東京都立墨東病院 消化器・一般外科 部長

日本外科学会 外科専門医・指導医 日本消化器外科学会 消化器外科専門医・消化器がん外科治療認定医 日本内視鏡外科学会 技術認定取得者(消化器・一般外科領域) 日本消化器内視鏡学会 消化器内視鏡専門医

今村 和広 いまむら かずひろ 先生

1990年より医師としてキャリアをはじめる。東京女子医大形成外科、東京都立府中病院(現・東京都立多摩総合医療センター)外科、東京大学医学部胃食道外科などを経て現職。胃がんの手術では、根本的な治療を目指すように配慮しながらも、手術後の生活の質をなるべく落とさないよう、可能な場合には胃の機能を残すなど、患者さん一人ひとりの事情に即した治療を提案している。

基本情報

診療科・主な得意領域

  • 消化器外科
  • 胃・食道外科 
  • 内視鏡外科 
  • 肥満外科

資格・学会・役職

日本外科学会 外科専門医・指導医
日本消化器外科学会 消化器外科専門医・消化器がん外科治療認定医
日本内視鏡外科学会 技術認定取得者(消化器・一般外科領域)
日本消化器内視鏡学会 消化器内視鏡専門医
  • 東京都立墨東病院 消化器・一般外科 部長
  • 日本内視鏡外科学会 評議員

所属病院

東京都立墨東病院

  • 内科 血液内科 リウマチ科 外科 神経科 神経内科 脳神経外科 呼吸器外科 腎臓内科 循環器科 心臓血管外科 小児科 整形外科 形成外科 皮膚科 泌尿器科 産婦人科 眼科 耳鼻咽喉科 リハビリテーション科 放射線科 歯科口腔外科 麻酔科 乳腺外科 呼吸器内科 感染症内科 消化器内科 内視鏡内科 内分泌内科 代謝内科 膠原病内科 肝胆膵外科 総合診療科 病理診断科
  • 東京都墨田区江東橋4丁目23-15
  • JR中央・総武線 錦糸町 南口  都営バス:江東車庫前下車 徒歩2分 徒歩7分 東京メトロ半蔵門線 錦糸町 2番出口 徒歩7分 都営新宿線 住吉 徒歩15分
  • 03-3633-6151
公式ウェブサイト
東京都立墨東病院

来歴等

略歴

1990年 山梨医科大学医学部卒業
1990年 東京女子医大形成外科
1992年 東京都立府中病院外科
1995年 東京大学医学部附属病院分院外科
1996年 竹田綜合病院外科
1998年 国立がんセンター研究所がん治療開発部
2002年 東京大学医学部胃食道外科
2005年 東京都立多摩総合医療センター外科
2013年 同 部長

論文

(1) Shinizu, H., Hatao, F., Imamura, K., Takanishi, K. and Tsujino, M. Early Effects of Sleeve Gastrectomy on Obesity-Related Cytokines and Bile Acid Metabolism in Morbidly Obese Japanese Patients. Obes Surg. 27, 12 (2017), 3223-3229.
(2) Imamura, K., Adachi, K., Sasaki, R., Monma, S., Shioiri, S., Seyama, Y., Miura, M., Morikawa, Y. and Kaneko, T. Randomized Comparison of Subcuticular Sutures Versus Staples for Skin Closure After Open Abdominal Surgery: a Multicenter Open-Label Randomized Controlled Trial. Journal of gastrointestinal surgery : official journal of the Society for Surgery of the Alimentary Tract. 20, 12 (2016), 2083–2092.
(3) Amano, H, Imamura, K and Hayashi, K. A Newly Developed Mask Facilitates Management During Percutaneous Endoscopic Gastrostomy Introduction in Patients with Respiratory Compromise. Am Surg. 82, 11 (2016), 298-300.
(4) Bokuda, K., Shimizu, T., Imamura, K., Kawata, A., Watabe, K., Hayashi, M., Nakayama, Y., Isozaki, E. and Nakano, I. Predictive factors for prognosis following unsedated percutaneous endoscopic gastrostomy in ALS patients. Muscle & nerve. 54, 2 (2016), 277–83.
(5) Imamura, K., Adachi, K. and Enatsu, K. Primary Gastrointestinal Malignant Melanoma. Clinical gastroenterology and hepatology : the official clinical practice journal of the American Gastroenterological Association. 14, 1 (2016), e5–6.
(6) 今村 和広, 畑尾 史彦, 山崎 僚人, 高西 喜重郎. 【イラストで学ぶ消化器外科再建法のすべて】 胃 幽門保存胃切除術後再建 鏡視下手縫い. 外科. 78, 12(2016), 1320-1324.
(7) 今村 和広, 米谷 恭子, 石井 香, 仲村 由美. 【6科24術式 術式別でわかりやすい!内視鏡外科手術実践マニュアル】(第2章)レベルアップを目指すオペナースのための術式別マニュアル 消化器外科 腹腔鏡下胃切除術(LDG). オペナーシング. 2014秋季増刊(2014), 45-53.
(8) Miyaki, A., Imamura, K., Kobayashi, R., Takami, M. and Matsumoto, J. Impact of visceral fat on laparoscopy-assisted distal gastrectomy. The surgeon : journal of the Royal Colleges of Surgeons of Edinburgh and Ireland. 11, 2 (2013), 76–81.
(9) 今村 和広, 小林 里絵, 畑尾 史彦, 高西 喜重郎, 高見 実, 松本 潤. 完全腹腔鏡下幽門側胃切除に脾動静脈温存膵尾部切除を併施した1例. 手術. 67, 7(2013), 1131-1134.
(10) Miyaki, A., Imamura, K., Kobayashi, R., Takami, M., Matsumoto, J. and Takada, Y. Preoperative assessment of perigastric vascular anatomy by multidetector computed tomography angiogram for laparoscopy-assisted gastrectomy. Langenbeck’s archives of surgery / Deutsche Gesellschaft für Chirurgie. 397, 6 (2012), 945–50.
(11) Ohtsuka, H., Imamura, K. and Adachi, K. An unusual diaphragmatic hernia. Parahiatal hernia. . Gastroenterology. 142, 7 (2012), 1420, 1623.

本ページにおける情報は、医師本人の申告に基づいて掲載しております。内容については弊社においても可能な限り配慮しておりますが、最新の情報については公開情報等をご確認いただき、またご自身でお問い合わせいただきますようお願いします。

なお、弊社はいかなる場合にも、掲載された情報の誤り、不正確等にもとづく損害に対して責任を負わないものとします。