福島県立医科大学小児腫瘍科 教授

日本小児科学会 小児科専門医 日本小児血液・がん学会 暫定指導医 日本血液学会 血液指導医・血液専門医

菊田 敦 きくた あつし 先生

基本情報

診療科・主な得意領域

  • 小児科
  • 小児血液・がん
  • 造血細胞移植とくにハプロ移植
  • 再発・難治性白血病

資格・学会・役職

日本小児科学会 小児科専門医
日本小児血液・がん学会 暫定指導医
日本血液学会 血液指導医・血液専門医
  • 福島県立医科大学小児腫瘍科 教授
  • 医学博士 取得
  • 日本がん治療学会 暫定指導医
  • 日本小児血液・がん学会 評議員/理事(診療ガイドライン委員会委員長、倫理委員会委員長)
  • 日本造血細胞移植学会 評議員(認定・専門医制度委員会)
  • 日本輸血・細胞治療学会 評議員(顆粒球輸血委員会委員長)
  • 日本小児癌・白血病研究グループ(CCLSG) 運営委員長
  • 日本小児白血病リンパ腫研究グループ(JPLSG) 理事
  • 日本小児がん研究グループ(JCCG) 理事
  • 日本神経芽種研究グループ 運営委員/ホームページ委員長
  • 日本横紋筋肉腫研究グループ 幹事/化学療法委員会委員長
  • COG Member
  • パンダハウスを育てる会(福島医大患者・家族宿泊施設) アドバイザー
  • がんの子供を守る会福島支部(光の子を守る会) 幹事
  • ハートリンク共済(小児がん等経験者のための生命保険共済) 理事
  • 福島県立須賀川養護学校 学校評議員

所属病院

福島県立医科大学附属病院

  • 内科 血液内科 リウマチ膠原病内科 外科 心療内科 神経内科 脳神経外科 呼吸器外科 消化器外科 腎臓内科 心臓血管外科 小児科 小児外科 整形外科 形成外科 皮膚科 泌尿器科 産科 婦人科 産婦人科 眼科 耳鼻咽喉科 リハビリテーション科 放射線科 歯科口腔外科 麻酔科 乳腺外科 呼吸器内科 循環器内科 腫瘍内科 消化器内科 糖尿病内科 内分泌内科 代謝内科 脳神経内科 漢方内科 肝胆膵外科 内分泌外科 放射線治療科 頭頸部外科 病理診断科
  • 福島県福島市光が丘1
  • JR東北本線(黒磯〜利府・盛岡) 福島 路線バスもあり(東口 福島交通バス 医大行き 医大病院または医科大学前下車) 車20分
  • 024-547-1111
公式ウェブサイト
福島県立医科大学附属病院

医療記事

来歴等

略歴

1981年 福島県立医科大学医学卒業
1981年 福島県立医科大学医学部小児科入局
1986年 愛知医科大学医学部小児科助手
1987年 福島県立医科大学医学部小児科副手
1990年 福島県立医科大学医学部小児科助手
1996年 福島県立医科大学医学部小児科講師
2008年 福島県立医科大学付属病院臨床腫瘍センター小児腫瘍部門長、病院教授
2014年 同 小児腫瘍科 教授/部長
【公的研究事業】
(過去5年分)
平成29年度 小児再発・難治性白血病に対する低用量抗胸腺細胞免疫グロブリンを用いたT細胞充満
HLAハプロ移植の多施設共同非盲検無対照試験 研究代表者、日本医療研究開発機構
(AMED)
平成24-28年度  造血細胞移植における肝中心静脈閉塞症(VOD)に対する本邦未承認薬defibrotideの国内導入のための研究:第I相および第II相試験(医師主導治験) 研究代表者、日本医療研究開発機構(厚生労働省/AMED)

平成27年度   難治急性リンパ性白血病に対するボルテゾミブ追加多剤併用療法の国内導入(医師主導治験) 分担、日本医療研究開発機構(厚生労働省)

平成27年度  全国がん登録と連携した臓器がん登録による大規模コホート研究の推進及び高質診療データベースの為のNCD長期予後入力システムの構築に関する研究 分担、厚生労働省

平成26-継続  Adolescent and young adult (AYA) 世代に及ぶ骨・軟部肉腫ならびに固形がんに対する妊娠、晩期合併症に考慮した治療プロトコール開発に関する研究 分担、日本医療研究開発機構(厚生労働省)

平成26-継続  転移性肝芽腫に対する薬剤開発戦略としての国際共同臨床試験 分担、日本医療研究開発機構(厚生労働省)

平成26-継続  再発小児・AYA(Adolescent and Young Adult)世代固形腫瘍に対する2剤併用化学療法についての多施設共同臨床研究 分担、日本医療研究開発機構(厚生労働省)

平成26-27年度 治験の実施に関する研究[大量メトトレキサート療法時に生じるメトトレキサート排泄遅延に対してのグルカルピダーゼの有効性・安全性試験] 分担、公益社団法人日本医師会治験促進センター

平成26年度  がん診療ガイドライン普及促進とその効果に関する研究及び同ガイドライン事業の在り方に関する研究 分担、厚生労働省

平成25年度  小児がん拠点病院を活用した臨床研究基盤のあり方及び新規治療開発に関する研究 分担、厚生労働省

平成24-25年度 希少小児がんである肝芽腫に対する薬剤開発戦略としての国際共同臨床試験に関する研究 分担、厚生労働省

平成23-25年度 小児固形腫瘍領域で欧米臨床導入済みの国内適応外抗腫瘍薬のエビデンス確立のための研究 分担、厚生労働省

平成22-24年度 神経芽腫における標準治療の確立と新規治療の開発に関する研究 分担、厚生労働省

論文

【論文】
英文論文 96編
和文論文 88編
【総説】
28編

著書

【著書】
17編

本ページにおける情報は、医師本人の申告に基づいて掲載しております。内容については弊社においても可能な限り配慮しておりますが、最新の情報については公開情報等をご確認いただき、またご自身でお問い合わせいただきますようお願いします。

なお、弊社はいかなる場合にも、掲載された情報の誤り、不正確等にもとづく損害に対して責任を負わないものとします。