石川 剛 先生のプロフィール

石川 剛 先生

いしかわ つよし

石川 剛 先生

山口大学大学院医学系研究科消化器内科 講師

専門分野

門脈圧亢進症治療(部分的脾動脈塞栓術、バルーン閉塞下逆行性経静脈的塞栓術、内視鏡的静脈瘤硬化療法など)、肝細胞癌治療(肝動脈化学塞栓療法、肝動注化学療法、経皮的ラジオ波焼灼療法など)、自己骨髄細胞投与療法

紹介

山口大学医学部卒業。2017年より山口大学大学院医学系研究科消化器内科学にて講師を務める。門脈圧亢進症治療、肝細胞癌治療、自己骨髄細胞投与療法を専門とし、数々の賞を受賞している。

略歴

2000年 山口大学医学部 卒業
2000年~2001年 山口大学医学部附属病院 第1内科(臨床研修医)
2001年~2002年 山口県立中央病院(現 山口県立総合医療センター)消化器科(臨床研修医)
2002年~2006年 山口大学大学院医学系研究科消化器病態内科学(大学院生)
2006年 医学博士 学位取得
2006年~2007年 長門総合病院 内科 (医員)
2007年~2009年 米国国立衛生研究所(NIH)留学 (Visiting fellow)
2009年~2010年 山口大学大学院医学系研究科消化器内科学(医員)
2010年~2017年 山口大学大学院医学系研究科消化器内科学(助教)
2017年 山口大学大学院医学系研究科消化器内科学(講師)

所属学会・資格・役職など

【所属学会】
日本内科学会(認定内科医)、日本肝臓学会(西部会評議員・専門医)、日本門脈圧亢進症学会(評議員・技術認定取得医)、日本消化器病学会(専門医)、日本再生医療学会(認定医)、日本消化器内視鏡学会、日本IVR学会

【認定資格】
上記参照

受賞・著書・論文など

【受賞】
第11回 浜名湖シンポジウム (2003) Young investigator award (13位)
55th The liver meeting (2004) Presidential choice
59th The Liver meeting (2008) Young investigator travel award
第21回 日本門脈圧亢進症学会総会 (2014) 会長賞

【論文】(主な英語論文)
Plasma Glucose Level Is Predictive of Serum Ammonia Level After Retrograde Occlusion of Portosystemic Shunts. Ishikawa T, Aibe Y, Matsuda T, Iwamoto T, Takami T, Sakaida I. AJR Am J Roentgenol. 2017 Sep;209(3):W169-W176.

Predictors of the Effect of Tolvaptan on the Prognosis of Cirrhosis. Iwamoto T, Maeda M, Hisanaga T, Saeki I, Fujisawa K, Matsumoto T, Hidaka I, Ishikawa T

【受賞】
第11回 浜名湖シンポジウム (2003) Young investigator award (13位)
55th The liver meeting (2004) Presidential choice
59th The Liver meeting (2008) Young investigator travel award
第21回 日本門脈圧亢進症学会総会 (2014) 会長賞

【論文】(主な英語論文)
Plasma Glucose Level Is Predictive of Serum Ammonia Level After Retrograde Occlusion of Portosystemic Shunts. Ishikawa T, Aibe Y, Matsuda T, Iwamoto T, Takami T, Sakaida I. AJR Am J Roentgenol. 2017 Sep;209(3):W169-W176.

Predictors of the Effect of Tolvaptan on the Prognosis of Cirrhosis. Iwamoto T, Maeda M, Hisanaga T, Saeki I, Fujisawa K, Matsumoto T, Hidaka I, Ishikawa T, Takami T, Sakaida I. Intern Med. 2016;55(20):2911-2916.

A new therapeutic assessment score for advanced hepatocellular carcinoma patients receiving hepatic arterial infusion chemotherapy. Saeki I, Yamasaki T, Tanabe N, Iwamoto T, Matsumoto T, Urata Y, Hidaka I, Ishikawa T, Takami T, Yamamoto N, Uchida K, Terai S, Sakaida I. PLoS One. 2015 May 20;10(5):e0126649.

Occlusion of portosystemic shunts improves hyperinsulinemia due to insulin resistance in cirrhotic patients with portal hypertension. Ishikawa T, Shiratsuki S, Matsuda T, Iwamoto T, Takami T, Uchida K, Terai S, Yamasaki T, Sakaida I. J Gastroenterol. 2014 Sep;49(9):1333-41.

Status and prospects of liver cirrhosis treatment by using bone marrow-derived cells and mesenchymal cells. Terai S, Takami T, Yamamoto N, Fujisawa K, Ishikawa T, Urata Y, Tanimoto H, Iwamoto T, Mizunaga Y, Matsuda T, Oono T, Marumoto M, Burganova G, Fernando Quintanilha L, Hidaka I, Marumoto Y, Saeki I, Uchida K, Yamasaki T, Tani K, Taura Y, Fujii Y, Nishina H, Okita K, Sakaida I. Tissue Eng Part B Rev. 2014 Jun;20(3):206-10.

Effect of transcatheter arterial infusion chemotherapy using iodized oil and degradable starch microspheres for hepatocellular carcinoma. Yamasaki T, Saeki I, Harima Y, Zaitsu J, Maeda M, Tanimoto H, Iwamoto T, Hidaka I, Urata Y, Ishikawa T, Takami T, Yamaguchi Y, Uchida K, Terai S, Sakaida I. J Gastroenterol. 2012 Jun;47(6):715-22.

Timeline for development of autologous bone marrow infusion (ABMi) therapy and perspective for future stem cell therapy. Terai S, Tanimoto H, Maeda M, Zaitsu J, Hisanaga T, Iwamoto T, Fujisawa K, Mizunaga Y, Matsumoto T, Urata Y, Marumoto Y, Hidaka I, Ishikawa T, Yokoyama Y, Aoyama K, Tsuchiya M, Takami T, Omori K, Yamamoto N, Segawa M, Uchida K, Yamasaki T, Okita K, Sakaida I.
J Gastroenterol. 2012 May;47(5):491-7.

Hepatocyte growth factor/c-met signaling is required for stem-cell-mediated liver regeneration in mice. Ishikawa T, Factor VM, Marquardt JU, Raggi C, Seo D, Kitade M, Conner EA, Thorgeirsson SS. Hepatology. 2012 Apr;55(4):1215-26.

Molecular targeting of CSN5 in human hepatocellular carcinoma: a mechanism of therapeutic response. Lee YH, Judge AD, Seo D, Kitade M, Gómez-Quiroz LE, Ishikawa T, Andersen JB, Kim BK, Marquardt JU, Raggi C, Avital I, Conner EA, MacLachlan I, Factor VM, Thorgeirsson SS. Oncogene. 2011 Oct 6;30(40):4175-84.

Definition of ubiquitination modulator COP1 as a novel therapeutic target in human hepatocellular carcinoma. Lee YH, Andersen JB, Song HT, Judge AD, Seo D, Ishikawa T, Marquardt JU, Kitade M, Durkin ME, Raggi C, Woo HG, Conner EA, Avital I, Maclachlan I, Factor VM, Thorgeirsson SS. Cancer Res. 2010 Nov 1;70(21):8264-9.

続きを見る

石川 剛先生 の所属する医療機関

山口大学医学部附属病院

TEL: 0836-22-2111

山口大学医学部附属病院

山口県宇部市南小串1丁目1-1

JR宇部線「宇部新川駅」 徒歩9分

- - -

受付時間: 8:30〜11:00 原則紹介制 一部診療科予約制 科により異なる 臨時休診あり

診療科目: 内科 アレルギー科 血液内科 リウマチ科 外科 心療内科 精神科 神経内科 脳神経外科 呼吸器外科 消化器外科 腎臓内科 心臓血管外科 小児科 小児外科 整形外科 形成外科 皮膚科 泌尿器科 産婦人科 眼科 耳鼻咽喉科 リハビリテーション科 放射線科 歯科口腔外科 麻酔科 乳腺外科

石川 剛 先生 の記事