新型コロナウイルス感染症特設サイトはこちら

札幌円山整形外科病院 整形外科 院長

日本整形外科学会 整形外科専門医・認定リウマチ医 日本脊椎脊髄病学会 会員

竹林 庸雄 たけばやし つねお 先生

1995年より脊椎脊髄外科を専門として従事する。札幌医大在職中は神経生理、画像診断、再生医療等のsubspecialtyを中心に基礎研究活動を行い、臨床では脊椎脊髄外科の手術を一貫して25年間行っている。

基本情報

診療科・主な得意領域

  • 整形外科
  • 脊椎脊髄外科
  • 神経生理学

資格・学会・役職

日本整形外科学会 整形外科専門医・認定リウマチ医
日本脊椎脊髄病学会 会員
  • 札幌円山整形外科病院 整形外科 院長
  • 日本脊椎脊髄病学会 評議員・指導医委員・指導医・認定医
  • 医学博士 取得
  • 札幌医科大学 臨床教授
  • 日本再生医療 認定医
  • Orthopaedic Research Society active member
  • IASP (International Association for the Study of Pain) active member
  • 日本運動器疼痛学会 理事
  • 北海道整形災害外科学会 評議員
  • 東日本整形災害外科学会 評議員

所属病院

札幌円山整形外科病院

  • リウマチ科 整形外科 リハビリテーション科 麻酔科
  • 北海道札幌市中央区北七条西27丁目1-3
  • 札幌市営地下鉄東西線「西28丁目駅」 1番出口 徒歩5分
  • 011-612-1133
札幌円山整形外科病院

医療記事

来歴等

略歴

1989年 札幌医科大学医学部医学科 卒業
1989年 札幌医科大学整形外科学講座 研究生
1998年 米国Wayne州立大学Bioengineering Center留学 (Post-doctoral fellow)
2002年 札幌医科大学医学部整形外科学講座 助手
2003年 釧路赤十字病院整形外科 部長
2005年 札幌医科大学医学部整形外科学講座 助手
2006年 札幌医科大学医学部整形外科学講座
2012年 札幌医科大学医学部整形外科学講座 准教授
2016年 札幌円山整形外科病院 院長

論文

  • Mechanosensitive afferent units in the lateral ligament of the ankle joint. J Bone Joint Surg 1997, 79B:490-493.

    Takebayashi T,Yamashita T,Minaki Y,Ishii S

  • Effect of nucleus pulposus on the neural activity of dorsal root ganglion. Spine 2001, 26: 940-945.

    Takebayashi T, Cavanaugh JM, Ozaktay AC, Kallakuri S, Chen CY.

  • Sympathetic afferent units from lumbar intervertebral disc. J Bone Joint Surg 2006, 88-B: 554-557.

    Takebayashi T, Cavanaugh JM, Kallakuri S, Chen CY, Yamashita T.

  • Scoliosis in Cat Cry Syndrome. J Orthop Sci 2006, 11: 259-263.

    Takebayashi T, Obata H, Minaki Y, Sekine M, Imoto K, Yokogushi K, Yamashita T.

  • Electrophysiological changes in dorsal root ganglion neurons and behavioral changes in a lumbar radiculopathy model. Spine 32: E65-72, 2007

    Kirita T, Takebayashi T, Mizuno S, Takeuchi H, Kobayashi T, Fukao M, Yamashita T, Tohse N

  • Minimum invasive posterior decompression for cervical spondylotic amyotrophy J Orthop Sci 2013, 18: 205-7.

    Takebayashi T, Yoshimoto M, Ida K, Terashima Y, Yamashita T.

  • Efficacy of diffusion-weighted MRI in diagnosing spinal root disorders in lumbar disc herniation. Spine 2013、38:E998-E1002.

    Takashima H, Takebayashi T, Yoshimoto M, Terashima Y, Ida K, Yamashita T.

  • ympathectomy and sympathetic blockade reduce pain behavior via alpha-2 adrenoceptor of the dorsal root ganglion neurons in a lumbar radiculopathy model. Spine 2015; 40:E1269-75.

    Ogon I, Takebayashi T, Iwase T, Emori M, Tanimoto K, Miyakawa T, Terashima Y, Kobayashi T, Tohse N, Yamashita T.

  • Mapping occipital bone thickness using computed tomography for safe screw placement. J Neurosurg Spine. 2015; 23: 254-258.

    Morita T, Takebayashi T, Takashima H, Yoshimoto M, Ida K, Tanimoto K, Ohnishi H, Fujiwara H, Nagae M, Yamashita T.

  • Intravenous infusion of mesenchymal stem cells promotes functional recovery in a model of chronic spinal cord injury. Neuroscience. 2016; 335:221-31.

    Morita T, Sasaki M, Kataoka-Sasaki Y, Nakazaki M, Nagahama H, Oka S, Oshigiri T, Takebayashi T, Yamashita T, Kocsis JD, Honmou O.

著書

その他

  • 【受賞】1999年 北海道整形災害外科学会賞

  • 【受賞】2002,5,11,14,15年 北海道整形災害外科学会賞(共著)

  • 【受賞】2011年 日本脊椎脊髄病学会賞大正award(共著)

  • 【受賞】2012~14年 厚労科研 慢性疼痛の客観的評価法研究班(分担)

  • 【受賞】2014,15年 整形災害外科財団award(共著)

  • 【受賞】2015年 中富財団学術賞(共著)

  • 【受賞】2016年 AO Spine research award

  • 【受賞】2017年 札幌市医師会医学研究活動補助金

  • 【受賞】2018年 日本臨床整形外科学会学術助成

本ページにおける情報は、医師本人の申告に基づいて掲載しております。内容については弊社においても可能な限り配慮しておりますが、最新の情報については公開情報等をご確認いただき、またご自身でお問い合わせいただきますようお願いします。

なお、弊社はいかなる場合にも、掲載された情報の誤り、不正確等にもとづく損害に対して責任を負わないものとします。