松永 和人 先生のプロフィール

松永 和人 先生

まつなが かずと

松永 和人 先生

山口大学大学院医学系研究科呼吸器・感染症内科学講座 教授

専門分野

呼吸器内科一般、喘息、COPD、呼吸器感染症

紹介

大学卒業から24年間, 大学の診療体制の立ち上げから県内の呼吸器診療体系の構築に携わる. 1999年米国南フロリダ大学医学部留学, レジオネラ菌に対する肺胞マクロファージの感染免疫応答に関する研究に従事. 2015年山口県に拠点を置き, 喘息, COPD, 呼吸器感染症の専門分野で若い人材の育成や山口県の医療発展を目指し診療・教育・研究に取り組んでいる.

略歴

1991年 和歌山県立医科大学医学部 卒業
1993年 和歌山県赤十字病院 呼吸器科 医員
1995年 国保那賀病院 内科 医員
1999年 南フロリダ大学 免疫微生物学教室 Postdoctoral research fellow
    (Herman Friedman教授、感染免疫の分子機構に関する研究)
2002年 和歌山県立医科大学 内科学第三講座 助手
2004年 和歌山県立医科大学 内科学第三講座 講師
2015年 和歌山県立医科大学 内科学第三講座 准教授
2015年 山口大学大学院医学系研究科 呼吸器・感染症内科学講座 教授
2016年 山口大学医学部附属病院 感染制御部部長 兼務
2017年 山口大学医学部附属病院 副病院長、医療安全推進部部長 兼務

所属学会・資格・役職など

日本内科学会 中国支部評議員・認定医・教育指導医
日本アレルギー学会 代議員・指導医・アレルギー疾患ガイドライン委員会喘息ガイドライン専門部会作成委員・専門医試験問題作成委員
日本呼吸器内視鏡学会 専門医
日本呼吸器学会 代議員・中国四国支部代議員・同支部幹事
アジア太平洋呼吸器学会:APSR assembly head meeting member (COPD)
アメリカ胸部学会、ヨーロッパ呼吸器学会

受賞・著書・論文など

【受賞】
13th American Medical Laboratory Immunologists Annual Meeting, Pharmingen Young Investigator Award. 2000年

40thAmerican Society for Microbiology,ICAAC Meeting, George McCracken Infectious Disease Fellow Award. 2000年

1st Federation of Clinical Immunology Societies Annual Meeting, FOCIS New Investigator Award. 2001年

41st American Society for Microbiology,ICAAC Meeting, George McCracken Infectious Disease Fellow Award. 2001年

Excellent Presentation Award at the 11th Congress of APSR. 2006年

第3回日本アレルギー学会学術集会大会賞、2007年

和歌山県立医科大学優良教員理事長表彰、2012年

International conference on inno

【受賞】
13th American Medical Laboratory Immunologists Annual Meeting, Pharmingen Young Investigator Award. 2000年

40thAmerican Society for Microbiology,ICAAC Meeting, George McCracken Infectious Disease Fellow Award. 2000年

1st Federation of Clinical Immunology Societies Annual Meeting, FOCIS New Investigator Award. 2001年

41st American Society for Microbiology,ICAAC Meeting, George McCracken Infectious Disease Fellow Award. 2001年

Excellent Presentation Award at the 11th Congress of APSR. 2006年

第3回日本アレルギー学会学術集会大会賞、2007年

和歌山県立医科大学優良教員理事長表彰、2012年

International conference on innovative application research and Education 2016, Best paper award. 2016年

【著書】
1. 松永和人: グッドパスチャー症候群. 今日の治療指針Vol.59, 807-808, 医学書院, 2017
2. 大石景士, 松永和人: COPD(慢性閉塞性肺疾患). 今日の診療のために ガイドライン外来診療2017, 380-385(650), 日経メディカル開発, 2017
3. 松永和人: 喘息・COPD・ACOSの鑑別はどう進める? もう悩まない!喘息・COPD・ACOSの外来診療, 15-19, 羊土社, 2016
4. 松永和人: COPD・ACOS関連疾患. もう悩まない!喘息・COPD・ACOSの外来診療, 171-176, 羊土社, 2016
5. 松永和人: 呼気一酸化窒素濃度(FeNO)測定は喘息治療でどのように運用すべきか? EBM呼吸器疾患の治療2016-2017, 50-54, 中外医学社, 2016
6. 大石景士, 松永和人: COPD(慢性閉塞性肺疾患). 今日の診療のためにガイドライン外来診療2016, 372-377, 日経メディカル開発, 2016
7. 大石景士, 松永和人: 喘息:呼気NO測定の活用法. 内科INTERNAL 12, 1053-1057, 南江堂, 2016
8. 松永和人: 新しい検査:呼気一酸化窒素測定 呼吸器疾患診療の最先端175-178, 先端医療技術研究所 2015
9. 松永和人: 薬物によるコントロール・段階的薬剤投与プラン 喘息予防・管理ガイドライン2015, 一般社団法人日本アレルギー学会 喘息ガイドライン専門部会, 137-149, 協和企画, 2015.
10. 松永和人: 呼気NO 呼吸機能検査テキスト 原理、測定法の実際から臨床例まで, 47-53, 一般社団法人 呼吸研究 2014.

【論文】
1. Hirano T, Matunaga K: Late-onset asthma: current perspectives. Journal of Asthma and Allergy 2018(11), 19-27, 2018
2. Oka A, Hirano T, Yamaji Y, Ito K, Oishi K, Edakuni N, Kawano R, Matsunaga K: Determinants of Incomplete Asthma Control in Patients with Allergic Rhinitis and Asthma.The Journal of Allergy and Clinical Immunology: In Practice. 5(1), 160-164, 2017
3. Oishi K, Hirano T, Suetake R, Ohata S, Yamaji Y, Ito K, Edakuni N, Matsunaga K: A trial of oral corticosteroids for persistent systemic and airway inflammation in severe asthma. Immunity, Inflammation and Disease, 5(3), 261-264, 2017
4. Oishi K, Hirano T, Suetake R, Ohata S, Yamaji Y, Ito K, Edakuni N, Matsunaga K: Exhaled nitric oxide measurements in patients with acute-onset interstitial lung disease. Journal of Breath Research, 11(3), 2017
5. Murata Y, Aoe K, Mimura-Kimura Y, Murakami T, Oishi K, Matsumoto T, Ueoka H, Matsunaga K, Yano M, Mimura Y: Association of immunoglobulin G4 and free light chain with idiopathic pleural effusion. Clin Exp Immunol, 190(1), 133-142, 2017
6. Matsunaga K, Hirano T, Oka A, Ito K, Edakuni N: Persistently high exhaled nitric oxide and loss of lung function in controlled asthma. Allergology International, 65(3), 266-271, 2016.
7. Hayata A, Minakata Y, Matsunaga K, Nakanishi M, Yamamoto N: Differences in physical activity according to mMRC grade in patients with COPD. International Journal of COPD 11(1):2203-2208
8. Matsunaga K, Hayata A, Akamatsu K, Hirano T, Tamada T, Kamei T, Tsuda T, Nakamura H, Takahashi T, Hozawa S, Mori Y, Sakamoto Y, Kimura K, Katsumata U, Miura M, Ichinose M: Stratifying the risk of COPD exacerbation using the modified Medical Reseach Council scale: A multicenter cross-sectional CAP study. Respir Investig 53(2), 82-85, 2015
9. Matsunaga K, Hirano T, Oka A, Tanaka A, Kanai K, Kikuchi T, Hayata A, Akamatsu H, Akamatsu K, Koh Y, Nakanishi M, Minakata Y, Yamamoto N: Progression of lrreversible Airflow Limitation in Asthma:Correlation with Severe Exacerbations. J Allergy Clin Immunol Pract , 3(5), 759-764, 2015
10. Hirano T, Ito K, Edakuni N, Matsunaga K: Response to Systemic Corticosteroids on Persistently High Exhaled Nitric Oxide in Severe Asthma. J Allergy Ther, 6(4), 219-221, 2015

続きを見る

松永 和人先生 の所属する医療機関

山口大学医学部附属病院

TEL: 0836-22-2111

山口大学医学部附属病院

山口県宇部市南小串1丁目1-1

JR宇部線「宇部新川駅」 徒歩9分

- - -

受付時間: 8:30〜11:00 原則紹介制 一部診療科予約制 科により異なる 臨時休診あり

診療科目: 内科 アレルギー科 血液内科 リウマチ科 外科 心療内科 精神科 神経内科 脳神経外科 呼吸器外科 消化器外科 腎臓内科 心臓血管外科 小児科 小児外科 整形外科 形成外科 皮膚科 泌尿器科 産婦人科 眼科 耳鼻咽喉科 リハビリテーション科 放射線科 歯科口腔外科 麻酔科 乳腺外科

松永 和人 先生 の記事