ようついついかんばんへるにあ

腰椎椎間板ヘルニア

骨・関節

目次

項目をクリックすると該当箇所へジャンプします。

概要

腰椎椎間板ヘルニアとは、腰椎に生じた椎間板ヘルニアのことです。重いものを持つなど腰に負担をかけることで発症し、腰痛や神経症状などを引き起こします。腰椎椎間板ヘルニアは、20~40歳の方が発症することが多いです。腰椎椎間板ヘルニアでは症状の悪化を防ぐため、安静を保ったり、コルセットを着用したり、痛み止めを服用したりします。神経症状が強い場合には、手術を行うこともあります。

原因

首から腰にかけて存在する背骨(脊椎)のうち腰椎は腰に位置しており、5つの椎体という大きな骨と、間に挟まれたクッションである椎間板で構成されています。椎間板の外側は線維輪と呼ばれる組織で保護されていますが、重たい物を持ち上げるなど腰に強い負荷がかかったとき、線維輪が損傷を受けることがあります。線維輪が損傷を受けると、内部に存在する髄核が椎間板の外へ飛び出てしまいます。

腰椎部の脊柱管という空間には馬尾という神経が通って坐骨神経や大腿神経となり足先までつながっていますが、腰椎椎間板ヘルニアで髄核が外に飛び出ると、これら神経を圧迫して腰痛をはじめとする諸症状が現れるようになります。

腰椎椎間板ヘルニアは腰に負担のかかりやすい職業に就いている方などが発症しやすいといわれています。また喫煙習慣や既往症(かかっている病気)などもリスク要因となることが知られています。

症状

腰椎椎間板ヘルニアの主な症状は、腰痛です。また、神経が圧迫されることによりしびれ、痛み、運動障害など神経症状が現れることもあります。特に神経根が圧迫されることにより、下肢(足)やお尻周辺にしびれや痛みを生じることが多いです。下肢の運動神経が麻痺すると筋力が低下し、つまずきやすくなったりします。

ほかにも、排便や排尿に関連した神経が腰椎椎間板ヘルニアの影響を受けると、便や尿が出にくくなることがあります。

検査・診断

腰椎椎間板ヘルニアの診断では、神経に関連した症状があるか確認するため、ある特定の姿勢をとってもらい変化が生じるか確認します。ほかにも、髄核の脱出の程度や神経に対する圧迫などを確認するため、MRI検査を実施します。MRI検査には、腰椎椎間板ヘルニアの確定診断のほか、腰椎椎間板ヘルニア以外の病気が隠れていないかどうか調べる目的もあります。

治療

腰椎椎間板ヘルニアで痛みが激しい時には、安静にする必要があります。痛みが生じないような姿勢で安静を保つほか、コルセットなどの装具を使用します。痛みの程度によっては湿布や鎮痛薬を使用することもあります。また、なかには神経ブロックと呼ばれる治療を行うこともあります。

上記のような保存的療法が治療の基本となる腰椎椎間板ヘルニアですが、尿失禁、尿が出ない・肛門がしびれた・麻痺が出たなど重篤な症状が見られる場合には、緊急手術を含め外科的治療が必要なこともあります。椎間板ヘルニアの影響で足の筋肉が衰えている場合や、日常生活に支障をきたすほど症状が重い場合も同様です。

腰椎椎間板ヘルニアの手術では、椎間板切除術と呼ばれる方法をとることが多いです。この方法では、麻酔をかけた後に腹這いの体勢になり、背中からメスをいれて手術を行います。また、内視鏡を用いることも増えています。

再発を予防するためには

腰椎椎間板ヘルニアでは、重い物を持つ作業をする際には腰に負担がかかりにくい体勢で持ち上げる、不自然に腰を曲げた姿勢を長時間とらないようにするなど、再発予防対策も重要です。