-Jegher’s syndrome
American Journal of Pathology 156:339-346, 2000
4) H.Okamura and H.Katabuchi
Pathophysiological dynamics of human ovarian surface epithelial cells in epithelial ovarian
carcinogenesis.
International Review of Cytology 242: 1-54, 2005
5) K.A.Shedden, M.P.Kshirsagar, D.R.Schwartz, R.Wu, H.Yu, D.E.Misek, S.Hanash,
H.Katabuchi,, L.H.Ellenson, E.R.Fearon, K.R.Cho
Histological type, organ of origin, and Wnt pathway status: Impact on gene expression in
ovarian and uterine carcinomas.
Clinical Cancer Research 11: 2123-2131, 2005
6) R.Wu, N.Hendrix, R.Kuick, Y.Zhai, D.R.Schwartz, A.Akyol, H.Katabuchi, B.O. Williams, T
Mak, E.R.Fearon, K.R.Cho
Mouse model of human ocvarian endometrioid adenocarcinoma basec on somatic defects
in the Wnt/β-catenin and PI3K/Pten signaling pathways.
Cancer Cell 11: 321-333, 2007
7) F.Itoh, Y.Komohara, K.Takaishi, R.Honda, H.Tashiro, Y.Fujiwara, K.Ohnishi, S.Kyo,
H.Katabuchi, M.Takeya
Possible involvement of signal trasnduacer and activator of transcription-3 in cell-cell
interaction of peritoneal macrophages and endometrial stromal cells in human  endometriosis.
Fertility and Sterility 99: 1705-1713,2013
8) T.Motohara, K.Fujimoto, S.Tayama, D. Narantuya, J Guo, I. Sakaguchi, H. Tashiro,
H.Katabuchi
CD44 variant 6 as a predictive biomarker for distant metastasis in patients with epithelial
ovarian Cancer
Obstetrics and Gynecology 127: 1003-1011, 2016
9) J.Tsuboki, Y.Fujiwara, H.Horlad, D.Shiraishi, T.Nohara, S.Tayama, Y.Saito, T.Ikeda,
K.Takaishi, H.Tashiro, H.Katabuchi, M.Talkeya, Y.Komohara.
Onionin A inhibits ovarian cancer progression by suppressing cancer cell prolioferation and
protumor function of macrophages.
Scientific Reports 6: 29588/DOI: 10.1038/srep29588,2016
10)Y. Imamura, H. Tashiro, G. Tsend-Ayush, M. Haruta, N. Dashdemberel. J.Tsuboki, K. Takaishi, T. Ohba, H. Katabuchi, S. SenjuNovel therapeutic strategies for advance ovarian cancer with iPS cell-derivedmyelomonocytic cells producing interferon beta.Cancer Science 109: 3403-3410, 2018
11) 片渕秀隆, 本原研一, 田代浩徳
子宮疾患・子宮内膜症の臨床 診断学総論 画像診断、病理診断
日本臨床 増刊号 79-86, 2009
12)片渕秀隆,本田律生,「難治性稀少部位子宮内膜症の集学的治療のための分類・診断・治療ガイドライン作成」研究班
腸管子宮内膜症
診断と治療社 35-8, 2018

著書

1) H. Okamura, H. Katabuchi and H. Kanzaki
Macrophages in reproductive biology The Macrophages (eds., C. Lewis and B. Burke)
Oxford University Press, London, pp548-576, 2002
2) R.Zaino, S.G. Carinelli, L.H.Ellenson, C.Eng, H.Katabuchi, I.Konishi, S.Lax, X.Matias-Guiu,
G.L.Mutter, W.A. Peters III, M.E.Sherman, I.-M. Shih, R. Soslow, C.J.R. Stewart
In Tumours of the uterine corpus. Epithelial tumours and precursors. WHO Classification of
Tumours of Female Reproductive Organs (eds., R.J. Kurman, M.L.Carcangiu,
C.S.Herringtona, R.H.Young. International Agency for Research on Cancer pp125-135, 2014
3)T.Motohara, H.Katabuchi
Genomics in Gynecological Cancer: Future Perspective.In Precision Medicine in Gynecology and Obstetrics (ed., I.Konishi) Comprehensive Gynecology and Obstetrics (Series eds., I.Konishi, H.Katabuchi), Springer, 9-22, 2017
4)H.Katabuchi (ed.)
Frontiers in Ovarian Cancer Science. Comprehensive Gynecology and Obstetrics (Series eds., I.Konishi,H.Katabuchi), Springer 2017
5) H.Tashiro, Y.Imamura,T.Motohara, I.Sakaguchi, H.Katabuchi
Morphological and molecular pathogenesis of epithelial ovarian tumors. In Frontiers in
Ovarian Cancer Science (ed., H.Katabuchi) Comprehensive Gynecology and Obstetrics,
Springer 37-56,2017
6)H.Katabuchi,T.Oba, T.Motohara (eds.)
Cell Biology of the Ovary, Springer 2018
7)T.Motohara, H.Katabuchi
Emerging role of CD44 variant 6 in drinving the metastatic journey of ovarian cancer stem cells. In Cell Biology of the Ovary (eds., H. Katabuchi, T. Oba, T. Motohara) Springer, 73- 88, 2018
8) 松浦講平,片渕秀隆,岡村 均
子宮内膜症の発生機序
第19巻 子宮内膜症,子宮腺筋症(寺川 直樹編)新女性医学大系
中山書店 pp11-27, 1999
9) 片渕秀隆,三上幹男,八重樫伸生,宇田川康博(編集)
子宮体がん治療ガイドライン 2013年版
日本婦人科腫瘍学会 金原出版 2013
10) 片渕秀隆,三上幹男,八重樫伸生,宇田川康博(編集)
卵巣がん治療ガイドライン 2015年版
日本婦人科腫瘍学会 金原出版 2015
11) 片渕秀隆,三上幹男,八重樫伸生,宇田川康博(編集)
外陰がん・腟がん治療ガイドライン 2015年版
日本婦人科腫瘍学会 金原出版 2015
12) 片渕秀隆,杉山 徹,安田政実, 榎本隆之
卵巣腫瘍・卵管癌・腹膜癌取扱い規約 病理編 第1版
日本産科婦人科学会・日本病理学会 金原出版 2016
13) 片渕秀隆, 三上幹男,八重樫伸生,宇田川康博,(編集)
患者さんとご家族のための子宮頸がん・子宮体がん・卵巣がん治療ガイドライン 第2版
日本婦人科腫瘍学会 金原出版 2016
14)片渕秀隆,杉山 徹,三上芳喜, 榎本隆之
子宮頸癌取扱い規約 病理編 第4版
日本産科婦人科学会・日本病理学会 金原出版 2017
15)片渕秀隆,杉山 徹,安田政実, 榎本隆之
子宮体癌取扱い規約 病理編 第4版
日本産科婦人科学会・日本病理学会 金原出版 2017
16)三上幹男,永瀬 智,宇田川康博,八重樫伸生,片渕秀隆(編集)
子宮頸癌治療ガイドライン 2017年版
日本婦人科腫瘍学会 金原出版 2017
17)片渕秀隆,森谷卓也(編集)
一冊でわかる婦人科腫瘍・疾患 周産期疾患,生殖・内分泌疾患,乳癌を含む
文光堂 2017
18)三上幹男,永瀬 智,宇田川康博,八重樫伸生,片渕秀隆(編集)
子宮体がん治療ガイドライン 2018年版
日本婦人科腫瘍学会 金原出版 2018
19)片渕秀隆, 楫 靖(編集)
JSAWI発 一冊でわかる婦人科腫瘍の画像診断 モダリティ・解剖・病理・診断・治療フォローアップ・ピットフォール
文光堂 2019
20)青木大輔,片渕秀隆,三上幹男
子宮頸癌、子宮体癌、卵巣腫瘍・卵巣癌・腹膜癌
領域横断的がん取扱い規約 第1版
日本癌治療学会、日本病理学会編 2019

その他

  • 【受賞】平成6年度熊本大学医学部産科婦人科学教室同窓会学術奨励賞

  • 【受賞】平成11年度日本臨床電子顕微鏡学会奨励賞

  • 【受賞】平成15年度熊本大学医学部産科婦人科学教室同窓会学術奨励賞

  • 【受賞】平成16年度日本臨床電子顕微鏡学会論文賞

  • 【受賞】平成24年度熊本大学医療活動表彰(「私のカルテ」がん連携事業)

  • 【受賞】平成26年度熊本大学医療活動表彰(クリニカルパス推進事業)

  • 【受賞】平成28年熊本県知事表彰(平成28年熊本地震)(熊本産科婦人科学会代表)

  • 【受賞】2016年Special Award of Chinese Ovarian Cancer Association

  • 【受賞】2017年 Honorary Member of Korean Society of Gynecologic Oncology

  • 【受賞】平成29年防災功労者防災担当大臣表彰(熊本産科婦人科学会代表)

  • 【受賞】平成29年度日本臨床分子形態学会安澄記念賞

  • 【受賞】平成29年度熊本大学医療活動表彰(子宮頸癌啓発事業とがん教育活動)

  • 【受賞】平成30年度熊本県健康づくり県民会議表彰(子宮頸癌啓発事業)

本ページにおける情報は、医師本人の申告に基づいて掲載しております。内容については弊社においても可能な限り配慮しておりますが、最新の情報については公開情報等をご確認いただき、またご自身でお問い合わせいただきますようお願いします。

なお、弊社はいかなる場合にも、掲載された情報の誤り、不正確等にもとづく損害に対して責任を負わないものとします。